オルタナティブ・ブログ > 「神奈河、神名川、上無川 。」 >

読めばベタに分かる、タイトルどおりのブログ

「東京」と「大阪」で違いを感じること(2)~「笑い」の考察

»

自分が見ているテレビ局の中で一番多いのはテレビ東京なんだと思う・・・という話を人にすると、たいてい「え?」とか言われるのだが、事実そうだから仕方が無い。

そうだなぁ、「ワールドビジネスサテライト」、「ガイアの夜明け」、「やりすぎコージー」、「出没!アド街ック天国」などなど・・・。その時間にオンタイムで見ることができる場合はたいてい見ている。録画してまで、という習慣は無いからしてないけど。

そんな中、あまり見ている方とは言えない番組なのだが、先日の「怒りオヤジ3」はついつい見てしまった。番組の主旨についてはリンクから公式ホームページを参照していただく、として、先般のテーマは、素人、という触れ込みの(?)川井満氏と山田花子さんの対決であった。この川井氏と関西お笑い芸人の対決は3人目。で、いつも関西お笑い芸人がディベート負けするのがパターンで、今回も番組上では完全なる敗北である。当然番組なのだから、演出もあれば編集もある、と思うので、どこまでが”本当”なのかはわからないが。

放映を見ていた川井氏自身はブログに”本当に自分はひどい奴だ”系の話を書かれているが、それはそれで良し、なんじゃないか、と思う。

で、それとは別に、その番組の中で川井氏自身が触れていた、何点かの項目について、放映中に「自分ならどう答えるだろう」と思ったりしたので、書いてみたい、と思う。もちろん、お笑い評論家でもなんでもないので、関西出身の一シロウトとして・・・。

設問1:「お笑い芸人だったら僕を笑わせてくれませんか?」

関西の芸人さん、と言われる人達は、非常に大雑把に分けると、漫才師、落語家、喜劇役者、ピン芸人に分かれると思う。ただ、そのピン芸人、という人達も数多くは、何かのギミックを使いつつも起承転結を話していくので事実上、一人漫才のようなものである。

よくよくその4パターンを見ると、全て共通点がある。それは「ストーリー」のある笑い、ということである。喜劇役者さんが行うギャグも、あくまで、そのストーリーや構成に組み込まれることによって引き立ち、直接的にその単品だけ見てどうのこうのするものでも無いのではないか、と思う。

これは「文化」からの影響が先か、培った「生活」からの影響が先か、は、わからないけど、関西の文化は、相手の話を聞く文化で、かつそこにストーリー制を求める文化、のように思える。相手が、「あんな、この前の話やねんけどな・・・」と言われれば、「うん、どしたん?」と合いの手を入れていき、最後相手がオチとなるシュートを決めるまでパスをつなげていくのである。

ちなみに、過去関西に住んでいた時、関東に出て行った人間が「東京の人は反応が悪くて話づらい」とか言っていたが、なんてことはない、(多くの)関東の人はパスをつなげる、という行為をしない。だから、いきなり簡潔にオチを言わないといけないだけだ。そういう意味では極めてビジネス的、というか、欧米のプレゼンテーション的、というか・・・。たぶん起承転結の転に行く前には話を変えられてしまう。周りくどいことが嫌いなんじゃないか、と思う。だから、関西の人が「せっかち」だ、と言われるが、関東の人の方が「せっかち」だ、と思う。コレ、俺の思い込み。

だから、と言ってはなんだが、関西の芸人さんは、一対一で、場所や道具も制限された中で「笑わしてくれ」と言われても、無理なんじゃないか、と思う。だから、番組に真面目な回答はもちろん必要ないが、山田さんの適切な回答は「ごめんなさい。ここではできません。自分のフィールドでは無いから」だったのでは無いか、と思う。

設問2:「どうして関西の芸人さんは東京に出てくるんですか?」

名誉、というか、自分の腕試し、というか・・・。もちろん山田さんが言っていた「ギャラがええからや!」・「待遇がええからや!」っていうのも(番組中のネタとしても発言したんだろうが)事実だと思うが、それよりも日本全国への波及力、自分の実力・ポジションを確認したいからなんだ、と思う。

