オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

私の名前は「賢治郎 吉田」ではない。~英語圏での姓、名の逆転とディレクトリ

»

 中学生のころ、英語を教わって以来、私は自分の名前を外人に説明するときは、

「マイ、ネームイズ、ケンジロウ、ヨシダ」「アイム、ケンジロウ、ヨシダ」

 と、姓名を逆転させて言うように教えられてきた。また、

「ファーストネームには、後ろの名前、ラストネームには最初の苗字になります」

などと言われ、最初が後ろで、後ろが前と変換しながら書いたものだ。

 なぜ、そうするかを考えることもなく、教わったとおりに、そして、その方が、ちょっとカッコイイかなとも思っていた。

<”賢治郎 吉田”と表示されるシステム>

 初めて疑問を感じたのは、ロータス社で「Quick Place」という商品のデモの準備をしてもらった時である。

 作ってくれたデモ環境の事前レビューをするときに、英語の名前に混じって、様々な場所に

”賢治郎 吉田”

と表示がされていたのだ。

「これ、おかしいだろ~。逆に表示されてるよ。」

と言ってみたが、一生懸命このデモ環境を用意してくれた者から

「じゃあ、英語で”kenjiro yoshida"としておきましょうか?」

とのことだった。(Lotus Notes / DominoのDJXは素晴らしい)

 確かに英語にしておくと違和感はないが、日本のお客様に提供するのであれば、当然ながら「名前」という極めて大切な情報は日本語にするべきだと思った。 日本語で”賢治郎 吉田”といたるところに表示されているのも気分が悪い。

 なぜ登録したまま表示しないのかと聞いたが、

元のシステムが”名、姓”で表示するようにできているという回答だった。

 Outlook Expressのアドレス帳も名、姓で表示されていた。 iphoneやGoogleでもパソコンと同期をとるとこれらの姓名逆転になるものがいまでもあるが、

”日本人の名前は、英語表記では逆になる”

という常識が邪魔しているようだ。

 私としては「Kenjiro Yoshida」は許せるが、「賢治郎 吉田」と表示されると非常に気分が悪い。グローバル対応とか海外では”名、姓”だと言われても、まったく納得ができなかった。

<自分の名前の英語表記は「姓、名」そのまま使おう!>

 そもそも、なぜ、英語表記をわざわざ姓名を逆転させて言ったり、書いたりするのだろう。
 1バイト圏のみならず中国や韓国の人たちも、日本に来て自分のことを紹介するときには、姓名を逆転させていない人が多い。

 もちろん、「名、姓で統一する」と決まっている場(スポーツの試合や会合の名札)などでは、その通り表記されているが。口頭で自己紹介する場合は自国の並び順で話す人が多い。

実際、テレビに出ている人も

「私はデップ・ジョニーです」 「レノン・ジョン」

「スペクター・ディブ」 「ヨンジュン・ペ」

とは、紹介されていない。(まったくないわけではないが、、)

 どの国も、その国での並び順そのままで、自己紹介し、署名すれば何の問題もないでわないか。

 さて、今の若者はどう考えているのかと思い、女子大生の娘たちに聴いてみたところ

「お父さん考えすぎ。 どっちでも、いいんじゃない。自分が納得できれば。学校でもどっちでもいいって習ったし。 私は名、姓で書くけど、こだわってるわけじゃない。外国の人もこだわってないと思うよ」

との答えが返ってきた。

 なるほど。若い人たちは柔軟でよろしい。 私も基本は「Yoshida Kenjiro」として、なんとなく逆転したほうが受け入れられそうな時は、あまり、こだわらずに逆転させたいと思った。 

 ところで、システムのディレクトリはどうするか。

 ITmediaのブロガーの皆様、ご意見、解決策をいただけないだろうか。

 何が論点かわからない? 確かに私もわからなくなってきた。

そう、何しろシステムに「賢治郎 吉田」とならないようにしてほしいのだ。

<ブログや掲示板での意見と私の意見> (”→”が私の見解)

