オルタナティブ・ブログ > きょこ コーリング >

広報・マーケティングを中心に、ソーシャルメディアそしてアプリなど、マーケッターの関心事を綴ります♪

下手な鉄砲も?欧米人リクルーターさんたち

»

外資系ITのマーケやPRのポジションがかなりオープンになっているようです。そのせいか、LinkedInを通じて、いろいろなリクルーターからメールが飛び込んできます。

私は外資のマーケ担当ではないのに、どうしてそうなるのでしょうか。
多分、こんな感じなのではないでしょうか?

1.特定の外資系企業名や、ポジションを元に略歴を検索

2.出てきた人の推薦文の数などを確認(なんでも、推薦文がある程度多い人を採用するケースもあるらしいとのことで)

3.両方に当てはまれば、とにかく雛形メールを大量送信(プロフィールは詳しく読んでないので的外れなものもあるけどとりあえず送信)

最初は私も律儀にメールで答えてました(笑)

私「私は自分でビジネスをしているので転職しません」
相手「気が変わったら教えて。もしくは友人を紹介して」

私「面識ない人に仕事紹介しますとか言われても困ります。しかもコネクションは知り合いだけにしてます」
相手「じゃ、会いましょう。明日、うちの会社の前のスタバでどう?」

そんな感じなので、きりがありません。返信メールも雛形が用意されている印象です。友人から「取り合う必要ない。彼らはとにかく、かなりゆるい条件で検索して大量にメールをしているだけ」「自分のところにも来た。ヒマだったからとりあえず会ってみた」とのことでした。

ちょっとマナー違反かなと思いつつも、英会話講師などから転じたリクルーターにとっては、英語でプロフィールが公開されているLinkedInはとても使いやすく、他に方法がなくて、とにかく大量メール送信という行動になっているのかもしれません。どうなんでしょうか。

話は変わりますが、マーケとPRはかなり有名企業も含めて、よいポジションが空いているようなので、転職を考えている人にはよいタイミングかもしれませんね。

なお、私自身もリクルーターさんのお世話になって過去に転職先を見つけています。このエントリーも、リクルーターさんを批判するつもりのものではありません。

外資の場合は公開されていない求人が多いので、転職を希望される人は、人の紹介などで数人に会って、ちゃんとお世話をしてくれる人を探すというのはありだと思います。


Comment(4)

コメント

ryo

私の勤めている外資のIT企業では、マーケの人がガンガン辞めて、後任がなかなかこない感じです。で、やることなすことドンくさいのですが、他もそうだったりするのでしょうか??

Mamiko

私のところにも夏くらいから電話・LinkedIn含め多くのアプローチがあります。そういう時期なのでしょうか??とりあえず会おう、と皆さん言ってきますが、これからアメリカに行く、もしくは今アメリカなので、という理由でお断りしていますが、中には「あ、そこ応募したい」と思うようなものもありました。信頼できる人を見つけてうまく上手につきあうのがいいですね。特にPR会社が何をやっているのかも知らずに私に職を勧めてくる方にはちょっとう~ん。。という感じです。

ryoさん>コメントありがとうございます。辞めていくマーケの人がドンくさいのですか?それはもしかしたらポジションと能力のミスマッチがあるかもしれません。マーケの人は大きく分けて、1.本社への報告やマネジメントは得意だけど、現場作業が一切出来ない人(全部アウトソースしてそれをマネージするタイプの人)と、2.現場の実務にも精通している人の2通りがあります(両方兼ね備えた人ももちろんいます)。前者に細かな現場作業を求めるとうまくいかないことがあり、後者に大規模なイベントの仕切りなどを任せるとうまくいかないことがあります。前者は大企業や外資系に多く、後者はベンチャー企業や中小企業に多いタイプです。ご参考まで。

Mamikoさん>コメントありがとうございます。
>信頼できる人を見つけてうまく上手につきあうのがいいですね。
本当にこの一言に尽きますね。私の場合、PRとHRを見間違えたリクルーターさんからHRの求人まで送られてきました(笑)。

コメントを投稿する