自分は、一旦転勤で岡山に行くまで、25年もの間大阪に住み続けていた。大阪人が言う、「大阪が最高!」とか妙な(?)東京への対抗心も「そうだそうだ!」という感じだった。ところが岡山に行って、その考え方が崩壊する。

当時の岡山は既に民放5局があり、そういう意味では、東京、大阪と変わらぬ放送局数である。自分の住んでいた所から岡山までは直線距離でたぶん220kmぐらい、という所。東京よりは大阪が近いし、西日本なのだから、テレビは当然大阪の番組がやっているもんだ、と思っていた。

ところが、たぶんその番組構成比は、東京8割、岡山1.5割、大阪0.5割ってなところだったんじゃないか、と思う。あくまで体感的な話だが。

そこで気づくのだ。

「あ、もしかして、関西圏以外はほとんど東京の文化が直接発信されているのでは?」と。

(自分は中部圏・九州圏での居住経験が無いので正確では無いかもしれないが)

結果として、いくら大阪で天下を取っても、収入が増えた、としても、日本で知られる人にはならない。大阪で有名になればなる程、ゲスト的に他の地方に呼ばれる機会も出てくるだろう。でも、その時、自分の知名度の無さを感じてしまうのではないか。「何故こんなに違うのだ」と。これが関西の芸人さんにとってのジレンマになるのではないか、と思う。だからこそ、皆ちゃんと自分の腕が通用するかどうか腕試ししたい、いや、通用させてみせる!と強く思うんだと思う。結果として自分も同じ考えで東京に来てしまったので、それは非常によくわかる。自分も岡山に行っていなかったらその考え方は持たなかっただろう・・・。

設問3:「どうして吉本新喜劇は東京を撤退したんですか?」

必然性が無かったことに気づいたから、だと思う。東京は多くの人が集まる。これは事実。でも、新喜劇も要は人がアクションを起こす演技なのであるから、それをお客さんに感じてもらうためには、どうしても”ハコ”の大きさが制限される。すると、あまりに集客があった所で、一度に見せられる人数には限界がある。東京ドームでは劇団四季の公演が無いのと同じだろう(・・・って書こうと思ったら臨時ではやって無いことは無いのですね・・・)。それはともかく。生身の人がアクションしている所を間近に感じられてこそ劇は楽しいのでは無いか?それができなくて大型モニターとかで見る形を取ると、家でテレビを見ているのと変わらなくなってくる。とくに、誰かの”フリ”があって、誰かの”ギャグ”が生きる吉本新喜劇ならなおさらだ。

また、「”大阪”で見ることのできる吉本新喜劇」を大阪で見ることに人は興味を抱くのであって、それを東京で見ることに意義を感じなかったのではないか?

こうやって考えると、シロウトの自分が思いつきそうなこんなことをあの○○で有名な吉本興業が考えなかったとはとても思えない。あくまで「ルミネ」とか(昔の)「新宿七丁目」や今の「渋谷∞」につなげていく盛り上げを行うための”興業”であり、撤退も何も、元から既定路線で引き揚げたのでは無いか、と思う。

ここからは「怒りオヤジ3」とは全く関係の無い、単にお笑いについての話

ちなみに、「エンタの神様」等に出演してらっしゃる(もちろん全員ではありませんが)最近の多くの関東の芸人さん達のネタを見ていて、気づいたことがある。

あれ、「ブログ」もしくは「まとめサイト」じゃないですかね?

自分の気がついたことを発表してみる、あそこでこんなこと言っていたよ、というのにツッコミを入れてみる、自虐ネタを披露する・・・。

それは良くない、とは思っていない。言う権利も無い。ただ、ちょっと以前で言えば、「コント」が中心だったような気がする。そういう意味では、見る側・聞く側が変化するからか、演じる側が変化するからか、その時の流行に合わせてスタイルが流動し易く、そのパターンでの演者が一気に増えるのが関東のお笑いの特徴なのではないか、と思う。自分はそれはそれで楽しめる方だが。

最後に。

自分は笑いの許容レンジが極端に広いので、たいていどんなお笑いでも受け入れてしまうので、普段はこんなこと気にしながらお笑いを見たりすることは絶対無い。大抵腹を抱えて笑っているだけだ。そういう意味で、自分は笑いに関して超レベルの低い関西人だと思う。