・名、姓表記の国の人のために、日本人の名前もそれに合わせるべき。

→ アメリカ人に聞いてみたが、わざわざ順序を変えても、アメリカ人のためにはならない。
  単にそういう名前だと思うだけだそうです。

→ 日本だけでなく、ヨーロッパやアジアにも姓名の国はあるので、見る人に合わせて姓名を逆転するシステムを作るのは、かなりの手間になりそうです。ITの面からも、国ごとの姓名テーブルを用意するのではなく、本来の順番で統一すべきだと思います。

・姓、名で自己紹介すると「どちらが姓ですか?」と聞かれて面倒

→ 多分、その人は名、姓で自己紹介しても、「どちらが姓ですか?」と聞くのではないでしょうか。

・どちらが姓で、どちらが名かを間違って覚えらてしまう

→ 特にアメリカでは、正式文書で間違わない限りは、どちらが姓でどちらが名なのかをこだわる人は少ないようです。また、アメリカ人でも"姓,名"という言い方、書き方をする場合もあります。

<参考>

文部科学省 「国際化に伴うその他の日本語の問題」 http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/12/kokugo/toushin/001217d.htm

Comment(13)

コメント

みず

私は英語表記でも「姓・名」でないと落ち着かない方です。
ついでにパスポート等のローマ字での長音表記もどうにか工夫して欲しいと思っています。
「オノ(Ono)」さんと「オオノ(Ono)」さんは違いますから。
世界には姓・名の別を持たない文化圏(ミャンマーなど)もあるようですし、その人の生まれ育った文化圏の風習にあわせて、姓に記号をつけるなどで対処した方が(アルファベットなら大文字にするとか)、それぞれの文化風習を尊重することになるのではないかと思っています。

Shin

どういう論点で回答すべきなのか難しいですが、システム側での対応、ということで考えると、
(1) 名前の表示順を「姓 名」にするか「名 姓」にするか、ユーザが選択できるようにする、
(2) ユーザ表に、姓、名の他にフルネームフィールドを作り、それを表示する、
というのは、そんなに難しくないでしょうね。
もちろん、こういうのは設計段階でやらないといけませんから、できあがったソフトを変更するのは簡単じゃないことが多いですけど。

米国製のソフトを使っていると「米国は他国の文化に対する理解がない」という不満を感じることが多いですが、最近になって、これは米国製に限った話ではなく、どこの国のソフトも同じ、ということに気づきました。

英語圏のソフトで、名前を漢字で入れたら、それぐらいのことは起きる、嫌なら名前をローマ字で入れるしかない、ぐらいにあきらめの気持ちを持っておくのが良いかも?

Gmailのコンタクトリストが以前は姓・名で2つのフィールドに分かれていたのに、現在では1つのフィールドに統一されています。恐らく多言語に対応しているうちに姓・名と2つに氏名を分けている国ばかりでないことが分かり、2つのフィールドでの対応に破綻したのでしょう。個人的には英語圏でのコミュニケーションではToshiki Saito, 日本語圏では齋藤俊樹と記載しています。迷う場合は良くも悪くも英語は世界標準言語になっていますので、Toshiki Saitoで記載しています。システム側での対応はGoogleが取った手法、つまり多言語対応するならばそもそも姓・名という枠組みで2フィールドで扱うこと自体をあきらめ1フィールドに。記載言語を英語に絞るならばFirstname, Familiy Nameの2フィールドでこの順番という所に落ち着くのではないでしょうか。

こんばんは。
この問題は奥が深いですねぇ。…と言いつつ、ほんとに深いのかな? とも思ったりしました。
最近、Facebookが「日本語でもお名前を登録してください」ってやってますよね(あれ? ひょっとしたら私が気づいたのが"最近"なのかも?)で、あれもミドルネームをアルファベットで入れようとすると入れられないんですよね。

