オルタナティブ・ブログ > THE SHOW MUST GO ON >

通信業界特殊偵察部隊のモノゴトの見方、見え方、考え方

NOKIAのCEOが11日に何かメッセージを出すらしい、という話

»

世界中で毎年何億もの携帯電話を売りまくっていたNOKIAの失速が深刻になってきたのは昨年くらいから。一時期は飛ぶ鳥も落とすくらいだった勢いが今は感じられません。Symbianの状況と裏腹で起きている製品ラインの複雑さや、世界中のあらゆるニーズに対応しようとするが故の動きの鈍さなど、ちょっと前からかなり深刻な状況だぞというのは業界筋ではずっと言われていました。

ちなみにそれらがどこまで現実的にNOKIAという一つの企業の経営に影響を及ぼしているのか、その業績は実際のところどうなのかっていうファイナンス面の状況などは上場企業ですから別途キチンと資料を見れば判るのでココでは触れませんが、結構深刻なのは事実です。

そんな折…

 

engadgetのこんな記事

ふむ。11日ですか。なるほどね。

いや、実は現在おそらく世界最大の無線通信サービス関連の展示会&カンファレンスであるMobile World Congressってのが毎年バルセロナで開催されるのですが、これが今年は2月の14日(月曜日)から17日(木曜日)なんですよ。で、11日その直前ひょっとしたら「決戦は金曜日」となるのかもしれません。

 

ふむ。しかし11日ですか。そうですか。

場的に、状況的に、何かを言わないといけないのは事実。立ち位置的に逃げ隠れする訳にはいかない。でも明るい未来だけを披露できる余裕が無いのは既に知られているわけで…

 

ふむ。本当に11日ですか?そうなんですか?

ちなみに日本は11日金曜日は祝日ですが、基本的に他の国は営業中。ってことでなんとなく日付の設定自体には納得できるんですが、まぁ、本当に11日に何かしら発表があるかどうかは判らないんですけどね。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する