オルタナティブ・ブログ > 小本 恭の「IT広報室の雑記帳」 >

日々のニュースの中から、ネット広報の可能性を探る

東京都「猪瀬知事失言」/取材後雑談の記者の狙い。

»

東京都の猪瀬直樹知事が米ニューヨーク・タイムズ紙の2020年五輪招致に関するインタビューでライバル都市のトルコ・イスタンブール批判ともとれる発言をしたとされる問題が波紋を広げている。(産経記事

「取材後のエレベーターホールでの雑談に注意せよ」。
企業経営者や政治家にインタビューの受け方などを指南するメディアトレーニングでは必ず出てくる鉄則だ。
記者から事前に出された質問にうまく受け答えができインタビュー終了。記者を見送るためにエレベーターホールに行き、しばし雑談となるが、緊張感が解け、不用意で「余計」な発言が出てしまうものだ。猪瀬知事のケースはまさにこの典型だろう。
「(取材対象が)書いて欲しいことは書かない。書いて欲しくないことを書く」。記者のスタンスはこうだろう。あらかじめ出した質問には、模範回答しか出てこない。記事にできる本音を聞き出すには、雑談が重要なのだ。
自身の影響力が大きければ大きいほど、企業経営者や政治家は一瞬も気を抜いてはいけないということだ。
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する