オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

インターネット使える人だけが優遇されるのはおかしい?

»

 昨年から確定申告がインターネットで出来るようになった。そして、「確定申告をインターネットで電子申告すれば、5000円分の税金を控除します」というガイドがあった。

 人事部門で働いていた妻に任せっきりではあるが、様々な書類やエビデンスを持って税務署に行っての手続きは非常に面倒で、対応してくれる時間の制限があり、時間がかかり、そして、良くわからない。これが自宅からインターネットで行えるのだから大変助かる。 さらに、5000円分税金が減るというのである。

 地元の議員さんと飲んでいた時、彼の口から「パソコンを使える人だけが恩恵を受けるのはおかしい。 パソコンを使えない人も一律に控除すべきだ。 最近は図書館の本の予約や行政情報を得る場合など、パソコンを使える人の方が有利になっている。 こういうことをするから格差社会が生まれるんだ」という言葉が出た。

 「インターネットでやれば、行政側も単純な申請は機械に任せることが出来、本当に人が対応しなくてはならないものだけ窓口対応すればサービスは良くなり、コストも下がり、どちらの利用者も満足度が上がる。 だから、少しでも多くの人がインターネットを使える環境を提供することの方が大切なんじゃないのか」と言ったが、「役所の職員が減らされて就職口が減るし、人と人とのふれあいがなくなるじゃなか。民間会社がやるのはいいが、行政はインターネットなんかでやるべきではない」と取りつく島がない。

 こんなことで議論しても酒がまずくなるので、やめたが、確かにインターネットを使える人と使えない人とでは、何か物を買う場合でも、何らかのサービスを受ける場合でも大きな差が出てくる。 こういった問題にどのように対応するべきなのだろう。

 皆さん、どのように思われますか?

*「、、、年金を控除します」を「税金を控除しますに修正 16thJan2008

Comment(14)

コメント

初めまして。よてむくと申します。
その議員さんの理屈で言うと
「毎日広告を見て安いスーパーまで行くのは自転車がないと不可能だ。自転車がある人が優遇されている。おかしい」
とか
「市役所は市に一カ所しかない。これでは遠いところに住んでいる人が不利になる。行政は各家庭に一カ所市役所をさずけるべきだ」
という議論になります。
また後者から「じゃ自宅にいても手続きできるようにすれば・・・」となったのが電子政府です。
自分の議論の先に矛盾が生じています。
よってその議員さんはある特定の市民(有権者)のことしか見えていないことがわかります。

実は地方の議員さんにはこういった「特定の有権者のことしか考えられない」人は沢山います。
それでも当選できる(と言うかそうでないと当選できない)から、考えは改まりません。

昨日イータックスの申し込みをしたところだったので、大変タイムリーでした。

今回の5000円控除については、恩恵でも何でもなく、むしろコストの相殺と思っています。住基カードに500円、証明書に500円、カードリーダに3000円払うと、電子申請のために4000円も費用がかかってしまいます。その初期費用と相殺するために、一度だけ5000円控除しますよ、と理解しました。そうでなければ、むしろ議員さんとは逆に、「インターネットを使って効率化しようとしている人が、その経費を自分で払わなければならないなんて不公平だ」と言ってしまいそうです。

けんじろうさんの考え方に大賛成です。
インターネットの時代になり、今までとまったく違う環境が提供されています。それを利用して経費を削減し、あまったリソース(税金やひと)をほかのものにつぎ込むことがどうしていけないのでしょうか。
「人と人とのふれあい」と議員さんはおっしゃいますが、税務署や市役所の窓口で「ふれあい」と呼べるものを感じたことはあまり(ほとんど)ありません。
既存のものに固執するからこんな発言になるのだと思います。自由な発想で既存のものをいい意味で壊し、住民が本当に必要とする「ふれあいのあるサービス」を創りだせばいいだけではないでしょうか。

阿部 徹

はじめまして

毎日Blogを拝見しています。

日本国憲法25条
『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』

これを引用すれば
『最低限の権限を有し
 効率化を図る!』

これが答えだと思います。

窓口業務を残しつつ
効率化としてのインターネット利用を拡大させる。

リスクとターンが要らない人は
最低限の窓口業務を利用する。

リスクとターンを得たい人は
インターネット等の先進的な技術を
生活に取り込む
 ->機器の購入、接続、セキュリティ対策を施し!

自分が何処に向かいたいか?によって
それぞれ答えが違ってきますよね!