>確かに英語にしておくと違和感はないが、日本のお客様に提供するのであれば、当然ながら「名前」という極めて大切な情報は日本語にするべきだと思った。 
「当然ながら」で、かつ「べき」なのかな?! 大事なのは、ユーザー側に選択肢があることなんじゃないかな、なんて思いました。例え、ルールから外れても、ユーザー側が「不利益を被ってもイイ!」って思った時にどうにか出来る方法が残されていて欲しいな。と個人的には思います。

石松

石松と申します。
よくオフィシャルな書類にはアメリカ(人)でも吉田が言われているように「last_name, first_name」とカンマで区切りますが例外もあります。
ニュース・新聞では中国や韓国の要人・有名人、例えば中国の胡錦濤国家主席は「Hu Jintao」だし、韓国大統領の李明博さんは「Lee Myung-bak」だし、アイススケートのキム・ヨナさんは「Kim Yu-na」になります。(ヨナさんの場合Yuna Kimになることもあります。)
書くのも読むのも普通(?)に姓名・名前です。全然とは言いませんが、カンマもありません。
でも日本人では一度も見たことも聞いたこともありません。
何故なのでしょうね?

石松

吉田さん、ごめんなさい。
「吉田」【さん】が抜けていました。
この前も同じことを佐川さんの所でしてしまって反省してた矢先にコレです。
ごめんなさい。
投稿する前に読み直せばいいのに、ごめんなさい。

みずさん
 コメントありがとうございます。
 私も英語でも「姓・名」でないと落ち着かないという感覚がわかるようになってきました。それぞれの国が自分の国の文化そのままに自分の名前を表現することは、けっして、相手に失礼ではないと私も思います。
 私たち一人一人が、そのようにしていって、新しいデファクトスタンダードにしていかなくてはいけないのでしょう。

Shinさん

 コメントありがとうございます。

 論点がわかりにくく、愚痴のような記事になってしまって、申し訳ないです。
 フルネームフィールドを用意するのはGoodアイディアですね。

>米国製のソフトを使っていると「米国は他国の文化に対する理解がない」という不満を感
>じることが多いですが、最近になって、これは米国製に限った話ではなく、どこの国の
>ソフトも同じ、ということに気づきました。

私も、日本のソフトは英語メニューさえない、と言われたことがあります。

齋藤俊樹さん

Gmailの最近のいろいろな細かいところでの、「割り切り」には見習うべきところがあると思います。
Shinさんのコメントにもありましたが、1フィールドというのは、とてもいいアイディアですね。姓名をスペースで区切っておけば検索でも問題ありませんし。

コメントありがとうございました。

Pachiさん
 コメントありがとうございます。
 Facebookの「日本語でのお名前、、」は私も最近知りました。
 Shinさんもコメントされていましたが、ユーザーが選択できることは重要ですね。そういう意味でも、1フィールドというのは、いい解決策なのでしょう。

石松さん

 コメントありがとうございます。

 "さん"ぬけは、私も時々、やってしまいます。間違えないようにコピペしてわすれてしまうのです。私はコメントを修正することができるので、密かに直せますが、、。多分、同じようなことだろうと思っていますので、平気です。丁寧にコメントありがとうございます。

 日本人は、海外では”名、姓”とするのが一般的になっていますが、これは、いい意味でも、徹底して海外(その時代にはUSと西欧州)に合わせようとした結果だと思います。
 先進国の仲間入りをするために、日露戦争でも徹底的に、けなげに、守ってきました。
 それが、今でもしっかり日本人の海外の表現方法(の常識)として残っているからでしょう。

NOGUTI Hiroyuki

吉田賢治郎さま、
おっしゃっていることには全面的に賛成です。私はこの件で訴訟を起こそうかと考えているものです。
しかし、貴殿は根本的な点で誤っておられる。それは「ヘボン式ローマ字」を使っているところです。ヘボン式ローマ字は絶対に誤っています。
こちらをごらんください。http://www.age.ne.jp/x/nrs/rn/rn474/rn474-1.htm

NOGUTI Hiroyukiさん
 コメントありがとうございます。日本式ローマ字というのがあることをはじめて知りました。ありがとうございます。 もう一度、標準化の議論が行われてもいいころかもしれませんね。

コメントを投稿する