以前、区役所に行って住基カードをもらってきた話をしましたが、あれは確定申告..."> 以前、区役所に行って住基カードをもらってきた話をしましたが、あれは確定申告...">
オルタナティブ・ブログ > インターネット団体職員の独り言 >

インターネットとそのガバナンスについてつらつらと

電子的な確定申告

»

以前、区役所に行って住基カードをもらってきた話をしましたが、あれは確定申告のため。
確定申告の締め切りは3/16(月)。それを過ぎているということは、とりあえず完了しているわけだが、いろいろと思うところがある。

準備
住基カードと電子証明書をもらってきたのが2月初旬。
ICカードリーダーは区役所がくれた対応表の中からWinでもMacでも使えるやつをAmazonでクリックして買った。それをインストールしながら、e-taxのページを読んで作戦を練った。冒頭にe-Taxを始める流れが書いてあった

Etax

ので、これに従った。開始届出も利用識別番号の取得も完了。ここまでMac上で作業してきた。JPKIソフトはMac版があって、証明書がMacで使えることも確認できた。しかし、e-taxソフトはMac版ないように見える。しょうがない、Parallels上のWindowsでやるか。というわけで、e-taxソフトもインストール。

e-taxソフト不親切?
e-taxソフトで作業しようとすると、これが全然分からなくなる。去年まで、国税庁のWebページでフォームを埋めていくとPDFの書式が完成する、というシステムを使って書式を完成させて、手持ちしていた。このシステムは良くできていて、

 国税庁のWebページに行って、
 作成開始をクリックすると、
 申告書を埋めていきながら、
 必要に応じて添付資料を作成しつつ、
 当然計算はWebの向こう側でやってくれて、
 必要な書類全てがいつの間にかできあがる。

になっていたのだが、e-taxソフトにはそのような親切心は一切ないように見えた。

それでもめげずに、Webのシステムができあがる前に自力で紙の書式を完成させていたときのことを思い出しながら、埋めていくことをトライしたが、早晩に音を上げた。ダメだ、これじゃ仕上がらん。

Webのシステムで一度書き進めてみると、書式の埋め方分かるんじゃないか、と健気にも思って、Webのシステムに行ってやってみたところ、程なく分かったことは、

 e-taxソフトなんかインストールする必要全くなくて、
 Webのシステムで書き進んだ先に、「電子申告するか、印刷して手持ちor郵送するか」の選択ができて、
 結局Web上で電子申告が可能だった

ということであった。なんだよぅ。。。。それならそうと先に行ってくれよぅ。というわけで、割といつも通りの申告作業とあいなった。

落とし穴2つ
電子申告は、
 紙のエビデンスを提出する必要がない
 5000円の電子申告減税がある

ことをウリにしている。医療費控除を使う身分としては大量の領収書を送るのがいつも鬱陶しいので、紙のエビデンスを送らなくて良いことは、大きなメリットの一つだった。しかし、


●落とし穴1:医療費控除のためには、全領収書の情報を入力しないといけない
うっ、そうきますか。全部で150件くらいあったのかなー。これを全部入力。ある程度整理しないと打ち込めないので、結局一旦エクセルに入力して、ソートした内容をWeb上で打ち込むことに。
これだけでも大変なんだが、途中何度も、「全部項目クリア」みたいなショートカットキーを触ってしまい、1からやり直しという羽目に。たぶん、全件3回通しくらいの回数を入力したと思う。何度一人で大きな声を上げて落胆したことか。orz


●落とし穴2:結局、住宅ローン残高証明は提出省略にならず、郵送or手持ちの必要あり
完全なペーパーレスにはならないのね。。がっくり。残高証明だけ紙が必要な理由が、わからんよ。ペーパーレスでないなら、医療費だって領収書送りつければ良かったんだよ。。チェッ。


という大きな落とし穴に落胆することはあったが、それ以外はいつも通りにスムーズに。
送付に当たっても、Web上で利用識別番号を入れて、ICカードリーダを接続して住基カードをおいて、この辺からはSSLやVPNを、ハードウェアトークンの証明書で使うときのいつもの要領で、特に引っかかることもなく完了。

そうだよなぁ、WebでPDF作成までできちゃうんだから、それを証明書で捻って送れば済むわけじゃん。最初にイメージしていた要領の通りじゃないですか。e-taxソフトは、きっと、個人事業主とか会社とか向けだったんだろうな。。

そうならそうと、分かるように書いて欲しかったよぅ。。。

やっと要領が掴めた。来年は楽ができそう。

Comment(4)

コメント

もう何年かe-Taxで申告していますが、毎年どうやるのか忘れます。1年に一度のことなので仕方がないのですが。

それと困るのが、電子証明書には3年だかの有効期限があること。取得しているのがこの時期なので、微妙に有効期限が足りないなんてことになり、間際になってあたふたしますので注意が必要です。

koutaさん、e-taxソフトでご申告なさってますか? だとすると、僕が今回e-taxソフトで申告しようとしたときみたいに、不親切さのあまり覚えきれないという現象はありそうですよね。

僕は住宅ローン,給与複数,雑収入,医療費控除を含んでいますが、白色の確定申告で済みまして、Webのシステムに従ってやっているとやり方忘れるってことはなさそうです。

書いたみたいに不満は若干ありますが。


あと、電子証明書の有効期限は、ご指摘の通り確定申告の直前に到来しますね。確かに。。

MANN

毎年、紙で申告していた者です。今回初めて電子申告をしました。
 医療費控除の領収書は、医療機関(調剤薬局を含む)毎に(領収書の紙のサイズに合わせてホチキスで)まとめて(電卓で2回以上計算結果を確かめた)小計を入力し、家族が同一医療機関で受診していたら氏名・続柄も複数分まとめて(「山田花子、太郎」・「妻、子」とか)入力しても大丈夫だと思います。(平成19・21年分の領収書が混じらないように注意します。)
 住宅ローンの方は、残高証明書を勤務先に提出して年末調整で済ませることができれば、確定申告で手続きする必要がないと思います。

MANNさん,

ありがとうございます。
仰せの通りです。

医療費の領収書は、ま、手元においておく必要もないので送ってしまえばよくて、であればいちいち入力することもなかったのは事実。

ただ、なんだか気持ち悪いんですよねー。医療費全額払ってくれているんであれば領収書なくなっても筋が通ると思うのですが。。


住宅ローンの件のほうは、来年は勤め先に出してしまうことにしてみます。

コメントを投稿する