オルタナティブ・ブログ > 隠れた財産 >

Make Applications More Valuable

日本語化ではなく日本化を

»

CNET Japanに掲載されていたEMCジャパンの新社長の決意表明です。

これは、外資系のソフトウェア会社にとって共通のテーマです。

ソフトウェアのカテゴリによって程度の差こそあれ、日本の風土にあった仕様というものがあるということはまず間違いない所でしょう。

しかし、ほとんどのソフトのローカリゼーションのレベルは、メニューやフォームの文言を単に日本語訳したものを大きく超えていません。

結果として、それを使う日本のユーザは、文句を言いながらも、我慢して使っているという状態だと想像します。

という観点から、日本化というもっと踏み込んだ決意表明は、当然ウエルカムというところだと思います。

しかし、これは言うは易し行うは難しの典型です。

まず、

  • 日本に求められているものが何であるかを理解すること
  • オリジナル版(英語版)との整合性を取ること
  • 要求の強いものを実装することが、長い目でみて良いことかを判断する

この部分は、ローカルオフィスのマーケティング部門がかなり強力な組織でなければ、ロジカルシンキングに長けた欧米の開発部門を説得するのは、至難の業です。

そして、この部分を突破できたとしても、本質的にもっと難しいのは、

上記の作業を1年くらい続けるのは、そんなに難しくないですが、これを10年以上継続するということは、それ以上のエネルギーがいるという点です。

結局は、本社のトップの強力なコミットメントとそれに答える結果の継続というのが必須条件です。

何か否定的なニュアンスになってしまいましたが、どういう結果になるかしばらく興味深く見ていきたいと思います。

Comment(1)

コメント

日本化というのも実は?ではないかと思います。

ヘッドクオーターの開発の立場から言わせていただければ、日本から日本固有の機能を実装してくれと言われても、これはdefer候補とかNo Plan to implement候補になりやすいです。なぜなら、それは日本固有の機能であり、他の言語じゃどうなの?とか他の言語じゃ適用できないっぽいとかいう話になりやすいからです。これもやっぱりローカライゼーションの一部です。

じゃあ、どうしたら欲しい機能を入れることができるかということですが、これは話的には、ある言語に限った話をするのではなく、グローバリゼーションとかインターナショナリゼーション/国際化という観点で話を持って行く必要があります。
例えば、簡単な話でいうと、カレンダーの表示なんだけど、日本の年号のカレンダー表示してくれとかないかというのは話が通りづらいと思います。そのかわりに、日本だったら日本の年号で、中国だったら中国の旧暦で、イスラムだったらイスラム旧暦で、それぞれの計算方法はこんな感じだとかで、これだけの言語でこれだけのローカルなカレンダー表示が必要だという話を持って行けば、より現実的になります。

さらに話をもっていくと、その製品のコードを見れて、この機能を入れたい、プロトタイプはこんな感じなんてところまでいくとかなりいい感じだと思います。そうすると日本で国際機能の開発ができて、国際開発部みたいなのが作れて、お金も入ってなんて感じにもなると思います。

なんて適当に思っていることを書いちゃいましたが、いかがでしょうか。

コメントを投稿する