オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

勝ち負けがあるから一生懸命やるし、おもしろい

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

ボクはこどものころから左目の視力がほとんどなくて、立体感がつかみにくい(というより、立体感がどういうものなのかを知らない)。だから、ちいさいボールをつかった球技が苦手だ。

そんなわけで、野球は苦手中の苦手で、ふだんはまったく興味がないのだが、この2日間はなぜか、radikoから野球中継が流れている。

野球が気になっている理由はたった一言、「黒田選手が引退するから」で、それ以上でも、それ以下でもない。「これまでがんばってきたのだから、最後は勝たせてあげたい。有終の美を飾ってほしい」――そんなところだ。野球は知らないが、黒田選手の男気は知っている。

野球に詳しい、詳しくないにかかわらず、ボクみたいな気持ちをいだいている人は多いはずだし、日本全体のムードは、ひょっとしたら広島に向いているのかもしれない。

そんなムードの中で戦う日本ハムもたいそうしんどいのではないかと思うが、昨日は、日本ハムが勝利をつかんだ。すごいなーとおもった。

そんなこんなで、どっちを応援したらいいのかわからなくなっている。

勝負ごとには、勝つほうと、負けるほうが必ずいる。負けたほうは悔しいはずだし、恨み節のひとつも出そうなものだが、日本シリーズが終わったときには、おそらく、負けたほうのチームのファンも、気持ちよく終われるんじゃないかーという感じがしている。それは、両チームとも、一生懸命戦っているからなのかもしれない。

今日もお読みいただきありがとうございます。最近、小学校では勝ち負けをつけないなんていうけど、勝ち負けがあるから一生懸命やるし、おもしろいってこともあるよね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する