オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

社員旅行がこんなに好評とは、想定外でした(1)

»

おはようございます。

覚悟していた冷え込みは無かった早朝です。3.5℃@5am

===ほぼ毎朝エッセー===

□□社員での台湾旅行(2)

「ええ~?二泊三日、それも海外。ずっと会社の人と~?重くな~い?」

海外、二泊三日の社員旅行と言えば、一般的な反応はTさんが友人に言われたという、上記のようなものでしょう。自分もそのリスクはあると思っていました。(海外社員旅行が決まったいきさつはこちら》)

ところがふたを開けてみると、皆が異口同音に「かなり充実していた」とか、「楽しかった~」とか、「リフレッシュした~!」とか。とても好評だったのです。自分自信も予想外想定外に楽しんでしまいました。(フェースブックにやたらと写真を張り付けてしまっていたくらい。^^;)

今回の台湾への社員旅行のレポートをしながら、何故楽しかったのかを考察していきたいと思います。

==

土曜日の朝8時集合。羽田空港に続々と参加メンバーがやってきます。Wi-Fiルーターを契約する人あり、すぐに出国手続きをする人あり。自分はビールを。基本的にはEチケットで自分でチェックインするという手配になっているので、基本的にそれぞれが別行動です。

総務・経企グループの3人はANAのカウンター近くで張ってくれています。なにやらトラブル発生。どうやら中国人メンバーの一人が台湾行きのVISA持参を忘れた模様。ANAの計らいで次の便へと無料で変更してくれることとなり、急きょ自宅に取りに帰りました。(中国人は台湾にはVISA無しでは入国できないのです。)

10917335_992522887424539_9201685475056303207_n.jpg

搭乗口でのチェックイン時に、これまた多数の知り合いの顔。ここもちょっと不思議な雰囲気です。団体行動ではなく、あくまでも個人がそれぞれチェックイン、なのですがやたらと知っている顔があちらこちらにいます。これも楽しいものですね。

そしてフライト。3時間強のフライトはやはり楽です。自分はワインを2本ほどいただき、映画を観ていたら到着です。飛行機の中ではそれなりに席がバラけていましたが、トイレにいくときなど、知り合いの顔がちらほら見えるのも楽しいものです。

台湾の松山空港に到着、入国手続きもスムーズ。それぞれに荷物を取り、ゲートを出ると「e-Janネットワークス様」と横長の紙に書いた目印を、先に出た台湾人メンバーのWが持って変顔で待っています。どうやらガイドさんから奪取した模様。

1013500_992774517399376_5916667941705267357_n.jpg 10917101_992774294066065_4092587381524713427_n.jpg

そこで全員が集まるのを待ち、人数をカウント。そこからガイドさんの案内に従って、外のバス乗り場までずらずらと歩きます。今回の初めての団体行動です。現地時間1時過ぎ。外に出ると、意外と寒いのに驚きます。日本からウィンドブレーカーを持ってきていて良かったです。

ガイドさんは60過ぎでしょうか。日本語の達者な台湾人男性。ぼそぼそと話すのですが、結構な情報量の多いトークでした。そのぼそぼそトークに乗っかりながら、市内のホテルには20分もかからないで到着します。ホテルのロビーで、これまたよく知った顔の人たちとの会話が弾みます。

ホテルのチェックインが3時なので、時間をつぶさないといけないかと若干心配しますが、ホテルの計らいで2時には部屋に入れました。残念ながらかなり古いホテルですが、エレベーターで「八楼到了」と録音された中国語が分かったときにはちょっと感動しました。昨年より社内で受講している中国語講座のおかげです。

さて、部屋に荷物を入れ、ボケボケしていてももったいないので下のロビーに出向きます。すると十数名かが下にいました。自分としてはSIMカードを入手したかったこと、台湾人の二人がいたことから、その十数名の団体に加わり、街に出向きました。

向かった先は小籠包が美味しいという高記というレストラン。さすがに真昼間、すぐに入れます。円卓二つを占拠して、それぞれのテーブルで注文した食べ物たちは、意外と薄味であっさりしていて美味しく、それぞれに舌鼓を打ちます。台湾啤酒(ビール)は軽い感じでなかなかいいです。

10923618_992808637395964_4628546977968098057_n.jpg 10301363_992808654062629_2562098928722552899_n.jpg 10940996_992808777395950_2129287108709777995_n.jpg

さて食後、SIMが欲しい3人で分かれ、セブンイレブンに行きます。コンビニでSIMが買えるのは便利です。ただし、パスポートや免許証などが必要、複雑な手続きでしたが10分ほどで入手できました。一緒に行ってくれた台湾人のSさんがしっかりと話をしてくれたので、すんなり行けましたが自力では無理そうです。ようやく自分のSIMフリー版iPhone 6 PlusにSIMが入れられました。データ通信が活性化するまでに3-4時間かかるとのことです。

時計を見ると、4時の九份へのオプショナルツアー集合時間まであと15分ほどしかありません。急ぎタクシーに乗り、ホテルへと駆けつけます。面白いことに地下鉄で戻った残りの人たちとほぼ同時に集合場所に着きました。そして250円くらいと。タクシーが安い!さて、出発です!

10392288_992823454061149_1220495637961908001_n.jpg

九份へのオプショナルツアーは大人気で、参加者43人中の38人がエントリー。千と千尋の温泉街町並みのモデルになったという場所です。そこへは1時間ほどの旅程なのですが、ガイドさんのぼそぼそトークを方耳に、流れる意外と古い街並みを写真に撮ったりしながら向かいました。

10177500_992823414061153_7543767964126272843_n.jpg

バスの中に皆がいるというのも意外と楽しいものです。助かったのは、なかなかデータ通信がオンにされないSIMカード、SIMカードがつながらないので、Wi-Fiルーターを持っている数名にテザリングしてもらい、地図を見ながら行けたこと、そして、つながらない問題を技術の人たちがいろいろと調査してくれたことです。

結果的にはバスを降りてすぐ、端末をリブートすると良さそうと、リブートし、SIMカードのデータ通信が活性化されました。これで一人でいても地図や情報が見られます。

旅先で仲間がいるというのは頼もしいものですよね!そしていよいよ九份探索の開始です。

10931001_992823387394489_8776677653096536288_n.jpg

(・・以下次号)

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する