オルタナティブ・ブログ > 「走れ!プロジェクトマネージャー!」 >

やわらか頭の組織つくりをサポートしています。ガジェット大好き。

中国でプレゼンする資料は、誰が作るべきか

»

 さて、来週月曜日から、久しぶりの中国出張です。オリンピック前の4月に行って以来ですから、ほぼ1年ぶりですね。
 一説によると、街がキレイになり、交通渋滞が緩和され、人々のマナーが良くなったのはオリンピック期間中だけだったとか。その期間さえ見ていない僕としては、人が話しているのを「へぇー」と聴くしかないわけですが。

 例によって悪いクセで、出張期間のミーティングスケジュールをびっしり入れてしまいました。

 その期間のプレゼン資料を、上海オフィスの日本人スタッフと一緒に作成し、準備しています。今回は、僕が中訳した資料を、上海オフィスの中国人メンバーが手直ししてくれています。僕の中国語が完璧ではないことは当然ですが、シンガポールの中国語に比べ、最近の中国では、英語から直訳されたような中国語(日本で言うと、カタカナにするようなケース)を使わずに、中国独自の言い回しを使うことが多いようです。
 そういう意味でも、中国オフィスメンバーの協力は嬉しい限りです。

 日本でプレゼンしたり説明する資料であれば、当然のように自分で作成します。ところが、外国に持って行く資料、特に英語圏以外の国に行く場合、翻訳会社に任せる会社が少なくないと聞いて驚きました。
 ソフトバンク時代も、可能な限り内部で作成し、相互にレビューしてから持って行っていましたし、そうあるべきと考えています。
 しかし、内部に中国語が話せるリソースがいない場合、どうするべきなんでしょうか。
 僕個人的に思っているのは、外部にお願いするにしても、翻訳する方に直接「補助説明」をするべきだと考えています。いわゆる、ニュアンスを伝えるためですね。
 そういう補助説明があることで、文章が増えたとしても、言いたいことが正しく伝わるんじゃないかな、と。翻訳される方が、自分たちのビジネスに精通している場合は別かも知れませんが、そういう努力が必要であるように感じています。

 さて、久しぶりの中国出張、パスポートを忘れないようにしないと!(ちょっとマジ・・・

Comment(3)

コメント

jason

大木さんは中国語ができますね。すごい。
>しかし、内部に中国語が話せるリソースがいない場合、どうするべきなんでしょうか。
中国の相手が、日本語の通訳さんがいませんか?
いないと、大変ね。

>jasonさん
コメントありがとうございました。

翻訳する方に直接「補助説明」をするべき・・
この一言は非常に的を得てると思います。翻訳をする人間はただ想像しかできませんので、想像が間違ってしまう場合もあります。ですのでニュアンスを説明することは訳文の質を高めます。
理想的なのは受付の人がしっかりヒアリングをすることに限ります。

コメントを投稿する