オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

日曜日、ジャガイモを植えながら思ったこと

»

 永井さんのエントリそして、『いつもの日常』に戻ってしまう危うさ」、拝見しました。うーん、心に染みましたね。震災から毎日、自分にできることって何だろうと、わたしなりに考えてきました。今、こうしている瞬間にも、多くのみなさんが同じことを考え、そして動き出していると思います。これほど多くの人が、ひとつのことに関心を傾け、何かできることはないかと考え、できることから行動に移しているなんて、本当にすごいことだなと心の底から思います。
 
 特に、ツイッターをはじめとするSNSの力って、ものすごい。気がつくと、いつもなら照れて口にしないような言葉が、震災を機に、世の中に溢れていると感じませんか。他人を思いやる素直な感情をストレートにつぶやいたものが、めちゃくちゃ多いような気がしませんか。見聞きした、愛ある話を、みんなに知らせようとする。口べたで、キモチを口にすることが下手だと言われてきた日本人は、いつからこんなにも率直に「愛」を語れるようになったんだろうかと。ちょっと大袈裟かもしれませんが。正直、PC見ながら涙が溢れる経験を、こんなにしたことはありません。ま、年を経て単に涙腺が緩くなっただけかもしれませんが。
 
 ::: ::: :::
 
 好天に恵まれた昨日の午後。
春蒔きの野菜の種といっしょに、ジャガイモを畑に植え付けました。土を起こし、肥料を混ぜ、種芋を埋めながら、やがて育って実りの時期を迎えることを頭に思い浮かべ、一人ニコニコしながら、水をやりました。そして、思いました。この畑に水をやるときは、震災のことを思い浮かべようと。毎日、必ず思い浮かべようと。そう考えただけで、またちょっと涙腺が緩む自分が、ちょっと恥ずかしかったのですが。
 
 夕方、きれいな夕焼け空を見ながら、明日も晴れるかなーと思いました。明日はいいことたくさんの日になって欲しいなとも思いました。月曜になればいつもの生活が始まるし、4月になればまた新しい年度が始まります。こうして徐々に、永井さんの言う「いつもの日常」が戻ってくるのでしょう。その中で、毎日、畑に水をやりながら、自分にできることは何かを自問自答し、できる行動を起こしていこう。そんな思いを新たにしました。
 
5563257527_c3a305a745_z_2

Comment(2)

コメント

中村さん、
TBありがとうございました!
畑に水をやるときに思いだす....素晴らしいですね。
私も思いを風化させないようにしたいと思います。

永井さま
 
コメントいただきありがとうございます。
わたしが書いたことは、単なる自分への戒めです。
思い続けるだけでは、実は何も変わらないんですよね。
その思いを、どう行動につなげるのか。
その行動にこそ、持続性が求められるのだと思います。
今はまだ本当に小さなことしか宣言できていませんが、
少しずつ、積み上げていくつもりです。

コメントを投稿する