オルタナティブ・ブログ > 中村昭典の気ままな数値解析 >

●人、●%、●億円…メディアにあふれる「数値」から、世の中のことをちょっと考えてみましょう

【2億台】 iTunesを使うのにクレジットカード必須ってのは、子どもは使っちゃダメってことか?

»

 いきなりケンカ口調になっちゃいましたが。去年のクリスマス、iPodを子どもにプレゼントして、iTunesを使い始めたときのこと。iTunesで音楽情報をちゃんと入手しようと思うと、「iTunes App Store」のアカウント取得が必要になりますよね。で、その手続きを開始して驚いたのが、クレジットカード登録が必須だってこと。要は、カード支払い能力のある人じゃなきゃ、iPodの管理にiTunesは使えない。つまり、子どもは使っちゃダメなんだなぁと。

 こう書いちゃうと誤解されるといけませんが、正確に言えば、「iTunes App Store」のアカウントがなくてもiTunes(のある程度の機能)は使えます。でも、iPodの音楽を管理する際に、音楽情報を正確に入手したり、ジャケット画像を入手しようと思うと、「iTunes App Store」のアカウントがどうしても必要になるのです。これをやらないと、カバーフローでジャケットをズラッと並べて楽しむこともできないワケです。

 また、クレジットカードがなくても、プリペイドカードである「iTunes Music Card」を購入すれば、「iTunes App Store」のアカウントを取得することは可能です。でも、この手続きがちょっと面倒なんです。

 ::: ::: :::

  • クレジットカードは使わず、iTunes Music Cardを使用したい場合は、カード裏面に書かれているように、iTMS画面左の[iTunes Music Card]をクリック、そこでコードを入力すると、Apple ID入力ダイアログが表示される。ダイアログ内の[アカウント作成]をクリックすると、アカウント作成画面に移行。そこに必要な情報を入力していくのだが、[アカウント:サインイン]からの場合と異なり、住所の入力が必須となるものの、クレジット番号は入力しなくても登録することができる。つまりiTMSを初めて使うときに、クレジットカードを使いたくない場合は、[アカウント:サインイン]からではなく、iTMS画面左の[iTunes Music Card]から入る必要がある。

  ※Impress AV Watch ニュース20050804より一部引用
  ※アップルサポートページにも記載あり

 子どもの利用を考えた場合、クレカの登録にはかなり不安がある方も多いのではないでしょうか。間違って使ってしまったり、使いすぎてしまったりしないかと考えるのが普通のような気がします。一度登録をすれば、次からは1クリックで購入できて便利、かもしれません。でも、ちょっとね。

 そう思う人は、iTunes Music Cardを使えばいいってことになるのでしょうが、
そもそも「iTunes Music Card」は、限られた場所でしか購入できません。今でこそ一部コンビニでも購入できるようになったようですが(注文はできても取り寄せとなる場合も多いようです)。加えて、この面倒な手続きを見ていると、アップルの消極さが伝わってきてしまうのです。

 ::: ::: :::

 話を去年のクリスマスに戻しましょう。クレカ登録以外の方法も選択できるとはいえ、我が家には「iTunes Music Card」がありませんでした。つまり、我が家はクレカ登録しか、iTunesでiPodを快適に使う道がなかったわけです。仕方なく、クレカ番号を登録しましたが、なんだかアップルの術中にはめられた感じがして、正直気分がよくありませんでした。

 音楽をダウンロードするというのならまだしも、無料で提供されている情報を利用するのに、クレカ登録が必要だというのは、やっぱりおかしい。そう思いませんか。

 ::: ::: :::

 ところが最近になり、アップルも方針変更をしたのでしょうか、
アップルのサポートページに、2009年6月23日付けで、「クレジットカードを使わずに iTunes App Store アカウントを作成する方法」という情報が掲載されています。これは私の勝手な想像ですが、子どもの親など、iPodユーザーからクレームがたくさん出たのではないでしょうか。

  ※「クレジットカードを使わずに iTunes App Store アカウントを作成する方法」

 これで、とりあえずクレカの登録なしにiTunesを快適に使う道が開けました。でも、上記のやり方を見ると、いかにもとってつけた感じがしますね。だって、手続きの方法を見ると…「アプリケーションを入手」をクリックして無料アプリケーションを購入…となっているんです。まるで抜け道を用意したかのごとくの方法です。

 ひょっとしたら、この抜け道は当初から用意されていたのかもしれません。でもこれ、普通じゃわかりませんよ。スーパーマリオの隠しコマンドじゃあるまいし。少なくとも、子どもじゃ辿り着けません。あくまでも「できるようにはしましたが、オススメはしません」という意図が伝わってくるようで、正直すっきりしません。

 
今やiPodは世界中で愛され、2009年内にも累計販売台数が【2億台】の大台に乗ろうかという製品です。多くの子どもたちが使っているし、憧れている子どももたくさんいるはずです。そんな製品だからこそ、このつまらない話が気になってしまうのです。
 
