オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

現代のマネージャというのは「感情労働」なのだ。

»

先日、日経ビジネスオンラインの河合薫さんコラムを見て、「お!そうだ!そうだったのだ!」と膝を打ってしまった。

日経ビジネスオンライン
河合薫の新・リーダー術 上司と部下の力学

「部下はお客サマ?」 感情を切り売りする上司の憂苦

上司に求められる部下への“本物の感情”


http://business.nikkeibp.co.jp/article/manage/20140628/267707/


これを読んで、はっとした。
今や、上司は「感情労働」なのだ。

そう思ったら、イマドキの管理職の苦悩が理解できてくるし、
「マネージャになりたくねぇー」症候群の気持ちもわかるというものだ。

先日、「昭和上司」についてこのブログで書いた。Facebookでも話題にしてみたところ、友人・知人から意外に多くの反応があった。

「昭和上司、います!います!」
「昭和上司は、よく”死守”とか言います」
「昭和上司は、●●が口癖です」

出てくるわ、出てくるわ。

昭和上司に悩まされている部下たちの悲鳴と嘆息。

そういう昭和上司は、もはや化石で、平成になってからマネージャになった人、平成世代を見ているマネージャというのは、もう、そんな「昭和テイスト満載な上司」なんかやってられない。できない、無理。

あちらに気を遣い、こちらに配慮し、言い方を工夫し、表情に気を付け、ひとつひとつの言動を多方面から「これで大丈夫か?」と自問自答し、部下と接するというだけで多大なエネルギーを消耗する。

「感情労働」料が管理職手当に含まれているのだ、と言われたら、「うん、それ、割に合わないね。もっと頂戴」と思うに違いない。

昭和上司がいいとは言わない。昭和に戻りたいとも思わない。

一方で、平成上司のこの気の遣いようといったら・・。

つらいなぁ、つらい。上司はツラいのだ。

その辛さは、研究者も話題にしている。東京大学の中原淳さんは、近著『駆け出しマネージャーの成長論』の中で、「マネージャになる」ってことは、5つの課題があるんだ、と説いている。

●突然化:ある日突然マネージャになる
●煩雑化:こんなにたくさんやることあったっけ?昔の上司。
●多様化:部下が多様化していて、それぞれに対応しなければならない
●若年化:段階を経てマネージャになるんじゃなくて、修行期間なく上位職に
など。

上司の背中を見て、上司のあるべき姿を学ぶというチャンスもないまま、30代でいきなり上司になったり、4-50代の部下を抱えたり、あるいは、様々な雇用形態や価値観のある人を見なければならなくなったり、そして、プレイヤーとして業務もたくさん抱えていて、ああ、いったいどーすりゃいいのー、ということをいろんな角度から解説している。

イマドキの上司、つらいなぁ。

それでも、きっとやりがいもあるんだろう。

そうでなきゃ、やってらんない。

そのやりがいをもっと語っていけば、若手も「マネージャなんかなりたくない」症候群から脱却できるのかも・・しれない。

=========


以前、「説教バー」と開こうかなと思ったことがあるのだが、「共感バー」に商売替えをしようかしら、と思うこのごろ。老後の楽しみ。



Comment(0)

コメント

コメントを投稿する