オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

つたない英語でいいのか、悪いのか、容認する人、否定する人

»

独立する直前(2006年6月)まで正社員として在籍していた、企業向けシステムを開発・販売するソフトウェア会社(米国ナスダック上場)では、英語が完璧ではない人が一生懸命英語を話すことを容認する環境がありました。

直属の上司はインド人、ドットでオーストラリア人の上司にもレポート。電話会議は中国人、シンガポール人、オーストラリア人。そんな状況でした。なんとか言葉にしないと、仕事にならないわけです。スケジュールを「シェジュール」と発音され、何度も聞き返したり、hence とか、オキドキ とか、変わった言葉を使う人がいたり、語尾が「ラ}で終わるシングリッシュに悩まされたりしましたが、「いろいろな英語」に触れて、だいぶ能力が上達したように感じました(このあたりの話は、月刊asciiに2006-2008年に連載していましたので、もしご興味あれば、どこかでバックナンバーをご覧ください。弊社オフィスに読みに来てくださってもOKです)。

当時社内に、一生懸命英語を話す50代後半のセールスマネジャーがいました。誰も彼のことを笑いませんし、ちゃんと通じていました。まったく英語が話せないまま、アパレル系の企業から転職してきた40代前半のコンサルタントは、だんだん話せるようになり、3年後は英語で海外の顧客前でプレゼンしていました。

そんな環境にいたので、ぼろぼろ英語でも、詰まってしまっても、とりあえず英語で話すという状況におかれた私だったのですが、独立後の仕事で、ひどくショックな出来事がありました。

それは某社CEOのインタビューを私がすることになったときに起きました。「あなたの英語はスムーズでないので、通訳をつけますから日本語でお願いします」と日本人スタッフに言われたのです。これこそがまさに、日本人の英語の上達を妨げる考えですよね。昨日のブログで書いたツイッターの話とも関連しますが、「完璧でないもの」を排除したい人というのがいるのです。

そんな体験もしましたが、その後マーケティングコンサルのクライアント先として担当したシリコンバレーの某企業の日本支社では毎週のように英語での電話会議に参加しました。来日したエグゼクティブとも1on1で打ち合わせ。もちろん英語です。誰も何もいいません。流暢でなくても、ちゃんと通じています。

でも、人によって考えは違います。英語がとても流暢なことを重視する企業もあれば、英語はコミュニケーションの道具として話せればよいという企業もあります。確かに、流暢であるほうが良いとは思います。でも、原点に返れば通じることが重要なのです。まずはそこからだと思います。

語学はもともとの素質もありますし、年齢的なものもありますし、勉強にかけられる時間も限られており、全員が流暢に話せるバイリンガルになれるものではないかもしれません。でも、「仕事の道具」として相手とコミュニケーションをする英語は、多分誰でもある程度は身につけられるように思います。まずは「通じる」を目指して、自分のできる範囲で努力していきたいものです。

そして、流暢ではない人を笑ったり、否定したり、間違いをバカにするような行為は慎みたいものです。そしてもし、誰かにバカにされても、その言葉は受け止めず、流してしまいたいものです。

以上、英語の苦手な人の言い訳っぽくなってしまいましたが、皆さまの英語にまつわる体験談などもお聞きできたらと思います。

Comment(16)

コメント

私は昨年6ヶ月間インドに行きました。
つたない英語力だったため、
インドでは最初の1ヶ月英語研修をつけてもらえました。
で、インド人の英語の先生なのですが..

英語を公用語にしている彼らも母国語は別にあり
実質第2外国語です。
しかもなぜか発音はアールを巻くので
何言っているか聞き取りずらいのです。
serverをサルバルは、まだいいのですが、
whereをウェールと英語の先生が発音するため
英語力の少ない私は理解するまでとても苦労しました。

で先生(大学院生・女性)が、
教えるのは徹底的な単語力、それと文法。

インドでは英語が第2外国語であり
文化としての愛着はないので
ようは言っていることが理解できればいい
という立場、日本人と同じなのです。

いったことはないですが、
シンガポールなんかも同じじゃないかなと
想像します。

でも、英語を母国語としてしゃべる国だと
文化として誇りに思っていて、
変な発音だと不快に思う者なのでしょう。

私は関西出身で関東に出てきているので
たまにかえると
おまえの関西弁は違う
とか
東京に魂を売ったのか
とかよく言われます。
ひがみも入っているかもしれないけど、
関西弁という文化を愛しているから
と言う面もあるのではないでしょうか。

結局、結論はないのですが..
そういう人はいて、
できればこちらの立場も理解して欲しいですね.