 私のエントリーをさかのぼってもらえれば判って頂けるのですが、私は古くからMacユーザであり、現Macbookのユーザーでもあり、アップルの大ファンの一人です。だからこそ、アップルにはつい辛口になっちゃうのかもしれません。。。

Comment(12)

コメント

deep

全くおっしゃる通りじゃないでしょうか。
Appleとしては、このくらいの手続きが理解出来ない、煩雑だと感じる人は利用するな、又は保護者の管理の下で利用せよと言うことだと思います。

僕は広告の仕事をしています。日々、利用者にいかに支払いの事を感じさせないか、忘れてもらうか、そんな事ばかりに苦心しています。
そんな身の上としては、Appleの割り切ったアプローチは羨ましく感じます。

同じくAppleユーザーとして、同意ですね。
「無料アプリ(音楽)しか買わないなら、登録しなくて良い」とまで思っていたかは分かりませんが、我々からはそう感じます。
現在、うちの子供にiPod touchを持たせていますが、無料アプリ(楽器系)をDLするのに、いちいち僕のMacBookにつないでいる次第です。
儲からないことはしたくない気持ちが分からないではないですが、もう少しオープンになるといいな、と素直に感じる次第です。

アメリカ在住

おっしゃっていることはその通りだと思います。

ですが、Appleがアメリカ企業であるというのに加えて、MacやiPhone、音楽等のデジタルコンテンツのダウンロード数で最も数が出ている地域であるアメリカ(の文化/常識)がiTunes StoreならびにApp Store開発の際のベースになるのはしようがないかと思います。

アメリカでは大学生以上であれば大多数の人がクレジットカードを保有し、頻繁に利用しています。財布の中に現金がなく、お菓子のような小額の物でもクレジットカードで購入する光景を目にすることは多いです。ですが、高校生以下となるとクレジットカードを利用している人はまず見かけません。これは親が高校生までは子供として扱い、お金の扱いに関してある程度管理しているからだと思います。

で、Appleの件ですが、子供(高校生以下)はクレジットカードを持っていない→親が管理するという考えになるのは理解できる気がしますし、それがアメリカでの常識のような気がします。むしろ子供だけでいくらでも買えるようにしてしまうと、「システム的な不親切設計で多額の請求をされた」と言って裁判にされてしまうかもしれませんし(可能性はゼロではないと思います)。Appleが子供に自由を与えるのではなく、親が子供に自由を与えるためのペアレンタルコントロール機能や、お小遣い機能が用意されています。これはこれでしっかりとした設計だと私は思います。何かを購入する際にパスワードの要求と同時に「本当にいいですか?」と確認がありますが、これも親子で一つのアカウントを一緒に使えるよう(親のアカウントでサインインしていても、購入時には親の確認ができるよう)にしようという意図があるのかもしれません。

また、音楽情報やジャケットの入手ですが、私が確認した限りではジャケットの入手においてのみアカウントを要求されるようです。音楽情報はアカウントなしで入手できるので、iPod/iTunes利用に際し不都合はないかと思います。で、ジャケットですが、これはもう商売上の判断ですかね。もしくはアートワーク(ジャケット)に対する著作権のためでしょうか。歌詞にも著作権はありますけど、それはAppleがGracenoteにお金を払っているので(iTunesを使っている限りでしたっけ?)クリアしてたと思いますが、アートワークについては、「誰にでも配布」は各音楽レーベルからしないように言われてるんですかね?それともただ単にアートワーク付きの曲を購入して欲しいという商業上の理由からですかね?よくわからないですね。

ただ、日本でのクレジットカードの普及率や利用率をアメリカのそれと比べて考えると、中村さんがおっしゃるような不満は最もだとも思います。世界のどこの地域であろうが同じシステムで提供するというのは、わかりやすい反面やはりローカル化できない問題がありますね。

超長文になってしまい申し訳ありません。

アメリカ在住

訂正です。

上で、「歌詞にも著作権」と書いた所がありますが、「音楽情報(曲名、歌手名等)の利用料」の間違いです。iTunesで歌詞のダウンロードはできませんよね。購入した物にもついてきませんしね。自分で加えるのみですね。すみませんでした。

子供(法的ではなく実態として養われている)が
勝手にiTunes App StoreのID作成をするというのは
変だと思います

各種サービスに子供が勝手に加入することに
親は恐怖感は無いのでしょうか?

