オルタナティブ・ブログ > 坂本史郎の【朝メール】より >

ビジネスモバイルITベンチャー実録【朝メール】から抜粋します

映画のアバター、びっくりしました

»

Twitterを経由して、いろいろな人から凄いと噂を聞いていました。ちょっと早めの冬休みに入り年賀状も出し終えた今日、妻子を連れて行ってきました。川崎ラゾーナの109シネマにあるIMAXの3Dで上映されている"AVATAR"です。

入場すると、左右が赤と緑の3Dめがねを渡されます。確か子供の頃、テレビ版のオズの魔法使いでテレビ放送したときと同じ原理です。Wikipediaで調べると次のようにあります。

1974年10月5日から1975年3月29日(午後7時30分~8時)にかけて日本テレビ系で放映していたテレビドラマ。全26話。シェリー主演。11月より番組中数分間、赤と緑の色眼鏡を使う立体映像を取り入れていた。

3Dに関しては実に35年経っても同じ(かなり原始的な)原理であることに少しがっかりしてしまいます。ちなみに、ディズニーランドのキャプテンEOやミクロアドベンチャーでは、偏光めがねを使っていましたから、こちらの方が上等なのか、どうかはわかりませんが、AVATARは赤と緑のメガネでした。

さて、乗り物酔いなどを心配していたのですが、後ろ目の席で観たこの映画、正直なところ、ずっと圧倒されっぱなしでした。途中からは3Dであることなども忘れてしまいます。テーマも内容も自分の大好き系です。2時間2041分という長い映画にずっと引き込まれていました。とにかく「凄い」の一言です。乗り物酔い系映像に弱い妻も大丈夫でした。

近頃、とかくアメリカのことを蔑視するような風潮もありますが、IT分野においてのiPhoneなどに限らず、これほどの進化した体験ができるものが、ポンっと出てくるあたり、ものすごく奥深い文化だと、その底力を感じてしまいました。

★Star WarsやStar Trek系が好きな方、はまること請け合いです。その何倍も凄い体験かも。是非、最高の3Dで体験されることをお勧めします。

Comment(2)

コメント

ヴィヴィ

とうとう映画3D体験されましたか!以前3Dの感想をリクエストしたものです。私はスターウォーズ好きなので、最高でした。奥行きが凄かったですね。アメリカの映画、本当に発想のスケールの違いに驚かされます。

ヴィヴィさん、3Dについて推薦していただきありがとうございました。クリスマスキャロルではなくてすみませんでした。3Dといえば、Nightmare before Christmasを2年ほど前に観たのですが、そのときはコンピュータグラフィックスばかりで、ちょっと疲れた印象がありました。2年経ち、おどろいくほど技術が進化していていました。さらには実写とコンピュータグラフィックスの差が殆どわからないほどに緻密に精巧さ追求していました。こういったことを実現する精神力、本当に尊敬してしまいます。見習わなければいけないと思いました。

コメントを投稿する