オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

応援される競技者・・青学大 吉田裕也選手

»

別府大分マラソンでの走りには、多くの人が感動したに違いない。自分もその一人だ。マラソン大会をTV観戦して感動したのは久しぶりだった。学生最高タイムも狙えたが、勝負した心意気がいい。解説の原監督も声を詰まらせていた。

マラソンコースの沿道から吉田選手に多くの声援があった。それはTVを通してからもわかった。「吉田、行けー」「吉田君頑張って」の熱い応援

これほど応援される選手は、なかなかいないだろう。彼が好感を持たれる理由は、「11番目の選手から区間新」「最初で最後の箱根駅伝」というそのストーリーもあるが、彼が「自分の言葉」を持っているからだと感じる。言葉で自分の走りや自分自身を表現できるから、多くの人に思いが伝わっていくのだろう。

これからも吉田裕也選手を見たいと思う。images.jpeg

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する