オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

ChromeOSもMacOSも、TPOだと思う

»

 ネットブックなど、ネットサーフィンやメール程度に使うパソコン向け(と思われる)のOSとして、Google ChromeOSが登場してきたわけですが、どうも「メインマシンとしてどうか」という議論も一緒にされているように感じている今日この頃です。
 OSは、僕たちユーザーにはどうでもよくて、無くていいならそれでもよくて、でも無いといろいろなモノが使えないから使っているわけで、ということなんだと思うんです。かなり乱暴な整理ですけど。
 そう考えると、場面別にOSが違っていてもいいのかな、と。ネットブックに搭載して、あちこち持ち歩いてメール書いて、ジャーナリストの方だったりすると記事を書いたりする程度。あとはネットで調べ物とか。それくらいに使うOSと、システム開発を担当するエンジニアが使うOSはそもそも違うはず、というか必要に応じて違えばいいのかな、と思っています。
 Googleが出したOSだから、サポートが心配だとか、安定性が云々と言われているのかも知れませんが、携帯電話のOSが1ヶ月に1回くらいフリーズして再起動させる、くらいに考えればアリなんじゃないかな、なんて思ったりしています。

 別にGoogleの肩をもつわけでもないし、もってもしょうがないんですけどね。(^^;

 すみません、週末の軽い話題程度に書いています。ご指摘、ご意見いただければ幸いです。

 
Comment(2)

コメント

石松

私が思うに、【所詮】ChromeOSはネットブック専用のOSでAndroidは携帯専用のOS位地つけています。
それらのPC/携帯程度で全てがまかなえる人はそれでいいと思いますが、まず会社ではありえないでしょう。
それによってWinやMacOSがどうのこうのなるとは思いません。
まあネットブックでのWinXPには勝つと思いますが、ChromeOSもAndroidも【所詮】Linuxです。
十何年かかってもLinuxが達成できなかったこと(デスクトップOS)がGoogleがやったというだけで「すぐに」出来るとは思いません。
ChromeOSやAndroidのコードを読んだわけではないので突っ込まないで下さい。
別にGoogleのアプリ・サービスはChromeOSでなくては出来ないわけではないし。
一番の利点はGoogleのAndroidがiPhoneに対抗して作り上げようとしているAndroidアプリくらいでしょう。

よく大木さんが言われている「Hello! Computer!」位のインフラとネットのスピードが出た時初めてネットブックがメインコンピュータに成れると思います。

と思います。
限りなく中身の無い個人の意見ですけど。

>石松さん
モバイル利用としては、ChromeOSは十分アリだということですね。僕もそう思います。
一台で全てを賄いたい、僕みたいな人間には向かない野kもしれませんね。

コメントを投稿する