オルタナティブ・ブログ > ヨロズIT善問答 >

30年に渡って関わってきた米国のITの出来事、人物、技術について語る。

日本の状況を英語で発信することの重要性

»

サンフランシスコで開催されたDatacenterDynamicsのコンファレンスに参加してきた。日本のデータセンターが今回の大震災で受けた影響を報告するためだ。DatacenterDynamicsの友人はこの問題に大変関心を持っており、筆者のブログなどから記事を書いて発信してはいたが、彼の不満は何と言っても情報がほとんどないことだ。データセンターの被災については日本でもあまり話題にされてこなかったし、ましてや英語による情報はない。


そこでこの友人に、630日にサンフランシスコで行なわれるコンファレンスに日本データセンター協会(JDCC)から人を招いて話をしてもらったらどうかと提案した。彼は早速コンファレンスの係りと交渉してくれ、コマが取れた。さて次はJDCCを説得することだ。人は送れないが、筆者に代わりにやってくれという返事。しかしこれはやばい。表層的なことは話せても、筆者はデータセンター運営者が求めるような詳細を語ることはできない。そこで、東京でJDCCの会議に参加させてもらい、本物がやってきてこそ正しい情報を伝えることができると訴えた。その結果、IDC Frontierの山中氏がプレゼンを用意してサンフランシスコまで来てくれることになった。


Yamanaka1

コンファレンスで発表する山中氏


発表当日、筆者の短い紹介の後山中氏が登壇。英語が得意でないというのは日本人的謙遜で、完璧な英語でしかも物怖じせず、堂々とプレゼンを終了した。これは只者ではない。DatacenterDynamicsの宣伝に加え筆者もありとあらゆるコネを駆使した結果か、かなり大きな会場が結構埋まった。ざっと見たところ100名程度か。質問もガンガン出たが全部に答えることはできなかった。セッション終了後も質問者は引き下がらず、とうとうしまいには次のセッションの人に腕づくで追い出されてしまった。


この後、データセンター関係の有名人に氏を紹介したが、中でもOracleのエネルギー ディレクターのMukesh Khattarは山中氏を捕まえて離さず、質問攻めにしていた。彼は後のセッションでも山中氏の名を挙げ、氏が提供した情報を紹介していた。山中氏のような人はたくさんはいないだろうが、一企業のためではなく日本のためにスポークスマンを勤めて欲しいものだ。


Yamanaka2

左から、筆者、山中氏、Khattar氏

日本人間で励まし合うのも大事だが、外国への情報発信は不可欠だ。そして、IT分野は何が何でも米国だと考えてしまうのを止め、日本の技術に自信を持って海外に対し英語で発信しよう。日本の心を持ちながら、外国と対等に話ができる山中氏のような人がもっといないものか。。。。

Comment(2)

コメント

英語圏に行けば、片言の英語でも通じる。暮らしてゆける。
完全な英語でなくても、英語環境がととのっているから通用するのである。
英語環境がととのっている環境で生活していれば、そのうちに、英語も上達する。

我が国においては、どんなに英語が堪能であっても就職先に困る。
それは、人々が英語を使わないからである。これでは、暮らしそのものが成り立たない。

日本の学校で6年間英語の授業を受けてもまず話せるようにならないのは、英語環境が整わないからである。
一歩学校の外に出ると英語を使わないのでは、せっかく習った英語も錆ついてしまう。
日々の学習努力も賽の河原の石積みとなっている。

日本の学生のために英語環境を整えることが、語学力を増すことにつながると考えられる。
それには、英語を我が国の第二公用語にするのがよい。
国民も政治指導者も、英語の使用を日本人のあるべき姿と考えることが大切である。

国際社会において、我が国を代表する政治家にも英語の堪能さが見られない。
日本語のみを使用する社会において、実用にならない言語の学習は空しいばかりである。それにもかかわらず、我が国においては英語教育に名を借りた序列争いばかりが激しく行われている。
英語の学習を民間に奨励するだけでは充分ではなく、英語を習得したことに対する国家の強力な報奨(incentive)が必要であります。
英語を実用の言語とする政治指導者のさきを見据えた努力が大切です。
たとえば、公務員採用試験に英語の能力にすぐれた人物に優遇処置を施すなどの法的裏づけなどが効果的でありましょう。

英米人には、手先・目先の事柄に神経を集中する特技は得られないようである。かれ等は、生涯、歌詠みにはなれないでしょう。
日本人には、英語を使って考えることはきわめて難しい。しかし、これは不可能ではない。全員ではないが、知識人には為せばなる学習であると私は考えています。
わが国民の作る細工物は出来栄えが良い。なおその上、英米流の哲学にも良き理解を示す民族となれば、未来の日本人は鬼に金棒ということになるでしょう。
だから、英語を我が国の第二の公用語とすることには大きな意義があります。実現の暁には、我が国民のみならず、世界の人々に対しても大きな未来が開けることと考えられます。

一見我が国は教育大国を目指しているようであるが、大人の教育はない。つまり、子供が大人になるための教育はない。
我が国においては、教育といえば子供の教育のことを指している。目先・手先のことのみを述べる人は、子供のようである。
大人には考える教育が必要です。一人一人に哲学が必要です。
現実と非現実の間に区別を置くことなく語る人の内容には意味がない。だから、日本の知識人には価値がない。

「感情的にならず、理性的になれ」と国民に訴える指導者がいない。
「国民の感情に反する、、、、、」と言うのでは、主張の論拠にならないが、それのみを言う。
感性 (現実) あって理性 (非現実) なし。我が国は、一億総歌詠みの国にとどまっている。

大学生は入学しても、キャンパスで4年間遊んで過ごすことになる。
無哲学・能天気の大学生は、平和ボケ・太平の眠りの中にいる。
「入学を易しく、卒業を難しく」というような教育方針は現状を観察すれば空しい限りである。

日本人は、国連中心主義が好きなようだ。
国連の議場で世界の人々を説得するためには、自己の言葉が冴えわたる必要がある。
議論のできない人があえて国連中心主義を唱えるのは、自己の他力本願を表明するための手段ということになるのであろうか。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

御意

日本語は日本でしか通用しないし、日本語を学ぶ外国人も減少。シリコンバレーの日本人の人口も減少。中国人の人口は激増。いかに、不公平であっても、世界は日本語の発信は無視。英語の発信は必要。片言でも結構だが、ちゃんと話せる人は必須。今回の日本語の震災のニュースはたくさんあるが、英語での発信はほとんどなし。正しい情報が伝わらないから、勝手な理解で間違った情報が横行している。

コメントを投稿する