もう一つ。「怒りおやじ3」の制作者や川井氏、山田花子さんも「あれをそんな真面目に語られてもなぁ」と思われるかもしれないが、まぁこれもあくまで個人のブログ、ということでご勘弁願いたい。

Comment(18)

コメント

windknight

「設問3」に思うのは、メディアさえ抑えてしまえば、つまり名前さえ売れれば、地理的に東京を抑える必要はないことに気がついた(or知っていた)からという気がしてます。
大阪のほうが芸人も居心地がいいし、興行にコストもかかりませんしね。

>誰かの”フリ”があって、誰かの”ギャグ”が生きる
最近ほとんど娯楽としてのテレビを見ていないのですが、吉本新喜劇などはフリが入った瞬間に「あ、このギャグ来るな」と予測するという客側の予備知識も相当必要であるように思います。
帯谷孝史さんなんかが出てくるとセットの後ろのほうにポットが置いてある時点で笑ってしまいます。チャーリー浜さんなんかも東京のテレビ番組とは馴染まないでしょうね。

>windnightさま
コメントありがとうございました。
確かにおっしゃるとおりかもしれません。吉本ってこんなのもあるよ、あんなのもあるよ、を全国メディアに展開することにより十分その実力値が知らしめることができればそれで十分だったのかもしれないですね。
コストは・・・関西の方がまぁ確実にかからないですしね。今だとどれぐらい差があるやら・・・。

>yoheiさま
コメントありがとうございました。
吉本新喜劇を見る分にはフリの段階で笑う必要はありませんよ(笑)。予備知識の無い人はそのまま成り行きを楽しんでいただければ良いのです。ただ、周りがクスクス笑い始めるのが「?」とは思うでしょうけど。で、結果「ああ、そういうことか!」と気づいていただければ・・・。
でも、吉本新喜劇で展開されているギャグを切り取って、どこかの番組で単品で見せた所で意味が無いでしょう。藤井隆さんの「HOT HOT」みたいに、自分でフリの部分を作ってしまって見せ場を作るか、間寛平さんのように、誰もがフリができ易いギャグをいくつも持っているか、だったら別ですが。

こんにちは
はじめまして。

僕は中部圏に住んでます。このあたりのお笑いは関西寄りです。深夜枠には思いっきり関西ローカルのお色気番組がやっていたり、過去には中部圏の若い人向きの番組なんかは今活躍している芸人さんが多くでていました。(例:CBC製作の『正解るんです』では、今田耕司と東野幸治が出ていた。また雨上がり決死隊も早くから深夜枠で番組を持っていた など)
でも今はそんな事どうでもよく面白いものは面白いと単純に見ています。

すっごく乱暴な区分けですが、私は「基本的に自分をネタに笑いを取る関西系」と「たいていの場合他人(自分以外)をネタに笑いを取る東京系」という風に分けています。因みに生まれた直後から阪神間で20年以上過ごした私は明らかに前者です。仕事でのプレゼンテーションですら、途中で如何に笑いを取るかに腐心するくらいですから。
あ、これで一つネタを思いだしました。昼休み中にエントリー書き上げられるかな?

うつぼん

九州や北海道の芸人さんも関東芸人のくくりという事でしょうか?確かにテレビの影響からしても関西圏よりは、地元+関東文化が広く認知されていそうですし、大阪→東京ほどの強いルートがない分、全体的な数では劣るものの、関西色のような濃さがない分、東京進出してもよく馴染んでると思います。吉本でも北海道出身のタカトシなどは関東文化でいうところのよりせっかちな笑いに上手く適合しているように感じます。

>戸川リュウジさま
コメントありがとうございました。
なるほど~。中部圏は関西寄りなのですね。中部出身の芸人さんは関東にも関西にも迎合しないスタンスを貫いているような気がします。青木さやかさんとか、つボイノリオさんとか・・・ってつボイノリオさんはお笑いじゃないか。
またよろしくお願いいたします。

お久しぶりです。

ここ10年で大阪→東京→大阪と住むところがかわっているのでその感覚がなんとなくわかるように思います。

関西ではテレビをみながら、芸人さんのオチまでの手順を自分でもシミュレーションして「そうそう。そこでそうもっていかないと」と言いたかったり「そこは天丼(もう1回繰り返し)してからやろ」とか言う没入感に面白さを見出しているようにも思います。そういうシミュレーションの隙を与えないのは好まれないのではないかと思います。

