オルタナティブ・ブログ > 田中淳子の”大人の学び”支援隊! >

人材育成の現場で見聞きしたあれやこれやを徒然なるままに。

「ゆとり世代」と揶揄するのはもうやめよう

»

「ゆとり世代」という言葉を誰が流行らせたのか知らないけれど(いや、ちょっと知っているけれど)、それを、若者を代表する「符号」のように使うのは好きではない。

たとえば、

「最近の新入社員って、自分で考えようとしないんですよね、ゆとりだからですかね」
「20代の社員って、指示待ちが多いんですよね、やっぱり、ゆとり世代だから自分から動く力が備わっていないんですよね、きっと」

なんて言い方を今でもよく耳にする。

以前から繰り返してここでも書いているし、講演やセミナーでも口にしているのだけれど、「ゆとり世代」「ゆとり」といってラべリングし、「だからですかね」というのはもうやめたいと思うのだ。

上記の発言主に、聴いてみることがある。

「なるほど。では、〇〇さんが新入社員のときは、自分で考えようとしましたか?」
「なるほど。では、〇〇さんが20代の時って自分から動きましたか?」

すると、

「ええ!もちろん!」

と答える方は少なくて、

「少しは考えましたよ」
「今の20代よりは動きましたよ」

と言う方のほうが多い。

それは本当かも知れないけれど、記憶を美化しているだけかも知れないし、今の自分と比べているのかも知れない。今の自分と比べているとしたら、比較対象が全く違うわけだから、それフェアじゃない。

「ゆとり世代」というけれど、「ゆとりのある教育」がどんなものかを詳細に理解している人はごくわずかだろう。世間で喧伝されている言葉をそのまま鵜呑みにして「ゆとり世代だから」と言っているケースのほうが多いんじゃないだろうか。

それはそれで「自分で考えていない」ってことになりはしまいか?

昨今の就職の厳しさ、新入社員研修の高度化、そして、入社してくる新入社員の至極優秀な様を見るにつけ、「ゆとり世代」どころか、反対に「ゆとりない世代」だとひしひしと感じる。

先日バブルよりちょっと後入社の40代の方と会って、「いまの新入社員のほうがよほど厳しい環境に置かれているよね」という話で盛り上がったのだが、その際、彼が言うには、

「僕は新人研修中、毎晩、講師(外部講師)を誘って飲み歩いてました。研修なんて、まじめにやってないし」

・・・そう、40代50代にはそんな人多かったと思う。まじめに取り組まない。

「それでも今ちゃんとマネージャになっている」
「それはそれで今は成長している」

と思うかも知れないけれど、「育ちやすい」環境だったことを忘れてはいけない。

「5年で一人前になればいいかなあー」と言われた40代もいる。のんびりしていたのだ。

今の新入社員に、そんなゆとりは与えられない。

2011年度入社から新入社員は劇的に変わったというのは私の現場感だ。

震災直後の入社。リーマンショックからの就職難。その他もろもろの要因がきっと重なって、新入社員はとてもまじめでしっかりしていた。

たとえば、3か月の新入社員研修期間中、誰一人として遅刻をしない。忘れ物をしない。

予習してくる、復習している。ぎりぎりに出社する人などほとんどおらず、30分以上前には会社について日経新聞を読んだりしている。

自作のお弁当も持参だ。

堅実で、まじめで、真摯である。

人事部の方も「あんなにまじめでしっかりしていて、新人らしい抜けたところがないことはかえって心配、無理していないだろうか」とさえおっしゃる。私も時々そう思う。

「ゆとり」なんかまったくない。

今週からクライアント先の新入社員研修がスタートするが、今のカリキュラムは本当に難しい。担当する講師にとってもとてもハードだ。当然、先週まで学生だった方たちは難易度が高い。

時々思う。「いま、私が新人だったら、決してこのカリキュラムを乗り越えられない」。

新入社員がもし「自分で考えない」ように見えるのだとしたら、「考えるための材料が少ない」のではないだろうか。

「自分から動かない」と思うのであれば、「自分から動くとはどういうことか」がわからないのではないだろうか。あるいは、新参者として、「勝手に動いていいかどうか」に迷っているのではないだろうか。

先に社会に出ている私たちができることは、彼ら・彼女らを温かく受け入れ、もし、異なる価値観があったらそれを理解しようとつとめ、そして、「絶対に外してはいけない軸」は伝えつつ、「もしかすると、若者の言うことのほうが正しいかも」と思えば、こちらも考えを変えてみて、そして、「ともに働く仲間」として、互いに高め合い、助け合っていくことではないだろうか。

私は、新入社員に「ですます」で話す。

それは、クライアント先の新入社員だから、ということもあるが、彼らをきちんとリスペクトしているからである。

「大人」として扱えば、「大人」として振る舞うものだ。

将来を担う20代である。

愛情を持って接していきたい。
新入社員には、誇りを持って生きていってほしい。

はっぴーな職業生活が待っていますように。


Comment(6)

コメント

Ifreeta

考えない人は、若い人達だけではなく全部の人達に当てはまりますよ。ちゃんと考えている人は少数です。

自分から新たに行動に移す人も少数です。

自分の頭で考えて行動を起こす人なんて数パーセントなものでしょう。

他人のことは良いから自分の振りを治すことを考えた方が良いのになあ。

TanakaJunko

IFreetaさん、そういう私も、考えていない人に分類されると思います。他者から見れば、いつだって。

なおき

淳子さんの『私は、新入社員に「ですます」で話す。』というところにとても共感しました。私も新入社員のころ先輩から「ですます」で話しかけられて「大人扱いされた」と非常に嬉しく感じたので、それ以来、自分の後輩や部下にも常に「ですます」で話すように心がけています。
この心がけを続けることで、仮に後輩が自分の上司または顧客になった場合でも違和感なく仕事ができる、なんて副次的な効果もあったりします(笑)

TanakaJunko

なおきさん、そうそう、後輩が上司になる時代ですからねー。私の上司も一回り以上年下ですよ。

たか

昔、とある芸人さんがコントで「自分の事を棚に上げなかったら、人のことなんか言えるか!」みたいなことを言っていましたが、正しくそのとおりじゃないでしょうか。ほとんどの人は自分が新人の頃を考えたら、今の新人に何も言えないと思います(自分もですが)。ですから自分の事は棚に上げて、さも自分はそうじゃなかったかのように振る舞うのでしょうね。

TanakaJunko

たかさん:自分もかつて言われたのですよね、「このごろの若い奴は」と。私も言われました(笑 歴史は繰り返す、と。

コメントを投稿する