オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

アナロジー トンプソンルークとカートランビス

»

ラグビーW杯 日本代表にトンプソンルークが選出された。

サプライズ選出 個人的には本当に嬉しいし、チームには絶対に必要な選手。

アイルランド戦での25本のタックルは誰よりも多かった。

このトンプソンを見ていると、NBAにいたカートランビスを思い出す。

まさにアナロジー

この二人のプレーには「ひたむきさ」「泥臭さ」という共通点がある。

だから見るものを感動させる。

チームには色々な選手が必要だが、このような選手はチームには絶対に欠かせない。

バスケットの日本代表チームには、カートランビスのような選手が欠けている。そのピースが埋まれば、代表チームはもっと強くなる。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する