オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

「講師」の仕事

»

少し前の記事になりますが、増岡直二郎さんの「研修会-うまくいった話などもう結構だ」を読んで、身につまされました。

私の本業は、講師業です。多くはIT技術教育ですが、増岡さんが書いておられるようなプリセールスのための研修やセミナーに呼ばれて、あたかもその企業のメンバであるかのようにお話をすることもあります。

もちろん、その企業の人間でもなく、SEでもありませんので、技術的な深い話は残念ながらできません。それでもなぜ、企業は私のような「教え屋さん」にお金を払って、登壇させるのか・・・そこに、私のような「教え屋稼業」の存在意義があると思っています。

それは、「聞き手の視点に立って話ができるか」ということです。

ひとつは、「聞き手が理解できるような言葉で説明しているか。内容が難しすぎないか。専門用語を多用していないか」ということでしょう。私は、この製品のことを初めて聞いた人でもわかる言葉で話をする、ということを目標にしています。

もうひとつは、「聞き手が知りたいことを話しているか。技術面に偏りすぎないか。メリットばかりを強調しすぎないか。宣伝になっていないか」ということです。作り手の立場で、あるいは提供者の立場で話をしてしまうと、どうしても増岡さんが経験されたような研修会になってしまうのでしょう。伝えたいことを伝えるのではなく、聞き手が聞きたいことを伝えることこそが重要なのです。依頼元の企業が用意したスクリプト(研修で話すシナリオ)が完全に作り手の立場でしか書かれていない、というような場合は、それを完全に無視して話をする場合もあります(もちろんその場合は、依頼元の企業に「無視しますよ」と言ってからにしますけどね)。

身内に優秀なSEの方がおおぜいいらっしゃるのに、あえて外部の私のような「教え屋」に研修やセミナーの話し手を依頼する企業様は、たいてい「そのほうが良い結果が出る」ということを期待しているからそうするのです。我々が製品の中身のエキスパートでないことは、重々承知の上で、依頼してくださるのです。それは「いかに聞き手の立場に立った話ができるか」ということを、我々外部の「教え屋」に期待しているから、に他なりません。

我々の仕事は、結果がすべて。聞き手の満足度が低いと、二度と呼んでもらえません。1回1回が、真剣勝負です。なのに、痩せない。困ったものです。^_^

Comment(2)

コメント

>たいてい「そのほうが良い結果が出る」ということを期待している・・・

確かにそういった側面があると思います。
プロの講師に頼んだ方が伝えてくれるだろうということ。
これはもっともです。

8対2の法則があてはまるとしたら、8の方の理由でしょう。

8対2の2の方の理由については、最近になって、次の2点の理由があることがわかりました。

いわば、企業(社長?)のホンネの部分です。

1.となりのオジサンに叱ってもらった方がいい。
2.万が一、社内調和が乱れた時は、切れる。

1.のとなりのオジサン・・・
社内でずっといっているとと馴れてしまうのです。電気つけっぱなしだけれど節電というポスターが貼ってある感じです。
そこに、ポスターが貼ってあるのに、何で電気つけっぱなしなんだ! バカもーんというと聞(効)くわけです。

そして、2.の社内調和の件。要するに仮想的です。社長はある意味、社員や役員に気を使います。すると、いいたいことも言えません。
そんなときには、社長の代弁をする役割を担います。
社長がホンネを言うと社内調和が乱れる。
だから、講師が社長の代わりに言うわけです。
講師を切った後、社長は、辞めてはもらったけれど、あの先生のいうことも一理あるのではないだろか? と先生の責任にしながらも話せるようになります。

要するに仮想的です。
誤字です。

仮想的 → 敵

すいません。
全体的に、推敲してません。
改行もメタメタだ・・・

エディターで書いてから貼った方がいいですね。これ。

コメントを投稿する