オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

YouTubeにみる「ネクタイの結び方」

»

 新入社員ならずとも、以外に知らないのがネクタイの結び方である。

私は、「プレーンノット」とか「シンプルノット」といわれる方法で締めている。

 インターネット上に「ネクタイの結び方」に関するページが沢山あるので分かりやすいものをみていただければいいのだが、ネクタイを結ぶときに重要なのが左手の使い方である。

 左手の指を輪の中に入れて右手が持ってくるネクタイを迎えるのだが、それを分かりやすく写真入でいれてあるサイトがあったので紹介しよう。

 結び方.com     http://www.musubikata.com/tie/kind/page2.html

 上のリンクはプレーンノットだが、それ以外の結び方や長さ、色柄選びなども解説されているので参考にしていただきたい。

 また、長さの調節ではネクタイの裏の切れ目と縫い目を合わせると良い。

 映像があるとわかりやすいと思い、YouTubeで探してみたら以下のようなものがあった。 新入社員の皆さん。 朝バタバタしなくていいように、今から練習しておこう。

<スタンダードなセミウインザーノット(プレーンノットと同じ??)>

<結び目の太いウインザーノット(昔はこれしてました)>

<その他、ネクタイの結び方サイト>

タイ工房        http://www.tai-kobo.com/musubi.htm

TieKnot.com   http://www.tieknot.com/nekutai.html

More             http://www.more-tex.com/howto.html

Club tie info  http://club-tie.info/

Comment(6)

コメント

私の場合、持っているシャツの殆どがボタンダウンのショートポイントなので、ノットが大きくならないプレーンノットかハーフウィンザーのどちらかですね。新入社員の頃にMEN's Club Books片手にあーでもないこーでもないと試行錯誤しましたけど、動画で見えるとわかりやすいですね、確かに。

いわながさん
 コメントありがとうございます。
 MEN's Club Booksですか。懐かしいですねー。(まだあるのかな?) 私もいろんなのを試しました。 あのころは、細身がはやっていました。 不良品ICの入ったネクタイピンなんかして。
 実は、中年向けマフラーの巻き方という記事を用意してあったのですが、投稿し忘れてしまいました。 とほほ。

NOKO

こんばんは。
私は、十数年前によく職場にネクタイをして行ってました。
その時、年配の男性職員が結び方を教えてくれたのですが、その時の結び方がまさにこの二通りの結び方でした。
その当時は、細い結び方が主ではなく、シャツやブラウスのデザインによって変えればいいんだよと教えてくれたのを覚えています。
女性がシャツにネクタイをして颯爽と仕事をしている姿がその当時はかっこいいキャリアウーマンに見えたので、私の憧れもあってそのような格好をしたのですが、今はどう映るのでしょうか?別に女性蔑視とかではなく、チェニック風の洋服が流行っているので、そういう格好はどのように感じるのかなと思ったもので・・・

NOKOさん
 コメントありがとうございます。
 私のオフィスではチェニックを来ている女性はいないですが、ばらばらですね。 服装は自由なのですが、リクルートスーツ(黒または紺の上下に白い丸首のブラウス)を基本に襟付きだったりといろんなバリエーションにしているように見えます。
 私が最も信頼する技術リーダーの女性はいつもネクタイしています。 ネクタイもかっこいいですよ。 また、高校ではちょっと前までネクタイが流行していました。 娘たちがしてました。

z

こちら、お役立ち度100%ですね。ある施設では、夜は浴衣着用で夕食会なのですが、恥ずかしながらまともな帯の締め方を知らないことに気づき、webで男性の浴衣の着付けを検索して勉強してしまいました。

zさん
 よく考えたら、私も旅館の浴衣着るときに少しなやんだりしています。 結局適当で終わらせてしまっているので、今度調べてみますね。
 コメントありがとうございました。

コメントを投稿する