オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

やはりブログの顔は顔写真

»

 本ブログは12月頭まで休刊としているが、

・10月に入って衣替えの時期に入ったので気分を入れ替えたい

・私の記事に対する、はてぶコメントの「顔が怖いが、、」が、以前から多いのがひっかかっていたこと(さからモナリザの微笑みのような写真を選んだ)

・文藝春秋が1年に一回、その年の論客を集めて発行する「日本の論点」(11月頭に本とWebコンテンツで発行)

http://www.bunshun.co.jp/stockfile/ronten2007/ronten2007.htm

に本ブログの紹介を含めて寄稿したので沢山の人に見られる可能性が出てきたこと

から写真を変更した。 Kenjiro3_2Yoshida2008

 昔、コマーシャルで「人形は顔がイノキ」というのがあったが、ブログも顔が命であろう。

 最近「戦略プロフェッショナルの心得 ―ビジネスの現場で、理論だけの戦略が実行できない理由」という本を出された永井さんにこの写真をとってもらったものを採用した。 どうだろう。やさしくなっただろうか?

<企業によるブログマーケティングも顔が命>

 今、ある企業のブログマーケティングの企画、推進のアドバイザーをやっている。

 Webで問い合わせ対応や商談を進めたり、電話によるoutbound Call(突然お客様に電話をかける)やinbound Call(お客様が問い合わせの電話をしてくる)に対応したりするときに、相手の顔が見えないことがスムーズなコミュニケーションの阻害となる。

 そんな時に、自分の経験や人となりを知ってもらって「一定の距離感を持ったゆるい信頼関係」を創り上げるのに役立つのが「ブログ」である。

 お客様が、ブログで「顔」を見て、相手が日々どのようなことを考え、どのような経験をしているのかを知っていればメールや電話でのコミュニケーションが極めてスムーズになる。 この効果は絶大だ。

<記事があれば、顔写真はなくてもいのでは?アバターでは?>

 論理的には、記事を読めば、その人の経験や人間性がわかるので、それで不信感は払拭できるように思える。 しかし、やはりそこは人間。 相手の顔写真が重要なのである。 顔写真がないブログや似顔絵、アバターの人よりも、顔写真をちゃんとさらしている人の方を信用する。

 ある意味、危険を顧みず、責任を自覚を持っていると感じるわけだ。だから、信用を勝ち取るためのブログは実際の「顔写真」が必要不可欠ではないかと考えている。

 ブログという存在もかなり一般化してきた。 今後、企業の営業、サービス担当、Callセンターのメンバー全員がビジネスカード(名刺)代わりにブログを持っているというような時代も近いのではないだろうか。

Comment(10)

コメント

けんじろうさん、こん**わ。

>人形は顔がイノキ・・・
どうでも良いことなのですが、リファレンスが違います。
真面目なCMは「人形は顔が命」で、「顔がイノキ」は、オレたちひょうきん族のネタです(爆)←忘れてたことを思い出しました。

しかし、いい男は、どんな写真に変えても「格好いい」ですね。

新倉さん
>、「顔がイノキ」は、オレたちひょうきん族のネタです(爆)

 よくぞ気がついてくれました。 突っ込みを待ってました。? しかし、ひょうきん族を知らない世代も多いんでしょうね。年がばれてしまいます。

>いい男は、どんな写真に変えても「格好いい」ですね。

ははは。本当のこと言われると、照れるなー!(これも古いリアクションだなー)

小野 有紀

ご無沙汰しています。
以前お会いした時に申し上げましたが、前の写真すごく好きだったので、少し残念です(笑)
確かに新しい写真の方が、優しい感じはしますね。

小野さん
 ありがとうございます。また、永井さんに写真とってもらって、今度は、やさカッコイイぐらいのもにチャレンジしたいと思います。
 ところで、小野さんのブログの写真の背景に移っているのは新宿のビル郡でしょうか。

賢治郎さん、ご無沙汰です。古いほうの写真、いつ何のために撮った写真かぼくは知ってるぞ。(笑)
ええと、ぼくの場合、ネットで私が出没する場所では、ブログ以外ではすべて自分の顔写真を貼っています。ブログだけに写真貼ってないことにそれほど深い意味はないのですが、なんつーか、本名で書いていることもあって、内容について会社とか取引先とかから万が一「こんなこと書くなー」とか言われたときに、「いえ、あれ、ぼくじゃないっす」って、とぼけられるかなあ、と思って。いくら「ここに書いてるのはあくまで個人としての見解だよ」と宣言したって、そう思ってくれない人もいるわけで。かといって、偽名・匿名はいやなんですよね。あー、なんか、言ってることめちゃくちゃ矛盾してるな>自分

広一さん
 お久しぶりです。 
>「こんなこと書くなー」とか言われたときに、
>「いえ、あれ、ぼくじゃないっす」って、
>とぼけられるかなあ、、、、、
 言っている意味わかりますよ。完全に全部をさらけ出すことは、何だか不安ですね。 普通のブログはアバターや似顔絵でもいいと思います。 が、営業マンのためのブログは写真かなと。

なんと言うか、個人的な意見を述べているときに「xxx株式会社の斎藤」って、見られたくないだけなんですよねー。ぼくは、ぼくだ、って。

広一さん
 なるほど。ブログは個人のものですね。

石松

石松と申します。
確かに実名顔出しブログの場合、その写真でその人のブログの感じが変わりますよね?
例えば、ここの大木豊成様、(名前出してすみません)
写真としては昔のXXかった方が好きでしたが、
(私、男ですが、その毛はありませんので。)
今の写真は大木様の温かさが出て、ブログと合ってますよね?
大木様の文章は、写真変えた前と後で変わってはないのですが、少し柔らかくなった感じがしました。

吉田様の文の感じですか?
写真変えた前も後も変わりません。
何故かと言うと、大木様のブログはスクロールしなくても大木様の写真が見える画面で全部読めるのですが、
吉田様のブログは2-3回スクロールしないと最後まで読めないためその頃はもう吉田様の顔写真、忘れているのです。
(私アホなもんで、鶏の脳みそです。)
吉田様のブログも大木様のブログもここのブログで真っ先に読むブログで私のお気に入りです。
確かに、この吉田様の写真、吉田様のブログの内容に合ってます。(もう遅いってか?)
Kaori

石松さん
 コメントありがとうございます。
 大木さんの写真というのは、あのサングラスしているやつですね。 かなりいかつかったです。私はそのサングラスの前の時と、今の方が好きですね。
 私の方ですが、確かに、毎回文章が長いです。短くても1000字、場合によっては4000字を超えることがあります。もっと短くせねばと、書いた後で3割ぐらい切っていのにこれなんです(^^ゞ
 今、休刊中ですが、時々書きますので、末永くよろしくお願いします。

コメントを投稿する