オルタナティブ・ブログ > 谷誠之の 「カラスは白いかもしれない」 >

人を動かすものは何でしょうか?様々な「座右の銘」から、それを探っていきたいと思っています

こんなに乱れていいんですか

»

我ながら、なんちゅータイトルだ、と思いました。

今回は、乱れに乱れている敬語についてお話します。

ボクシングの世界の某兄弟は、誰に話しかけるときにも敬語を使いません。
それが彼らのポリシーなのか、それとも単に敬語を知らないだけなのか、わかりませんが。
(知っている人がいらっしゃったら、教えてください)

「相手を尊重する」という、ただそれだけの理由でも、敬語は大切です。
そりゃ、ないよりはあったほうがいい。でも、ただあればいい、というものでもないと思うのです。

  だって、気持ち悪いんだもん。

最近よく耳にする「誤った敬語」の代表例は・・・

  1. この座席は、どなたでもご利用できます
  2. しばらくこちらでお待ちしてください
  3. ポイントはお使いされますか
  4. どうぞ、いただいてください
  5. あそこで話しておられるのが私の先生です。
  6. はい、私はそのことはよくご存知です
  7. ○○様がいらっしゃりました
  8. △△について、おはなしさせていただきます
  9. 今すぐ、お召し上がりになりますか?
  10. 私が承らせていただきます
  11. 後ほどお伺いさせていただきます

などなど。枚挙にいとまがない状態です。
さて、これをお読みになっているみなさんは、これらの敬語表現がすべて間違っているのだということに、お気づきですか?

相手を尊重する、あるいは自分を謙譲する意思が伝わればそれでいいんだ、という方もいらっしゃいます。あるいは、これが言葉の変化だ、相手に間違った伝わり方をしなければそれでいいんだ、という方もいらっしゃいます。

確かにそれは一理あります。「言葉の乱れ」と「言葉の変化」は紙一重だとも思います。
が、正しい用法、用例を知っている上で、それをわざと乱して使うのと、そもそも正しい用法、用例を知らないで適当に使っているのとでは、言葉に持たせる重みが変わってくるように思うのです。

本屋さんに行くと、正しい、美しい日本語を学びましょう、という類の本がいっぱい並んでいます。
これを単なる流行に終わらせずに、みんなが正しい、美しい日本語を学んでそれを自由自在に使いこなせるようになれば、国内のもめごとの半分はなくなるのではないかと思うのですが、いかがでしょうか。

Comment(3)

コメント

賛成です。
ただ、一部の言葉は間違ったまま定着していたりするので、相手がどう感じるか、が大事なのかな、なんて思っている次第です。
いずれにせよ、相手が違和感を感じたり、不愉快に感じる言葉は、文脈や話している中身がどうあれ、相手に伝わりにくいですよね。
最近は個人的に、ファーストフードだけではなく、家電量販店の店員さんの日本語が耳につくことが多いです。

りん

♪飽きちゃったわけじゃないんだけど~
 こんなこと ためしてみたくない? (イジメテミタイ/スガシカオ)

というのはおいといて。

うちの新人(21歳♂)の口癖は「ヤバイですね」です。
いい方も悪い方もすべて「ヤバイですね」でした。
おいしい、すごいなどの感嘆も「ヤバイですね」、良くない状況に陥っても「ヤバイですね」。
「ですね」とちょっと丁寧なところが面白いのですが、これがみんなに伝染していっている状況が一番ヤバイ。

ooki さん、コメントありがとうございます。

確かに、「間違ったまま定着する」ということがありますね。話すほうも聴くほうも、ひとつの言葉を同じように間違った状態で理解しているのであれば、それは結果的に「きちんと通じて」しまいますからね。

ookiさんのコメントの中に、重要な言葉が隠されているような気がします。「相手が違和感を感じたり、不愉快に感じる言葉は、相手に伝わりにくい」という部分です。

つまり、言葉は、話す側の都合で選ぶのではなく、聴く側の都合で選ぶ必要がある、ということですね。聴く側に通じる言葉を選んで話すということを考えると、おのずと「みんなが共通で同じ理解をしている言葉」を選ぶ必要があります。その結果として、「正しいと言われている言葉」を選ぶ必要があると思うのです。

家電量販店の店員さんの言葉、確かに耳につきますね。本文の「ポイントはお使いされますか?」は、某家電量販店の店員さんのお言葉だったのです。

---

りんさん、コメントありがとうございます。

誰かに聞いたんですが、この「ヤバイですね」は、肯定的に使う場合「ものすごく良いから、とりこになったらヤバい」という意味が含まれているんだそうです。

伝染、ですか。そういうのを、「流行語」って言うんでしょうねぇ。

コメントを投稿する