NetCat

>某社CEOのインタビューを私がすることになったとき
>に起きました。

外国人の英語に慣れてる人達はかなり発音が微妙でも理解してくれますが、外国人と話す機会が余り無い人達はそうはいかないので多少の諦めは必要だと思いますよ。

それに、言葉がうまく喋れないない人間は多分迷惑なんですよ。理解してあげないといけないので。そういった事に労力を使いたくない狭量な人達もいるので、通訳を付けるというのは必ずしも間違っていないと思いますよ。一生懸命頑張った人のプライドをズタズタにする行為ですが。

>つたない英語でいいのか、悪いのか、容認する人、
>否定する人
残念ながら、それを決めるのは私達の話を聞く側の人達です。私が決められるなら、「つたない英語でいい」と言いますが、大抵の人は「もっと分り易く」と要求してくるでしょう。

sis

ビジネス上での英語力がどうあるべきか、は別として
おっしゃるように、日本人の性格として完璧主義、完璧じゃないなら使うな、使うのはやめておこう、という空気がありますね。
少しでも間違おうものなら、すぐに揚げ足をとって「それ見たことか」とこき下ろす。
そもそも日本国内は英語を学ぶためには最悪の環境だと思います。

また、日本語は片言だが優秀な外国人より、能力は平凡な日本人のほうが採用率が高いように思います。そういう新しい風を取り入れる寛容性も低いように思う。
すべての根本は、外国人と接する機会がほとんどなく免疫がないからかもしれませんが。

phuong

私はアメリカに2年アジアに15年働いています。まず、人の英語を笑うあるいは、理解するのを惜しむ人間とは仕事ができません。その人の本当の言葉を聞くというのが大事だと思います。上述されていたシングリッシュに関しても訛りなど気にせず堂々と話しているし、大体黒人独特の英語やオージーの英語、もっと言えばクィーンズイングリッシュとカリフォルニアイングリッシュなんて、全く別世界。ここで言う流暢に話すという意味さえわかりません。国連では訛りのない演説は信用されないとさえ言われているわけで、英語を母国語にしている彼らに、流暢かどうかなんていわれる必要はないと思います。もし言われたらその本人がよほどアホと考えるべきです。私が今まで駐在したマレーシアでもフィリピンでもベトナムでもみんな必死に単語で話しかけてくる(フィリピンは違うけど)これが本当のコミュニケーションだと思います。皆さん気にせずガンガン話しましょう。怖がる必要卑屈になる必要は全くありません。むしろ語学教育のない人々を哀れみましょう。彼らにはその苦労がわからないだけ、人生を損しているのですからね

私の経験ですが、だいぶ高齢になってから、インドネシア、シンガポール、タイ、などの日本語が通じない会社を相手に仕事してきました。英語はRの発音コンプレックスで、うまく話せませんが、相手が言っていることは不思議と理解でき、仕事での障害にはなりませんでした。あとで思うとどうしてコミニュケーションできたんだろうと不思議。
今、フィリピンに住んでいます。フィリピン語にはRの発音が無いし覚え易い、補助的に英語を使ってもOKだからです。
最近ですが、「トステブレ食べる?」と言われ、「トステブレってなに?」と聞き返したら「ティナパイ!」(フィリピン語でパン)あ〜、トーステッドブレッドって言ってたんだ。子音で終わる単語が聞き取れない日本人、だって日本語には「ん」しかないでしょ? 無理。

