オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

社長が大入り袋を全員に直接手渡しするっていいことかも

»

おはようございます。

冷え込みが続きますね。

==

昨夕、Notes関連技術的問題の調査のために日本IBMのSさんが、e-Jan社内に入りPC作業をしてくれました。その後、彼とお話しをしていたのですが、e-Jan社内の雰囲気は、古き良き時代のロータス株式会社ととても似ているというのです。

あちらこちらで真面目にディスカッションされている。皆が製品をよりよくしようと同じ方に向かっている。そんな渾然一体となったエネルギーが感じられたというのです。ちなみにSさん、うちのオフィスの中に入ったのは初めてだったそうです。

==

アメリカのLotus社は元々、Lotus 1-2-3という表計算ソフトで有名でした。その後、CCメールやLotus Notesを開発し、大きく成長したベンチャー企業です。Lotus NotesをOS2対応させたことがきっかけだったのか、結果的にはIBMに注目され、1990年代に買収されてしまいました。

日本法人だったロータス株式会社は、アメリカ本社買収後も、しばらくはNotesの開発と販売を独立した形でやっていたそうです。いわゆるベンチャー企業の雰囲気を継続していたのですね。そして、いまだに「Lotusが大好き、黄色が大好き」という人たちが多く残っているところに、その頃の雰囲気の良さが想像できます。ちなみに、黄色はLotusのロゴ、シンボルカラーでした。

Pic_1_lotus_yellow

その頃の雰囲気を物語るようなことも聞けました。

==

「四半期ごとに目標を達成するじゃないですか、
  すると社長が大入り袋を一人ひとりに直接渡してくれるんですよ。」

「へぇ、赤い袋に『大入』って書いてあるやつですね。全員にですか。」

「はい。」

「で、中にはいくらくらい入っていたんですか?」

「一万円です。」

「おお、いいですねぇ。
 あれ、でも、それって所得税引かないと脱税になってしまいませんか?」

「はい。所得税は翌月にしっかりと天引きされていましたよ。
  で、もらうと、たいていはすぐに飲みに行って使ってしまう (^^;)」

「その頃のロータスって何人くらいいらしたんですか?」

「東京・大阪・名古屋・福岡、、確か500人くらいだったと思いますよ。」

「へぇ。500人にかぁ。社長から一人ひとりに。」

「でも、モチベーション、めちゃくちゃ高まるんですよ。
  だって四半期に一度、目標が達成できれば、社長に直接渡されて、
 そこで一言話せるわけですからね。
 上手くいったらみなで喜ぶ。未達成だったらもらえない。」

「なるほどねぇ。確かに。
 大企業なんかだと、年に一度社長を見かけるかどうか、なんてところですからねぇ。」

==

大入り袋、いいですね。いいことは真似る。

Ooiribukuro

どのような形で実現できるか、明日は土曜日の経営会議です。話し合いしておきます。

Comment(2)

コメント

鵜瀬

ソフトバンクのコーポレートカラーも黄色ですね。
海外で黄色は、「安い」というイメージがあると聞いたことがあります。
日本の会社のコーポレートカラーで多いのはブルー系統でしょうか?
e-Janネットワークスもブルーですか?

鵜瀬様、

黄色やオレンジは元気というイメージで、弊社も当初はオレンジを使っていました。でも、次第にカッチリした要望にお応えするのはブルーがいいと、CAHCATTOもe-Janもロゴはブルー系統の色になっていきました。

コメントを投稿する