オルタナティブ・ブログ > ミッキー・グレースの頑張れニッポン! >

世界から憧憬される骨太なニッポンになろう。カリフォルニア発日本応援歌

英語でコーヒータイム(12) Pledgeとpromise 寄付と公約と約束

»

アメリカNational Public Radioの春の Pledge Drive がやっと終わりました。
Pledge は、通常、選挙でよく出てくる「公約」とか「(固く)約束する」という意味で使われます。名詞も動詞もあります。辞書にはあまり出てこないかもしれませんが、今回のように「寄付する」という意味もあります。特に、金銭的な寄付をする場合に使います。Pledgeには「入会することを約束する」という意味もあるようですから、入会金を払うという意味を込めた寄付なのかも知れません。

寄付というとすぐに思い浮かぶのが donate / donation ですが、pledge と donation とはどこが違うのでしょう?
Donate はとても一般的な単語です。
寄付するものも、金銭、物品、時間など幅広く使えますし、特に含みを持たない単語です。単純に「無償で何かを提供すること」を意味するのです。

Pledgeは「公約する」「誓う」という固い約束の意味がありますが、それではpromise と pledgeはどこが違うのでしょう。
promise と pledge は、そのまま置き換えて使っても良い(interchangeable)と言っても過言ではないほど、意味も使い方も同じです。強いて言えば、pledgeは口頭での約束というニュアンスがあるくらいです。

政治家が該当演説する時の公約はpledgeです。でもそのせいか、固い約束のはずの pledge が「口約束」のように聞こえてしまうのは皮肉なことです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する