オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

家の近所でガソリンが145円、で思ったこと

»

人間は結局、相対的にしかものを見ることができないんだなぁ、というお話。

今日、家の近所のガソリンスタンドで、ガソリンが「レギュラー 145円(1リットルあたり)」と書いてあるのを目にしました。確か少し前は、160円ぐらいしていたんです。

で、そのカンバンを目にした瞬間、最初に思ったことは

        ガソリン代、やっと安くなったなぁ

でした。

で、次の瞬間・・・ いや、ちょっと待てよ?
今年の始め頃って、確かこのガソリンスタンド、レギュラーガソリンが 119円 だったじゃないか。ということは、(昨年に比べたら)ガソリン代はまだ、高いままなんじゃないか。

結局、人間って、直前の状態から相対的にしかものを見ることができないんですね。直前の、1リットル 160円 という意識が最初にあるから、それと相対的に比べて安い、と思ってしまう。でも昨年の119円に比べたら高い、と思ってしまうわけですね。
絶対評価しようと思えば、それはかなり意識しないとできない。人間は基本的には、相対評価しかできないんです。

それは高いとか安いなどと思う、つまり感情のことだけではありません。
簡単な実験で、体感でさえ相対評価だ、ということがわかります。
氷水と、普通の水と、お湯を用意します。氷水に手を10秒ぐらいつけてから水に手をつけると、水は温かく感じます。また、お湯に手を10秒ぐらいつけてから水に手をつけると、水は冷たく感じます。

それは、目に関しても同じことがいえます。試しに「バーチャル科学館」の「マインド・ラボ」で、我々の目は、どれほど「相対的に」ものを見ているか、確かめてみてください。
(この「マインド・ラボ」、めちゃくちゃ良くできています。感動モノです)

さて、人間は基本的に相対的にものを見たり、感じたり、思ったりするということがわかりました。これは実は、コミュニケーションの世界やネゴシエーションの世界でもとても重要なことなのです。

例えば。本当に相手にやらせたい無理難題があるとします。そうですね、「相手から10万円借りる」ということが目的だとしましょう。しかし、相手に突然「10万円貸してくれ」といっても、まず貸してくれないでしょう。

そこで、相手に「すまないが、100万円貸してくれ」と頼むのです。相手はギョッとするでしょう。100万円が必要な理由を(本当は10万円なんですが)きちんと説明します。でも相手は、とうてい100万円なんて貸してくれません。そこで・・・と譲歩するのです。70万円、50万円、30万円・・・ええい、10万円でもいいから、貸してくれ、と。そうしたら、相手は最初の金額(100万円)か、あるいは直前の金額(30万円)と相対的に比較して、10万円だったら貸せるかな?と思ってくれるかもしれません。こうして、当初の目的である「10万円を借りる」という目的を達成することができるのです。

これは、「ドア・イン・ザ・フェイス」という、交渉のテクニックです。最初に到底かなえられないような要求を出し、徐々に譲歩して、最終的に本来の目的を達成する、というものなのです。

交渉術の様々なテクニックは、すべてが人間の心理や、本能的に行動してしまう原理に基づいて成り立っています。「145円のガソリンを安いと思った」私は、いわばまんまとひっかかったわけですね。

Comment(2)

コメント

Ifreeta

人の心の持ちようで変わるということに気づかない人が一杯いるから今の経済状態なのでしょう。

本質は見ないで外皮だけ見ているようです。

谷 誠之

Ifreeta さん、コメントありがとうございます。

そう、人は、心のもちようで変わるんです。
本人も、周りの見え方も、ね。

ただ、それは自分で気づかないと、わからない。
まわりが「気づけ」と教えても、自分で気づかない限り、見えないものなのです。

「リンゴは何色?」と聞かれると、ほとんどの人は「赤」と答えるでしょう。「青リンゴは青いよ」というかもしれません。でも、リンゴの食べる部分の色は「白」ですよね。「赤」も「白」も、どっちも、本当のことなんです。「じゃぁ、リンゴの色は白だ、というのが本質か?」というと、それもちょっと違う。

ものごとの本質って、シロクロはっきりできるほど、単純ではないんですよね。

コメントを投稿する