オルタナティブ・ブログ > 少しでもパラノイアになってみる >

知的好奇心を満たすために、いろいろなことにチャレンジする

Javascriptベンチを取ってみた(Sep 2,2011)~Firefox 9.0 Nightly登場&WebCLベンチ等~

»

Firefox 9.0 Nightlyが公開されたので、Javascriptベンチを取ってみます。

Javascriptベンチは、SunSpider V8 Benchmark SuiteKrakenPeaceKeeperAsteroidsです。

測定したPCは、Phenom II X6 1090T BE(3.2GHz)、Radeon HD 6850、Windows 7 64bitです。SunSpider、Krakenは値が小さいほど優秀で、V8 Benchmark Suite、PeaceKeeperとAsteroids は値が大きいほど優秀です。

■ベンチ

Firefox 9.0 Nightlyが各種ベンチ結果がよくなっています。これはType Inferenceが盛り込まれたようです。これで一気に速くなり、KrakenはChromeに追いつきそうです。

Javascriptエンジンの競争はどこまで行くのか分かりませんが、結構激化していてすごいですね。ちょっと前はFirefoxは最も遅かったのですが、ここまで来るとは思いもよりませんでした。今後はどうなるか目が離せません。

Javascriptエンジンの高速化も必要ですが現在のハードをよりうまくたたく手段も必要です。その手段の一つにWebCLがありますが、NokiaからFirefoxで試すことが出来るextensionが公開されています。そこで、2つのベンチを実行してみました。ベンチは、上記のハードウェアです。

画像変換

Run CPU:223ms
Run GPU:82ms

Random number generation

Run on CPU:249ms
Run on GPU:98ms
Run in Javascript:3,969ms

Random number generationは、WebCLを用いない方法も実行できます。WebWorkerを使っていませんが。

GPUはハイミドルなので、6コアCPUよりも強力です。デフォルトの画像などはあまりにも短時間で終わりCPUやGPUはロードがどの程度なのか分からなかったので違う画像にしてみたのですが、あまりにも大きすぎるのは動きませんでした。

WebCLのサンプルががいくつか公開されています。見た感じではWebCLとWebGLを活用すればブラウザゲームがよりリッチになりそうです。OpenCLの普及が今一歩なところを考えると今後はどうなるか分かりませんが、CPUにGPUを搭載する現状を考えると活用シーンは増えると思っています。

月初めなのでNetApplicationのブラウザシェアをグラフ化してみました。NetApplicationはいつの間にかブラウザシェアをDesktopとMobile/Tabletに分けられています。Mobile/Tabletの過去データは疑問がいっぱい出るので(最近のいいと思いますが)、とりあえずDesktopのほうをグラフ化してみました。

■Desktop Browser Share

(出展:NetApplication)

Desktop BrowserならばIEのシェアは2011年中に50%きりは難しいかも知れません。

Comment(2)

コメント

名無し

いつも同じことをされていますが。なんの意味があるんですか?
誰も興味がないと思いますよ。

ときどき拝見

ときどき拝見させてもらってます。ここ数年、JavaScriptの性能アップには特に注目しております。

コメントを投稿する