オルタナティブ・ブログ > 熊谷修司の最高のチームを創る >

組織、マネジメントの理論とその実践を、スポーツ・学校を通して考える。

アナロジー力〜喝采と星屑のステージ

»

「メモの魔力」を読んだが、そこでは「一見関係なさそうな二つのものに、共通性を見つける力」=アナロジー力、と書かれていた。

現象を見て、抽象化・言語化していく時の力である。

「これとこれって、同じだよね」という認識力のこと。

アナロジー思考という本も出ている。

「物事は、本質を捉えましょう」ということなのだ。

それにしても、自分がやっている作業を定義されると、評価されているような気がするから、嬉しい。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する