オルタナティブ・ブログ > ミッキー・グレースの頑張れニッポン! >

世界から憧憬される骨太なニッポンになろう。カリフォルニア発日本応援歌

英語でコーヒータイム(17) Houw do you take it?

»

アメリカにいるとボキャブラリーが1000個もあれば十分に英語で生活できるような気がします。特に動詞は、get, take, haveなどのベースとなる動詞がいろいろな使われ方をしています。

昨日訪問したクライアントオフィスで会議室に通された時のこと。

"Would you like anything to drink? Water, coffee, tea?"
"I'd like some coffee, please."
"How do you take it?"
"Some cream would be nice. Thank you."

もうおわかりになったでしょう?
この時のitはコーヒー。Takeは「飲む(受け入れる)」というニュアンスです。
あなたはそのコーヒーをどのようにお飲みになりますか?
⇒ コーヒーに何か入れますか?
という意味なのです。

How would take it? はハンバーガーを頼んだ時のケチャップとマスタードをつけるかつけないかのオプションや、紅茶をミルクティーにするかレモンティーにするかなど、オプションがある時に良く使われます。

How would like it?
という言い方もあります。まったく同じ意味です。

また脱線しますが、How would like it?をHow do you like it?に変えると、「気に入りましたか?」「いかがですか?」「おいしいですか?」という意味に使われます。
"Would you like to try this wine?"
"Okay, thank you."
"How do you like it."
"It's very good. I like it very much. Which label is it? "

When it comes to coffee, I like mine black.

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する