オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

FacebookはOperaを買収すべきか

»

噂の域をでていませんが、FacebookはOperaを買収するかもしれないとニュースが流れました。この買収が行われた場合両社にとっていいことなのでしょうか?

私はこれはいい組み合わせだと思います。

OperaのシェアはOpera Miniも含めて頭打ち状況になり始めています(Javascriptベンチを取ってみた(May 28,2012))。ブラウザシェアが伸びていないのはOperaだけではありませんが、Operaが最も脆弱なバックグランドと低いシェアです。

また、Opera 12で多くの機能をdisable(Opera 12のベータ出る, 先進的実験的機能が消えてHTML5/CSS3まわりが充実)にします。これらのいくつかはOperaは伸びると予想していた機能だと思いますが、それらは主流になることはありませんでした。

さらに、MozillaがBoot to Geckoでモバイルデバイスに進出しようとしていますが、OperaはOpera Miniこそあってもデバイスを持とうとしていません。これがモバイルデバイス市場のブラウザシェアを大きく減らすことになると予想されます。

これらからOperaのシェアが将来的に伸びる要素は少ないと思います。

ですが、Operaは5大ブラウザのユニークな存在です。現時点(2012/5)ではモバイルデバイスでWebGLが動作する2つのブラウザの1つですし、他のデバイスにブラウザを提供もしています。Javascriptの独自エンジンも持っていますし、そこそこ高速です。

もっとOperaはシェアを持ってもおかしくないと思いますが、残念ながらChromeやSafariほど勢いがでる要素もないのが現実です。

Facebooは株式公開したばかり(それ自体今揉めていますが)、GoogleやMicrosoft、Amazonを追うには今以上の武器が必要です。

Facebookに必要なのはブラウザとスマートフォンだと思います。

スマートフォンに関しては、"Facebook、専用スマートフォン開発に3度目の挑戦"にも噂になっているため行いそうです。モバイルはブラウザよりもアプリですし、プラットフォームを持つことは重要です。

ブラウザに関して、GoogleがChromeを登場させたときに必要なのかと言われましたが必要だったと結論になっています。AppleもSafariは必要なのかと最初思われましたが、今では重要なコンポーネントの一つになっています。

また、"米ヤフー、独自のウェブブラウザ「Axis」を発表へ"の発表にもあるとおりYahoo!もブラウザをサポートしています(PCはプラグインですが)。WEBサービスのメーカがブラウザをもってもいいと思います。いや、出来れば持つべきだと思います。

それはユーザビリティをコントロールすることが出来るためです。現在のブラウザは出来なくても、コントロール権を得ることで将来のブラウザを変えることは出来ます。GoogleがChromeで実現したことです。

このため、WEBサービスを行っているメーカはブラウザとスマートフォン(できればメディアタブレット)を持ってユーザの入り口をコントロールすべきです。

FacebookがOperaを買収するか分かりませんが、両社の組み合わせは成功するのではないかと思います。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する