Mat

私は海外暦15年で現在、英国に住んでいます。最初に星港を経験した時、英語の観念が完全に崩壊しました。それからは現地の人が驚くほど上手なシングリッシュを喋りました。欧州にきてからもドイツ、フランス、ハンガリー、チェコ、イタリア、クロアチアと英語を母国語としない人達と仕事をしていますが何一つ苦労しません。ただ一つ苦労するのは英国人、特にスコットランド人です。皮肉ですね、英語母国語の人の喋る事が一番分かりづらいなんて。言葉はtoolですからそのtoolを使いこなせば仕事でもprivateでも、我々が日本人でも、関係ないでしょう。東欧にもいましたが英語なんて何の役にも立ちません。むしろ、ドイツ語のほうが通じます。

一方で、英語を含めた言葉を日本人はもっと勉強しなければならない事も確かです。加えて、日本の文化、歴史を海外の人に伝えられるくらい勉強しなくてはなりません。そういった意味での向上心はもって欲しいと思います。英国で英語の先生になる為の学校に通いましたが英国人が文法に四苦八苦しているのをみて、自分もまた更にやってやろうと思いました。toolとは言え、よりbrush upした言葉を喋りたいという欲望は抑えられません。

アジアで、北米で、欧州で仕事をしても我々は良い仕事をします。でも、慢心はいけません。言葉の問題、というより中身の問題、だと多くの人に気が付いて貰いたいですね。

greenstone

国際語としての英語はESL(English as a Second Language)です。お国訛りがある方がいいという人も少なくありません。むしろ日本人で英語を勉強している人が一番発音にうるさいことを言うと思います。
でも上手な英語を話す人は、発音に慣れてくると分るようになります。これまで一番分らなかったのは、香港、シンガポールの土着の人の話す英語でした。でも英人などのNative Speakerは分るので、大したものだと感心しました。

kamokamo

日本人が、英語が出来ない理由は、学校英語で、正しい英語と、正しくない英語を峻別しているところから来ていると思いますよ。だから、そこで、良い点を取って、正しい英語を取得したと思っている人たちにとっては、間違った英語は許せないと考えるのも自然のことなのかもしれません。間違った英語を話すことが恥であるとか、みっともないとか考えることが既に、間違いです。イヤ、その事こそが、日本人の英語嫌いを増産している最大の理由だと思います。先ず、入試から英語を無くすことから始めるべきです。間違った英語は恥であるとか、正しい英語こそ価値があると考えるから、意思疎通が出来なくなってしまいます。
 私は、ロシア圏、中国、ブラジルなど非英語圏で主として技術指導に携わってきましたが、お互いに、ブロークンで、なんの支障もなく仕事が出来ました。勿論、競合する相手とか、騙し合いの駆け引きなどでは、それなりに緊張もありますが、そこは其れ、駆け引きに慣れれば、何とかなるものです。必要なら通訳をつければいい。
 問題は、互いに理解し合おうとする関係を作れるかどうかです。解らないのに解ったような顔をしないことです。
 そんなぐちゃぐちゃの英語でやり合っていると、ロスで降り立った売店の女性が、ネイティブのきれいな発音で、イエスサー何てやられると、嗚呼、何て楽なんだとほっとします。
 必要なことは、言葉より信頼関係を築くことです。
 信頼関係が構築できないような関係であるならば、英語が出来るようなふりはしないことです。早とちりや、勝手な思い込みは災いのものとです。騙されるような状況に於いて尚、流暢であることなど全く意味のないことなのですから。

Ifreeta

全てを英語で話す必要はないと思います。某社長の会見は、英語でやりました以上のことは伝わってきませんでした。

言葉は伝われば良いのでなまりがあるかどうかは関係ないと思います。私の場合は、そばにパソコンを常備して話していました。

ロシアの友達にはいつも、パソコンソフトで翻訳したメールを送りますが、用件は伝わっているようです。

ミックジャガーは、ミドルクラス出身なのに、デビューしてしばらくはワーキングクラスの英語を使ったと聞いたことがある(他のメンバーにワーキングクラスがいるので、自然とそうなったのかもしれないが。)。ワーキングクラスの英語は、それ以外のクラスのヒトには意味が通じないこともあると聞いたが、本当だろうか?それにしても、いろんな英語があるものですね。

