オルタナティブ・ブログ > 竹内義晴の、しごとのみらい >

「しごと」をもっと楽しくしたい!

【大雨】冠水したところでの車の運転はさけましょう。車は水に弱いです

»

大雨で被害にあわれたみなさまにお見舞い申し上げます。

以前、自動車会社で働いていました。今も車が好きです。

テレビで、水の中を車で走っている映像が幾度となく放映されているのが気になっています。基本、車は水に弱い機械です。「冠水した道路を走ると廃車になる」ぐらいに思っておいてください。水位は、マフラーが一つの目安です。

理由は大きく分けると2つです。

  • エンジンは外部から空気を取り入れて動いています。空気の入り口が水でふさがれるとエンジンは停止し、脱出できなくなります。また、エンジン内に泥水が入ったままエンジンをかけると部品に傷がつき、最悪、エンジンが壊れます。
  • 電気系統に水が入ると本来流れてはいけないところに電流が流れ、感電する危険があります。電気系統がやられるとパワーウインドウも動かなくなり、脱出できなくなる危険もあります。

また、水位が高くなるとドアが開かなくなります。水で車が浮いたら、もう、どうにもできません。

エンジンがかかっていると、「まだ行ける」と思うと思いますが、少しでも水が確認できたら、水のないほうへ逃げてください。また、車が水に漬かってしまったら、エンジンはかけずにディーラーに連絡してください。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する