オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

イマドキの若手がよく口にするセリフとは?

»

新入社員研修は約20年、OJTのお手伝いを約15年くらいやっておりまして、若手の状況を定点観測しているような感じなのですが、ここ2年くらいでしょうか、あちこちで耳にする共通の言葉があります。

「イマドキの若手がよく口にするセリフ」

それは、

迷惑を掛けたくないから

です。

へぇーと思うのか、「そりゃそうでしょう」「ナットク!」なのかは人によって反応が異なるでしょうが、ちょっと聞いてください。

だいたい、以下のような文脈で登場する言葉のようです。

その➀

今も昔も若手は先輩に質問することをためらいます。聴きたいことはあるけれど、なかなか質問しに行けない、というのが古今東西、若手の悩みポイントです。

質問できない理由を尋ねると、以前は、「先輩が"近寄るな"オーラをバシバシ出しているから」「気難しい顔して集中しているので、声が掛けづらくて」という感じだったのですが、今は、

「先輩に声を掛けたりして、先輩に迷惑をかけてしまうんじゃないかと思うと、なかなか声かけられない」

という人が多いのです。

先輩側は、「質問すること自体はなんら迷惑じゃないんだけどな」と思っているにも関わらず、迷惑を嫌がり、質問しないと言う人が意外と多いんですね。

その②

子どもの頃から失敗経験が少ないのか、何かと挑戦することに臆病な人が増えたなーと思います。まあ、これだけネットが発達していると、一人の社員の失敗がおおごとになるのも見ているし、世界を駆け巡ったらどうしよう?と考えたら、びびるのも当然かもしれません。

一方、先輩たちは、「いろんなことやって、たまには失敗して、失敗からもたくさん学べるから、若いうちはやってみればいいんだよー」と朗らかに思っていたとしても、当の若手が及び腰だったりします。

自信がないから、なのかなと理由を聴けば、たいていの場合、

「失敗して、誰に迷惑をかけるかわからないから」
「上司や先輩に迷惑をかけたくないので」


とこれまた口々に言うのです。判を押したように。

・・・

「迷惑をかけてはいけない」というのは、家庭や学校で習ってくるのでしょうか?


後輩に「迷惑を掛けたくないから、失敗したくないし、失敗しないためには、成功しそうな仕事だけしたい」ってなことを言われたある先輩は、

「え、じゃ、それ、オレも思われているのかな。オレの失敗によって後輩に迷惑かけていることもあると思うけど、それも、ちっ!とか思われているのかな。職場って、持ちつ持たれつなのになぁー」

としょぼんとしていました。


組織で物事に当たっているのだから、多少のことは互いにカバーし合えばよいのだけれど、それを「迷惑かけたくない」と思うと、誰も何もできないですよねぇ。

「迷惑をかけたくないから」のさらなる真相とか、さらなる本音がどこにあるのかはわからないのですが、流行語大賞にしたいくらいに数多く耳にした「迷惑をかけたくないから」。

イマドキの若手の辞書にたくさん書いてあるようです。

ある先輩は、「もうこうなったら、私が失敗して、みんなにカバーしてもらうところをわざと見せたらいいのかな」などと言っていましたが、それ、うまくいくといいですね。(報告を待ちたい!)


===============================

みんなひっどい失敗をしているけど、そこから学んで、すごいことを成し遂げたんだよぉ~という、大人も子どもも読める本です。

「失敗学」といえば、畑村洋太郎先生。

Comment(1)

コメント

iso

「迷惑をかけてフォローされている自分を見たくないから」じゃあないかと思います。無論失敗したくないというのが根底にあるんでしょうけど、ただ失敗というだけなら自分の中で完結するもの。フォローというのは先輩だの同僚だのから自分が望まぬ形で関係性を持たされる、それが恥ずかしいし鬱陶しい。
チームプレーが何より勝利に大事なオンラインゲームでは、コミニュティではビッグマウスなのにゲーム上ではびっくりするくらい消極的な若い子が多いです。もちろん成績も悪い。こっちで僕がリスクを取るから君にはこっちを任すね、というのが全くできない。任されたくないし、任されて失敗しないようすごく消極的な動きをする(当然そんなのでは結果を出せないからチームの結果もアレ)。
たかがゲームの上のことなのに、妙にプライド高いんですよ。

コメントを投稿する