オルタナティブ・ブログ > 大塚秀樹の“マーケティングマインド”の醸成 >

技術で勝って、商売で負けていませんか?

増税を延期すれば景気は良くなるか?

»

business_conditions.jpg消費税の増税を延期すれば景気は良くなるのでしょうか?

答えは「ノー」だと思います。
増税前に駆け込み需要が少し発生し、増税後に起きる景気の落ち込みを無くす効果くらいしかないのかもしれません。

世界、それも期待していた新興国の景気の弱含みの影響ばかりが言われていますが、他の要因もあるはずです。
それも国内特有の要因が。

筆者は、国民から見た将来への不安が一番の、買い物を控えさせる要因だと思っています。

同様の意見は一部の有識者の間でも出ていますが、もっと強調されてもいいのだと思います。

重要なのはここからです。
買い物を控えさせるこの不安がどこから発生しているのか?という点です。

  • 我が国が今後この先、経済が成長しないこと
  • 前述にも繋がりますが、少子高齢化による国力の衰え
  • AIやロボットの登場による仕事の減少
  • 社会保障制度の破綻
  • 国家財政の破綻

以上、これらの1つ1つが幾十にも重なって、人々の心の中で鎖となって身体を縛っているのだと考えます。

上記に挙げた5つの項目には掲出しませんでしたが、ITによる業務の効率化に対する恐れを抱いている人たちも多くいるのだと推測します。

それでも私たち、ITに携わる仕事をしている者としては、あくまで「人々を幸せにする為のITの利活用」というミッションからぶれる事のない仕事をしていきたいと思っているのです。

「社会的な課題をITで解決していく」
ということだと思います。







Comment(0)

コメント

コメントを投稿する