オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

今、本当に大切なのは「自分と向き合う時間」

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

今、本当に大切なのは「自分と向き合う時間を作ること」だと思います。なぜなら、スマートフォンなどの外の情報に触れることが多い分、自分の内面に向かうことが圧倒的に少なくなっているからです。

「自分の内面に向かう」とは、「自分と対話する」ということですが、ややもすると、本当の自分に気付かずに、まわりの情報に流されて、判断すらできないような人が増えているような気がします。

それらの人の特徴的な言葉遣いとしては、「○○なんだって」「○○って言ってたよ」「○○と書いてあったよ」などの言葉遣いです。自分の考え、自分の意見を述べるならば、「○○と言ってたよ」とは絶対にならず、「○○だと思う」「○○だ」と、主語は自分になるはずで、「○○さんが」「テレビで」とはならないはず。ましてや、「ネットで」とはならないはずです。

もちろん、楽しむ分にはいいと思いますよ。でも、思考力を身につけたり、行動力を身に付けたりするときには、「自分で考える」ということや、「自分の意見を確立する」ということが大切であって、誰かの意見をそのままうのみにしていては考える力がつかない。だからこそ、大切なのは、自分に向き合い、自分の感じていることをよく観察して、吟味して、考えを確立していくことだと思います。

それをブログに書くか、書くまいかはどちらでもいいことで、「自分はこうだ」という考えを確立していくことが、とても大切なのではないかと思うわけであります。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する