>いわながさま
コメントありがとうございました。
笑いの取り方の一つに「素人いじり」というのがあるようですが、確かに関東の方が「素人いじり」が多いですね。関西は素人がいじられる前に出てきて参加するというか・・・(笑)
自分は笑うのは好きなのですが、どうもユーモアのセンスが無いようで、自分から笑いを取りに行った時にはかなり高い確率ですべります(苦笑)

>うつぼんさま
コメントありがとうございました。
実は「東京」と「大阪」圏の対比を書きたかったので、九州や北海道出身の方については意識していなかったのですが、自分の書いた「東京」の文化が直接発信されているのでは?という文脈上からは全国のお笑いの方が東京の影響を受けているに違いない、という感じにも読めますね。タカアンドトシさんはまだまだこれからも伸びる、と思うのですが、上手に関西と関東を取り込んで自分達の笑いにしている、と思います。前半ストーリー的な漫才で始まりつつ、途中からタカさんのボケがお約束で展開されながらも、一発ギャグ的に何度か繰り返した後、途中からトシさんが突っ込まれる側になる、という意外な”転”があるという。俺、何語ってんだって感じですが(苦笑)。
またよろしくお願いいたします。

>森崎さま
コメントありがとうございました。ご無沙汰しております。
おわかりいただけてありがたいです(笑)
確かに、芸人さんのネタとかはいくつかわかっている状態で、「どこでどうつなげてきよるんかな~」とかいうのが気になって、実はちゃんとストーリーを聞いてなかったりすることもたまにはあったりして。
とりあえず、関西ではテレビに向かってツッコミを入れている人も多い、と思っているのですが、どうでしょ?(笑)

キムラ

笑いの許容レンジが広いということは、笑いのレベルが高いということじゃないでしょうか(^-^)自分が面白いと思ったことを表現した場合にいろいろなことで笑いがとれるじゃないですか。

>キムラさま
コメントありがとうございました。
お礼が遅くなりまして誠に申し訳ございません。
こんな古いエントリーをお読みくださりまして重ねて御礼申し上げます。
自分で振り返りつつ、「ああ、こんなこと書いたっけ?」と思いました(笑)
>自分が面白いと思ったことを表現した場合にいろいろなことで笑いがとれるじゃないですか。
自分が面白いと思ったことを、人が聞いても面白いと感じてくれるような組み立てで表現することは別なので、自分の場合笑いはなかなか取れません(笑)
今後ともよろしくお願い申し上げます。

くうたろう

共感です。

つい最近まで大阪に1年半ほど住んでいましたが、
大阪のお笑いにはストーリー性という秘密があったんですね。
「すべらない話」のような番組の方が得意なわけだ。
あの番組も関東の芸人さんで対抗できる人は少ないですからね。


ストーリー性とは関係ないですが、朝日放送だったかな?
平日夜11:15前後から
今ちゃんの実は、ごきブラ、ハイヒール・・・
毎晩毎晩、関西のベテラン、若手が入り乱れて、
「こういうので笑いが支えられているんだね」って、
夫婦で話してました。

東京でやってないのが残念。

>くうたろうさま
コメントありがとうございました。
よくこちらのエントリーにたどりついていただきました(笑)

>東京でやってないのが残念。

自分が大阪に住んでいた頃は朝日放送の夜の11時頃は、「ナイトinナイト」という帯枠設定があって、その枠内の月~木でそれぞれ違う番組をやっているという形でした(ちなみに金曜は「探偵ナイトスクープ!」)。確か当時もハイヒールは番組持ってましたね。それはそれで楽しんではいたものの、ずっと若かりし頃は、雑誌とかだけで情報だけ知っているテレビ朝日の「トゥナイト」が丁度同じ枠だったので、何故関西でやってくれないのだろう、と非常残念に思ったりしておりました(笑)

今後ともよろしくお願い申し上げます。

名無し

名無しですけど、メアドでバレバレですw
こういうエントリがあったと今しりました(自爆)
時間作ってじっくり読ませてもらいますね

>名無しさま
コメントありがとうございました。
最近特にお忙しそうだな、と思っております。
くれぐれもお体等壊されませんように・・・。
こんなエントリーにお付き合いいただけるお時間が取れることを祈念申し上げます(笑)

コメントを投稿する