オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

大宇宙、この小さな世界

»

ときどき、考えることがあります。

「地球を含むこの大宇宙は、もしかしたら誰かの箱庭なのかもしれない」って。

比喩ではありません。文字通りの意味です。

たとえば、ですね。あくまでもたとえ話なんですが。
人間の体内にいる様々な細菌に知恵や科学技術があり、人間と同じような活動をしていると仮定します。ええ、突飛な発想だというのはわかっています。あくまでも、たとえ話。
小腸を主な活動領域にしている細菌にとって、自分たちの「領域」は小腸です。いくら大冒険をしたとしても、せいぜい胃や大腸にたどりつのがやっとでしょう。彼らは自分たちが住む小腸のほかに、胃や大腸といった領域があり、そこにもまた自分たちとは違う細菌が住んでいて、それらが「世界」を形作っているということを知るでしょう。
細菌たちの科学技術が発展し、自分たちが行くことのできない場所にも別の世界、例えば心臓や肺といった世界があることを知ります。小腸に住む細菌にとっては、心臓や肺といった世界は、たとえ存在することがわかってもそこに行くことはできません。想像するしかないのです。そう、細菌にとって、人間の身体は「宇宙」そのものなのです。

ただ・・・彼らの科学技術がどこまで発展しても、彼らにとっての「宇宙」は人間の体内であり、それよりも外に別の世界がある、ということは想像することすらできないでしょう(多くの細菌は身体の外からやってくるんだヨ、という突っ込みはしないでね。あくまでもたとえ話なんですから)。「宇宙」である人間の身体という「次元」の外側にまた別の「次元」があるということは、理解することすらできないわけです。

これと同じことが、我々人間にもあてはまるのではないか、と思うことがあります。

人間は科学技術が発展したおかげで、自分たちよりも下位の次元のことはよくわかります。人間は細菌のことが観察できて、よく理解できるのです。でも細菌には自分たちよりも上位の次元のことがわかりません。それと同じように、人間が「これですべてだ」と思っている大宇宙のさらに外側に、もっと上位の次元があって、我々を観察しているかもしれません。それは「神」といわれる存在なのかもしれないし、子供のおもちゃ箱の中かもしれません。

でも、こう考えたら、大宇宙はもしかしたらとってもちっぽけな存在なんだ、という気がしてきます。そのちっぽけな大宇宙の中の、さらにちっぽけな地球という粒の上で、たかだか100年も生きていられない人間は、どんなに小さい存在なのでしょうか。

自分が想像できない世界があります。どんなに考えてもわからない領域があります。でも、それはあってあたりまえ、なのです。そんな世界があるんだ、ということに気づくだけでも、人生はもっと豊かになると思います。

Comment(4)

コメント

ponpon

星 新一のショートショートに同じようなのがありました。
 人類はどんどん発展し、宇宙のいろんな知的生物たちとつきあっていく。
 ある時、その宇宙から選ばれし者たちがブラックホールへと旅立っていく。
 それは、だんだん定期的になり、2日や3日に一度と…
 青春期のマスターベーションでなければいいのだが…
というような内容でした。(脚色がなければいいのですが)
 中学時代に読んだ、こんなことを思い出しました。
>どんなに考えてもわからない領域があります。でも、それはあってあたりまえ、なのです。そんな世界があるんだ、ということに気づくだけでも、人生はもっと豊かになると思います。
 本当にそう思いました。

谷 誠之

ponponさん、コメントありがとうございます。
そういえば星新一は昔よく読んでいました。
彼女のところにかけた電話が混線して、明治時代、日本に初めて電話が敷設された時代の電話と時間を飛び越えてトンチンカンな会話をする、というような内容のものもありました。
そうですね、もしかしたら地球外生物もいるかもしれませんね。我々は、全宇宙から見たらまだまだ原始人なのかもしれません。

tuitel88

おしい!
 この話は、星新一ではなくて、小松左京の「彼方へ」です。なつかしいね。
 角川文庫の「ウインク」の中に入っています。と言っても、手に入らないでしょうが。

ponpon

小松左京の「彼方へ」でしたか?
そういえば、その頃 星新一、小松左京、五木寛之、北 杜夫等をむさぼるように読んでました。
なんせ、40年以上前ですから、許してください。

コメントを投稿する