オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

昔取った杵柄

»

こんにちは、しごとのみらいの竹内義晴です。

久しぶりにトロンボーンを吹いています。高校以来約30年ぶりです。小・中・高と吹奏楽をやっていました。

今回、久しぶりに吹くことになったのは、母校妙高高原中学校(旧妙高高原町立妙高中学校)吹奏楽部の大同窓会があるからです。

最初は乗り気ではありませんでした(全然吹いていませんでしたからね)。でも、同級生に誘われたこともあって、「まぁ、ちょっとやってみるか」という感じで。

先日から練習をはじめたのですが、「一つのことに集中する」この感覚、なんだか新鮮です。普段、仕事で感じる集中とは、何かが違います。何が違うんだろう?「没頭する」という感じかな。それがとても心地よい。

また、「できなかったことができるようになっていく」楽しさもあります。仕事もこの感覚はありますが、もう少し長期的なのかな。短期間で上手くなっていく(正確には、取り戻していく)感覚がいいですね。もっとも、ある程度のレベルまで戻ると、それほど感じなくなるのかもしれませんが。

あと、一人じゃすぐに飽きちゃうと思うんですけど、数人で練習するのもいいです。いろんなパートが重なりあうと楽しいです。「セッション」って感じ?

というわけで、楽しく練習しています。一言で言えば、「昔取った杵柄」ですが、たまには、若い頃にやっていたことを改めてやってみると、「新しい楽しさ」を発見するかもしれませんよ。

最後に、お知らせ。

冒頭で申し上げたとおり、12/6に、新潟県妙高市にあります妙高高原メッセにて、妙高高原中学校吹奏楽部の大同窓会があります。ボクらの時代は吹奏楽部だったんですけど、今の生徒さんたちはマーチングに力を入れていて、山間部にある小さな学校ながら、全国大会にも出場しています。生徒さんたちの定期演奏会の後、OB/OGとの合同演奏会があります。

お近くの方はぜひ足をお運びください。詳しくはチラシにて。

また、OB/OGのみなさん、もしご都合がよければ一緒に演奏しませんか?楽器もできるだけ用意していただけるようです。ご希望の方は、チラシのメールアドレスに連絡していただくか、コメントいただければ対応します。

myoko_20151206_1

myoko_20151206_2

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する