オルタナティブ・ブログ > 小本 恭の「IT広報室の雑記帳」 >

日々のニュースの中から、ネット広報の可能性を探る

「情報整理バラエティ ウソバスター!」にみるテレビとネットの連動

»

総務省が3月末、テレビ朝日の「情報整理バラエティ ウソバスター!」に過剰な演出があったとして同社に厳重注意した。インターネット上の情報の真偽を検証するコーナーで、番組制作スタッフが開設したブログを「元のネット情報」であるかのように紹介したことが放送法に違反すると認定された。撮影をブログ開設者から断られたため、スタッフが開設して撮影したということだ。

http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu09_000006.html

自身のブログの内容が「ウソ」だと認定されるわけなので、ブロガーとしては撮影を断るのは当然かもしれないが、日頃、どうすればテレビで取り上げてもらえるかを考えている立場としては、ブログというのは、特にテレビのバラエティ番組の制作には欠かせない情報源だと改めて認識させられた。

PRの仕事をしていると、最近、「新聞・雑誌ではなく、テレビで取り上げてもらいたい」との要望を受けることが多くなった。私のクライアントである携帯コンテンツ会社では、キー局のゴールデンタイムの番組でサイトが紹介されたとたん、会員登録が数万人の単位で増えたと聞く。テレビで見て、すぐに、サイトをネットで確認し、携帯にアクセスする流れがユーザー獲得には手っとりばやいのは確かだ。

売り込みではなく、ある意図をもって制作されたブログが、テレビ番組制作会社の目にとまるのを待つ。こうした手法もあるのかなと思う。

Comment(2)

コメント

kuma

この番組は、そもそも『ウソ』と言うもの自体を間違っています。

『ウソ』というのは、正しい知識を持っていながら、間違った情報を流すことをいうのであって、『誤解』『間違い』『噂』とは違うものです。
この番組の『ウソ』では、何かを予想して、結果間違ったりしたときに『ウソツキ』呼ばわりされてしまいます。

この番組で扱っていたものは『ウソ』ではなくほとんど『噂』だと思います。
そして、この雑記帳の上文にもありますが、『真偽(まことかうそか)』を検証していたのではなく、『正誤(正しいか誤りか)』を検証していたのだと思います。

『ウソ』と『誤解』では大きく違いますよ。
『うわさバスター!』ならこんなに腹立たなかったのに・・・。

kumaさん
コメントありがとうございます。
確かに「ウソ」とは意図的なものですよね。個人的なブログの開設者にとってみれば、いい迷惑です。

これらを「ウソ」と言ってしまえば、大手メディアが日常的に行っているトップ人事の先走り報道もも「ウソ」ということになってしまいます。

トップ人事が事実となるのは、企業側の正式発表ですが、時系列のある一点をとらえてみれば、別の人事案もあり、それが報じられるわけです。先走り報道によってそのトップ人事が白紙に戻るということがあるため、善意の記者が利用されてしまうことがあるのも確かですが・・・

コメントを投稿する