ミックジャガーは、ミドルクラス出身なのに、デビューしてしばらくはワーキングクラスの英語を使ったと聞いたことがある(他のメンバーにワーキングクラスがいるので、自然とそうなったのかもしれないが。)。ワーキングクラスの英語は、それ以外のクラスのヒトには意味が通じないこともあると聞いたが、本当だろうか?それにしても、いろんな英語があるものですね。

コミュニケーションレベルの話と、契約レベル、あるいは政治レベルの話の二つがあると感じています。
後者は、間違えるわけにはいかない。でも前者は、通じ合うことが目的であり、伝えるあるいは聞き取ることが大事ですから、完璧とは違うものがありますよね。
かくいう僕も、30分以上話すとシングリッシュになる可能性大(汗

皆様、いろいろな体験談や、ご意見を、このコメント欄や、ついったー等にお寄せいただき、ありがとうございます。非常に参考になります。皆様のコメントを読み返したり、自分が書いたものを読み返して思ったのは、求められている状況などにより、バイリンガルレベルの英語が必要になるシチュエーションは確かにあるなということです。(その視点が文中に盛り込まれていませんでした)


自分が挙げたインタビューのケースは、テクニカルタームも多く、短時間でまとめて編集部に送るという状況だったこともあり、通訳は正しい選択だったかもしれません。


ただ、同僚・友人との日常会話や、英語を母国語としない人とのやり取りでは、紙に書いたり、数字をきちんと確認するなどして「うまく話せなくても英語を使ってやりとりする」ことは、是非やっていけたらと思います。

(うまくコメントがまとまらずすみません・・・。)

会話においては、言語にしろ内容にしろ必ず双方の歩み寄りが必要だと思います。
自分は座して動かず相手が合わせるのを待つしか出来ない人は、コミュニケーション能力に欠けていると言えると思います。

AndyM

私は、英語は相手に理解されればそれで十分だと思います。ノンネイティブスピーカーにアクセントがあることを驚いたり、軽蔑したりする人は、米国のグローバル企業では中々お目にかかれないと思います。私は20代半ばで渡米し、20年近く米国企業で働いてきましたが、英語はSpeech Therapist等、発音矯正に2年位通って、ネイティブスピーカーにほぼ100%理解される英語が喋れるようになりました。米国に住んで数年経った時点で、私はアメリカ英語なら、日本語と同程度に聞き取れるようになりました。(あのときは、嬉しくもあったが、普通のアメリカ人がまるで日本語を喋っているように聞こえるので、奇妙でもあった。)
ただ、これはコミュニケーション能力そのものが高くなった訳ではないので、その後、米国人と共に幾多のコミュニケーショントレーニングに参加してきたのですが。
個人的には日本人が発音を気にする所と、ネイティブスピーカーに一番分かり難い所は別であると思います。L、Rの発音は日本人の英語の問題の一例に過ぎず、これを気にして英語を喋る気がしない人がいるのであれば、米国人からすれば、かなり意外な話でしょう。米国人から見ると日本人の英語の分かり難い点は、口を大きく開けない、舌をはっきり動かさない、リズム、イントネーション、ストレス(強調する場所)が違う、言い回しや表情が違う、などでしょう。「米国人は下手な英語を聞くと不快になるのでは?」と思う人もいるかも知れませんが、よほどの田舎に行かない限り、外国アクセントそのものを見下す人はごく一部でしょう。
米国人の相手の言ってることが分からない場合の表情を、気分を害したときの表情と誤認する人もいるかも知れませんが。
私は、とにかく意思疎通ができる事が重要であると思います。
それから、日本人はもっと英語を使って楽しむ事を考えた方が上達が早いと思います。

浦川太作

日本人は英語の習得が下手だと永いこと言われてきた。英会話を勉強して私が感じたことを書きます。日本人の物の見方と英語的発想とが全然合わない。英語的発想を身に着けると、支配者層が嫌う。それ故、下々も嫌う。大和魂、私は日本人だ、この気持ちを捨てるといじめが始まる。就職差別、出世をあきらめる、これを受け入れねばならない。天皇制維持と英語上達とが悲しいことに両立しないのだ。ということで、英語ペラペラは超難事、何かを捨てないとダメ。英語教師も(外人も含む)天皇家の要請を受け入れねばならない、悲しいことです。

コメントを投稿する