オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

iPad 3rd genを購入してみた~ベンチとかRetinaとか作ったアプリの対応とか~

»

iPad 3rd genを購入しました。

購入したので、ベンチなりRetinaなりを私なりに評価してみました。

○ベンチ

 
iPad 3rd gen iPad 2 iPad
Geekbench Intger 689 691 370
Geekbench Floating Point 921 920 470
Geekbench Memory 789 785 715
Geekbench Stream 336 345 338
Geekbench Score 754 755 470
GLBenchmark 2.1
egypt offscreen(fps)
139 88 11
SunSpider(ms) 1,709 1,809 2,864
V8 Benchmark Suite
(score)
450 447 287
Kraken(s) 78.9 78.2 128.2
Peasekeeper(points) 378 369 235
Asteroids bench(FPS) 17 15 4

GeekbenchとGLBenchmarkはアプリで、他のブラウザベンチを行いました。

CPUは高性能化していないためそのような数字が出ています。GPUの強化はされているため、GLBenchmarkは向上していますがブラウザベンチ系は上がっていません。このあたりは、別途細かく見てみたいと思います。

iPad 3rd genに搭載しているA5Xのダイサイズは"A5X Chip Floorplan Reveals Significant Space Required for Quad-Core Graphics"によると163平方mmとなっています。

A5が120平方mmで大きいと言われていたのですが、PowerVR SGX543MP4を搭載することでかなり大きくなったようです。このサイズでは、次のコアで2コア&28 or 32nmでシュリンクのみかも知れませんね。

○Retinaを試す

iPad 3rd genで高解像度をいろいろ試してみました。

解像度が4倍違う同じ画像を準備します。私はSVGで絵を描いて、それをブラウザで通常サイズと2倍に拡大してスクリーンショットを取ります。

その2つの画像をhtmlに貼りますが、高解像度のwidthを半分にして貼ります。以下がその画像です。

■低解像度

■高解像度

たぶん、これをPCでみると下が少し高解像度かな?って思う程度でしょう。iPad 3rd genでは差が出ていると思います。

両者をiPad 2とiPad 3rd genで見比べてスクリーンショットを取ると以下の画像が取れました。

■iPad 2

■iPad 3rd gen

iPad 3rd genのスクリーンショットは2,048x1,536のため、比較は難しいですが、だいたい見た目の傾向とあっていると思います。

iPad 2のほうは高解像度を小さくしてもシャープかな?と思いましたが、iPad 3rd genは綺麗に見えます。

Retinaがこのような方法でも確認できます。もっと写真ライクな画像で比較すればもっと鮮明に差がつくかも知れません。

○アプリの検証

iPad 3rd genを購入したもっとも大きな理由は、QuarStrの対応状況を確認するためです。

QuarStrのユニットの描画部分はSVGで描いています。SVGはベクターデータですので、高解像度になればより綺麗になるはずです。

動作させてみたところiPad 2から比べても線の境界が綺麗です。

■iPad 2

■iPad 3rd gen

両者をスクリーンショットを取ってみましたが、スクリーンショットのサイズが倍も違うため、サイトでは比較しづらいですが、上記が同じサイズに収まっています。

話が変わって、iPad 3rd genが登場する前に2,048x1,536のデバイスにアクセスされていて、それが新しいiPadと噂になりました。これで新しいiPadの解像度が2048x1536が確定みたいな流れになりました。

私はこれを聞いてかなり心配になりました。なぜならば、Retinaに対応したiPod touchのMobile Safari(PhoneGapも同じ)のスクリーンサイズ(screenのwidthとheight)は480x320としかないのです。液晶の解像度は960x640ですが、ブラウザのサイズ的には480x320なのです。

以下でブラウザのサイズが取得できます。



iPad 3rd genがRetinaに対応してもscreenで取得できるのは1,024x768ではないかと思っていました。あの噂(screenサイズが2,048x1,536)が本当ならば、PhoneGap的にどのように見えるのかかなり心配でしたが、やっぱりiPad 3rd genのscreenのサイズは1,024x768でした。これで安心しました。

QuarStrはベクターデータのため高解像度になってユニットが綺麗になって且つスクリーンのサイズ的に変わらないため動作的に不具合はありませんでした。

QuarStrはiPad 3rd gen対応しています!

ただし、なぜか画面上のアイコンがPhoneGapのデフォルトアイコンに差し代わってしまいました。修正しようと思います。原因、iPad用のアイコンは変更したのですが、iPhoneのRetina用のアイコンを差し替えなかったためではないかと思っています。動作に影響ないのですが、できるだけ早急にバージョンアップします。

とりあえず触ってみた感想です。次はもう少しベンチとか取ってみます。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する