オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

やる気とからだ

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

会社員ではないスタイルで仕事をしていると、仕事へのやる気は自分でコントロールしなければならない。

やる気は「出そう」と思って出るものではなく、何かしらの条件が整ったときに、うちがわから「出てくる」ものだ。その、やる気に大きな影響を与えているものの1つに、体調がある。

以前はあまり気に留めていなかったが、45歳を過ぎると、体の変化をひしひしと感じるようになった。よく寝て、目覚めのいい朝は自然とやる気が出てくるし、集中もできる。一方、前の日によく眠れなかったり、体調が優れなかったりすると、なんとなくやる気がでないし、仕事に向かおうとする気分が起きない。

体調がやる気に与える影響って、結構大きいのだなと、最近つくづく感じるようになった。

若いころは体力があるから、それほど気をとめないだろう。けれども、もし、「最近なんとなくやる気が出ないな」と思ったら、気付かぬうちにからだに負担がかかっているのかもしれない。意識的に時間をとって、ゆっくり休息してみるといいのかもしれないよ。

よく、「からだが資本」なんていうけれど、大事なことなのかもね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する