そういうID類は親が管理すべきところだと思います
(親と共有する必要はないです子供用IDを親が管理すればいいので)

それはおいといて
大人でもクレジットの無い人、極力使いたくない人がいます
そういう人のためにクレジット以外の決済方法で
ID登録できるようにすべきだと思います
(アメリカだとクレジットカードがあることが一種の信頼性確認になってるのらしいのでしかたないのかもしれませんが)

しろとら

Appleもアナウンスをあまりしていないのが悪いのですが、
iTunesStoreでは、2つ方法があります。
いずれも、iTunesの画面の右上にある、クイックリンクにiTunesギフトから利用できますし、
子どもにクレジットカードを利用させなくて済みます。


金額は、1,000円から5,000円が選べます。

1.iTunesギフトを使う
ギフトカードを作成し、メールあるいは印刷して渡すことができます。


2.iTunes アローアンスを使う
毎月定額のギフトが可能です。
http://support.apple.com/kb/HT2105?viewlocale=ja_JP


ご参考になれば幸いです。

deepさん、大木さん、アメリカ在住さん、姫さん、しろとらさん、いろんなご指摘とご意見、とっても嬉しいです、ありがとうございます。
 
私のエントリー内容が整理されていなかったせいで、いくつかの論点が出ておりまして、当事者としてどう応えたらよいのか悩ましいのですが、、、
私が申し上げたかったことは単純でして、「iPodをiTunesで快適に管理しようと思ったときに、アップル社の考え方として、無料での使用は推奨していないように思える」ということです。
もちろん無料での方法はあるし、最近はそれを知らしめる努力を始めたことも認めます。
deepさんや大木さんも書いていただいたように、「やれないことはないけれど、オススメはしませんよ」的な対応は、アップルファンとしてすごく残念に感じます。
 
アメリカ在住さんが教えてくださった通り、日米のクレカに対する認識、実態には温度差があるのでしょう。
でも私はクレカにせよ、プリペイドカードにせよ、またしろとらさんが教えてくださったギフトにせよ、有料であることに変わりはないわけで、iPod&iTunesのセット使用に際して、その登録を推奨するアップルの企業姿勢には違和感を覚えてしまいます。
モノを買うなら話は別ですが、無料で提供されている機能を使うのに、支払い条件を登録させるってのは、子どもの利用を考えた場合、やっぱりフレンドリーなやり方じゃないなぁと。
 
姫さんがご指摘いただいた、ID管理については、またちょっと別の議論だと思っています。これはとっても難しいですね。姫さんがおっしゃる通り、お金が絡むにせよ、そうでないにせよ、一定の年齢やリテラシーの程度により、親の介入は否めないでしょうね。
 
それから、アメリカ在住さんが書いていただいた、音楽情報の管理についてですが、
私の確認では、クレカ登録をする前の段階で、自分のCDの楽曲をiPodで利用するためにPCに取り込んだものの内、iTunesにおいて、いくつかの曲名・アルバム名・アーティスト名などが表示されませんでした。
これがクレカ登録の後に解消されたので、音楽情報の管理もクレカ登録が必要かと思った次第です。
 
いやぁ、でも多数のコメントをいただいて、見たときに一瞬、「ん?もしかして炎上か?」と焦ってしまいました(笑)。
皆々様、これからもまたどうぞ宜しくお願い致します。

sekai

かなり多くの女性ファッション雑誌の付録として
iTunes Music Card一曲分が提供されている事を
ご存知無いのでしょうか?

それとコンビニで今、20%オフでiTunes Music Card購入出来ます。
殆ど売り切れの状態ですが、小さなショップには在庫有る様です。

hahaha

なんでも無料、簡素化には反対意見です。
子供が持つ必要性だって本当の所、疑わしい。
子供と大人の区別がしにくくなっている世の中ですが、支払い能力があってはじめて味わえる幸福感、みたいなものがあってはいけませんか?
余力があれば、子供にギフトカードをあげたりやクレジットカードで購入してあげればいいのではないでしょうか?

sekaiさん、hahahaさん、フォロー情報ありがとうございます。
 
> かなり多くの女性ファッション雑誌の付録として
これ、知りませんでした。どんどん身近になっているんですね。コンビニの2割引は知ってました。
だからこそ、余計に、もっとクレカ以外の登録OK!ってことをPRして欲しいし、わかりやすいインターフェイスで登録手続きできるようにしてもらいたいと思ったわけです。
 
> なんでも無料、簡素化には反対
> 支払い能力があってはじめて味わえる幸福感
私もそう思いますよ。無料で提供されるものと有料のものに差があるのは当然です。
無料だけで成り立つビジネスモデルはありませんからね。

うんこまん

クレジットカード登録しなくてもitunes→appstore→何か無料のアプリをインストール→そのまま住所など入力→クレジットカードなしで登録可能ですよー。

ふたつき

「クレジットカードを使わずに iTunes App Store アカウントを作成する方法」の通りに進んでいっても、iTunes Storeの利用規約の中の「支払の合意」の条項にクレジットカード情報の登録が必須になると思われる記述があり、これにも同意しなければ先に進めません。よって、クレジットカードなしでは利用できないように思えます。

コメントを投稿する