以上

minamim-san
 コメントありがとうございます。
>それを利用して経費を削減し、あまったリソース
>(税金やひと)をほかのものにつぎ込むことが
>どうしていけないのでしょうか。
 →ご理解いただきありがとうございます。
>自由な発想で既存のものをいい意味で壊し、住民が
>本当に必要とする「ふれあいのあるサービス」を創り
>だせばいいだけではないでしょうか。
 minamim-sanのブログを見せていただきました。
私の会社のIPアドレスの問題(海外)で「円(丸)」についてのコメントが拒否されました。こちらに、コメントいたします。
これ(円)は、紙の上に顔の輪郭が書いてあるものですね。ここに今の自分の気持ちを表す表情を書きます。
ドラえもんの顔の絵を描いている途中とも思えます。
うーん、もっと頭をやわらかくしなければ。 頑張ります。

ako-san
>今回の5000円控除については、、、コストの相殺、、
>住基カードに500円、証明書に500円、カードリーダに>3000円払うと、、、その初期費用と相殺するため
確かに2007年度か2008年度のいずれか1回とガイドに書いてありました。なるほど。 ありがとうございます。

よてむくさん
> 初めまして。「じゃ自宅にいても手続きできるようにすれば・・・」
>となったのが電子政府です。
忘れていましたが、まさにその通りだと思います。

>地方の議員さんにはこういった「特定の有権者の
>ことしか考えられない」人は沢山います。
>それでも当選できる(と言うかそうでないと当選できな
>い)から、考えは改まりません。
なるほど、議論しながら少しずつ変ってもらえるように持って行きたいと思います。
地元議員の教育は、住民の仕事かもしれません。
コメントありがとうございました。

阿部 徹さん
Blog読んでいただきありがとうございます。
>窓口業務を残しつつ効率化としてのインターネット利用を拡大させる。
 私もそう思います。 利用人口が少ないのであれば、無駄な投資となりますが、利用者から見て選択肢が増えるのは正しいことと思っています。
 今後もコメントよろしくお願いします。

Toms

ハードルの高さも考慮しなければいけないと思いますね。
(基本的には誰でも使えるものなので…)

5000円の税金控除をどうこう言う前に、
議員優遇で有名?な文書通信交通滞在費などを何とかして欲しいところです。

Toms-san
>5000円の税金控除をどうこう言う前に、
>議員優遇で有名?な文書通信交通滞在費などを何とかして欲しい
私もそう思います。 議員年金のようなものも見直して欲しいと思っています。
コメントありがとうございました。

一図書館員

私の勤務する図書館では、インターネットでも予約などの手続きができますが、電話や郵送でも構わないし、資料相談デスクも設け、そこで直接口頭で申し込んでももちろん構いません。インターネットでしか手続きができない図書館はないと思います。ちょっと、インターネットを使える人の方が優遇されているというのは誤解があると思います。ただし、インターネットで自分で検索できる方がはるかに便利です。それから、インターネットが使えると閉館時でも検索・予約程度ならできます。そういう差はあると思いますが、むしろ図書館として講習会をするとか、高齢者のように指が若い人のようには動かなかったりパソコンの小さな入力域などがとてもつらい人、障害のある人でも使えるように、もっと工夫するということが必要なのだと思います。

一図書館員さん
 私は図書館のIT化には深くかかわていた時期があり、最初の国産コンピューターメーカーにいたころは、全国の公共図書館システムや開放端末などの構築に関わってきました。
 図書ラベルや利用者カードの印刷に失敗してどれほど怒られた(ご迷惑をかけた)ことか、、、。
 インターネット予約などは、確かにカイゼンの余地がありますね。 高齢者やPCに慣れていない方にもやさしいシステム作りをしたいものです。
コメントありがとうございます。

Ifreeta

パソコンの講習会は、教育委員会の生涯学習担当の方で普通は開催されています。図書館も教育委員会の内なので、単独で開催されないのはそのためです。

パソコンもタッチペンや指で画面を触って操作するものもありますので、障害者さん達にはいいかもです。私もモバイルPCではやってます。

e-Tax ですが、多額の費用を使って作ったシステムを目標を掲げて勧誘している状況で、5,000円は個人が負担する費用の肩代わりです。ETC を例にあげれば分ると思います。

Ifreeta-san
>パソコンの講習会は、教育委員会の生涯学習担当の方で普通は開催されています。
そういえば、私のマンションのとなりにあるコミュニティセンター(兼図書館、兼児童館)で、パソコン講習会のポスターが張ってありました。

>5,000円は個人が負担する費用の肩代わりです。
>ETC を例にあげれば分ると思います。

次回、しっかりと説明してみたいと思います。
ありがとうございます。

コメントを投稿する