オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

【140文字】 Twitter つぶやきなのに 書き直し…お粗末

»

 大木さんのエントリー「Twitterは140文字以内で書くことに意味がある」を拝読して、ホントそうだなぁって思ったので、TwitterにならいRTさせていただきます。
 
 私は
Twitterを始めてまだ1週間もたってないド初心者なんですが、やってみてふと思ったのが、つぶやきなのに、なんでこんなに書き直してばかりいるんだろうってこと。一言、ぼそっと書くのに、やたら時間かかるんですよ。そもそも、つぶやきはつぶやきであって、言い直さないでしょ、ふつー。でも、なぜか、つい書き直しちゃうんですよね。で、画面見ながら、じーっと考えちゃってる。まぁ、性分みたいなものだから仕方ないかもしれませんが。
 
 正直、今更始めるのってどーよって、ちょっと思ったりもしてました。だから、やる前から肩に力が入っちゃったのかもしれませんね。気の利いたことをつぶやかないと、みたいな。つぶやきに気が利いてるも何もないんですけどね。それに、140文字以内で書くのって、意外と難しい。いろんなことを言いたくなっちゃうんですよね。これ、ブロガーの悪癖かも。
 
 で、大木さんのエントリーで、肩の力がすーっと抜けたっていうか。そう、Twitterって、つぶやきだった。つぶやきなら、やっぱ1文で、ぼそっとね。また「そうそう」とか「オッケー!」とかもありだし。うん、そうそう。
 
 ::: ::: :::
 
 広告の仕事をしていた時、せっせとコピー(文章)を削るトレーニングやってたのを思い出しました。これは広告界の顔である中畑貴志さんに教わったことなんですが。これをやると、何が一番言いたいのか、はっきりしてくる。逆に言いたいことがぼんやりしてる時っていうのは、削れないんですよ。どこを削っていいのか、判らなくなっちゃうんです。自分で何を言いたいのか、整理できてないときってのは、相手にも伝わらないんですよね、間違いなく。やっぱコミュニケーションってのは、短くドスンというのが一番強いんです。
 
 広告の世界では、メインのタイトルコピーを「キャッチ(コピー)」っていいます。これ、一瞬にして相手のキモチを「捕まえる」言葉、ってことなんです。だから、優れた広告というのは、どれもキャッチ1本だけだったりする。余計な言葉は要らないんです。でもその1本を生み出すために、1,000本ノック受けたりするんですけどね、実は。
 
 ::: ::: :::
 
 昔から日本人は俳句や短歌を好み、気持ちを伝えることを嗜みとしてきました。5・7・5のわずか17文字に、恋心や季節感やわびさびなどを、全部まるごと包み込む。その道の達人たちは、紙に即興で書いてきたわけで、書き直したりしないんですよね。そうした意味では、【140文字】なんて、十分過ぎるほと多いのかも。Twitterには140文字以上の表現を可能にするアドオンやサービスがあるようですが、いっそ17文字くらいのショート版の方が、コミュニケーション力を鍛えるにはいいような気もしますね。
 
 あっ、今頃気がついた、今回のタイトル、俳句にしたつもりでしたが、季語がない、、、これじゃ川柳だ~。何ともお粗末でした。。。
 

  □中村昭典の、気ままな数値解析Twitter http://twitter.com/akinorin

Comment(3)

コメント

こんにちは。
書き直してしまうお気持ち、分かります。僕もずいぶん前は、校正、トル、ツメ、なんてやっていましたから。(笑
肩に力の入ったTwitterも見かけますが、正直あまり読まれていないように感じます。(もちろん、人によって、内容によって)

ま、僕の場合は、もともとブログも力が抜けまくってしまっており・・・(汗

jun

14文字でつぶやく「ちゅいったー」があります。
http://chuitter.jp/

中村さんのtwitter IDはなんですか?
よければ公開ください。

ookiさん、junさん、フォローありがとうございます。
 
> 校正、トル、ツメ、なんて
なんとも懐かしいひびきです。
最近は朱字訂正するよりも画面上で修正しちゃう方が多い気がしますね。
あっ、そうでもないか、年末発刊予定の本、校正紙を送ると編集デスクから言われてたのを思い出した…。
ガーン、来週はタイトだぁ。
 
> 14文字でつぶやく「ちゅいったー」
うわー、あるんですね、なんでも。
ユーザー数、どれくらいいるんですかね。
あっ、私のTwitter IDは、akinorin です。
どうぞごひいきに~♪

コメントを投稿する