オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「ブログを書くモチベーション」と「社内ブログを書かない理由」

»

前回書いた”「ブログを書く」は間違っていない”での若者の意見の続きであるが、一般的なブログと社内ブログの使い方について聞いた。

 前回の話は、

 「ブログ」とは、もともと「Webログ」。つまり、Web上に自分のログ(記録)を書いているもの。 個人が記録として残しておきたい出来事、気づき、悩みを単に書き留めておくこと。 誰かに決められた目的や誰かに使ってもらうためではないから書いた内容についてとやかく言われる筋合いも無いし、だからこそ自由に書ける。

 というものだった。

<ブログを書くモチベーション>

なぜ、ブログを書くのかを整理すると

 ・インターネット上には膨大な人がいるから、こんな情報も役に立つ人がいる

 ・誰かの役に立っているかもしれないという充実感

 ・何かの時に誰かが助けてくれるかもしれないという期待

 ・軽い感覚で沢山の観客がいる舞台に立てるような非現実的な満足感

 ・匿名だから、誰にも迷惑をかけずに自分のことを書ける

 ・SNSの中で思わぬ出会いがあるが、ブログを書いてないとチャンスは訪れない

では、どのような時に満足感、充実感を得られるかだが、

 ・リアルな友達や、現実には合わない人からのコメントやトラバ

 ・アクセスランキング、足あとのログ、はてぶの数

 ・社内の思わぬ人からの「ブログ見たよ」の一言

 確かに、私もITメディアの週間アクセスランキングやコメント、そして、まともなトラバはとても励みになっている。

<なぜ、社内のブログを書かないのか?なぜSNSを使わないのか?>

 しかし、この若者は社内のブログには何も書いていない。 当社内では、様々なブログの環境は用意されているが、書くように推奨も指導もされていない。 書くのも自由、書かないのも自由。Notes,Intranet,Team Space,Blogなどのツールから最適なものを選ぶ。 書かないからといって問題だという声も出ない。

 コミュニティも自由に作れるが、目的のはっきりしたプロジェクトもの以外がない。 それも問題にはなっていない。

 なぜ社内のブログに書かないのかを聞いてみた。

・社内では、自分の投稿で誰かの役に立てる可能性は低い。

・個人を尊重する会社だと本当に思うが、やはり、実名でオープンはな書きにくい。

・日報のようなものや、業務上で気づいたことはNotesで共有している。

・他の業務に比べるとブログに情報を書くということに関する優先順位が低い。

・この忙しさの中で優先順位の低いことに無駄な時間を使いたくない。

・特にブログを書く必要性を感じない。何の不自由も無い。誰にも迷惑かけない。

・困ったことや悩みは、上司、メンター、同僚に相談したり、社外のSNSで相談する。 それに、仕事上の悩みは仕事で解決するしかない。

・アイディアや新しい仕組、商品、事業のアイディアの討議はNotesのディスカッションDBの方が優れている。 最後は顔を合わせて討議する方が良い。

・経営陣への提案はInnovation-Jam(会社の方針や方向性を討議するオープンなSNS)を利用すれば良い。 英語だから書きにくいが。

 実名だとなぜ書きにくいのかがわからず聞いたが理解できなかった。

 とにかく、社内ブログでは、最初は、何か目的を提供してあげなければ成り立たないのかもしれない。

<どうであれば、社内ブログを使うか?>

 もし、部で日報をブログでやりたいと言われたらどうするか?と聞いたところ。

「喜んで毎日書きますよ。皆が書くのなら。私も他の人の日報を見たいし、私の書いていることが役に立つ可能性がありますからね。部外の人は見られないのであれば」

 とのこと。

 とはいえ、ブログを使わせるために、社内ブログに日報欠かせるのは本末転倒だろう。

「ブログ”を”書く」から思わぬ展開になったが、私としては大きな気づきがあった。 今後、他の会社の若者にも同様の質問をぶつけて、このブログで紹介していきたい。

 ところで、皆さんはブログに何を書いていますか? なぜ、自分の日記帳に書かずにブログに書いているのですか? 社内のブログには何を書いていますか? なぜ書かないのですか?

Comment(8)

コメント

いとう

社内ブログ書いています。1つは日報をあげています。もう1つは日常生活で自分が感じたことを紹介しています。

本来、情報提供の場として活用が理想だと思いますが、現状、私は新人でしてまだ、社内の皆さんに何も有益な情報を発信することが出来ません。

日ごろ、どんな仕事をしているか紹介の意味もこめて日報をあげております。実際、情報提供してもらえることが多々あります。

また、ブログを毎日書くことは日課になっています。

始めは、社内ブログ活性化のために書いてほしいという依頼でしたが、今は日課になりました。

なぜ、日記帳に書かずにブログかというのは・・・日記帳では本当に自己完結型になってしまうと考えます。誰かが読んでくれることを意識すると、まとまりある文章が書けます。認識が間違っている場合、誰かが指摘してくれます。フィードバックが得られるのが魅力です。

あとは

み な さ ん 私をよく知って下さい

という気持ちが多いです。

いとうさん
 日報と気づきですね。 これを習慣化できているのは素晴らしいです。 社内ブログ活性化というきっかけで初めて日課になるパターンですね。
 いずれにしても、なんらかのきっかけは必要なのでしょう。
 ありがとうございました。

この記事も面白いですね!ただ、私の場合は、ブログを始めたきっかけは、最も簡単に XHTML と CSS を勉強できると思ったからなんですよね~(最近は、その目的が薄れてきましたけど・・・)何を書くかはどうでも良かった・・・今は、家族が興味を持っている内容をまとまり無く発信しています。

社内ブログでは、フォーマットが決まっていますし(よって XHTML や CSS は変更できない!)、定期的に「日記」を更新して社内に情報を発信するくらいなら、他の方法があるし。

Zero Cha Cool-san
なるほど。XHTML と CSS を勉強するためですか。
私はWebコンテンツもNotesで書いているほどのNotes人間なので、HTMLを書くということは、考えても見なかったのですが、YouTubeなんかを組み込んだりしていると、とても楽しく勉強になってきます。
 やみつきになりそう。
ブログ見させていただきました。ビジネス系の記事も含め、楽しくよめました。 時々お邪魔します。 
 今後もコメントお願いします。

末端の若手社員の目線ですが、もし、社内ブログを書けと上司に言われたら、やはり書こうと思いますね。

出世につながるかも?という下心もありますが、自由ではなく、色々と制約がある中で読ませる文章づくりができるのは能力の向上につながると思います。

私の会社は社内SNSを開発し販売もしている会社ですが、当の会社のほうで末端までシステムが機能しているのか疑問でもあります。

きびたんさん
面白い視点です。
しかし、「読ませる文書づくり」であれば、社外に実名ブログをたてる方がいいように思います。
きびたんさんのブログを拝見しました。 今度コメントさせていただきます。
コメントありがとうございました。

個人ブログは、雑記帳に近い感じですが、
あのおいしいお店どこだっけかな?とか
あれはじめたのいつだっけかな?とか、
後になると結構使えてたりします。

イントラブログの方は、
ちょうどL25の「やさぐれるには、まだ早い」
にありましたが、読み手を想定して書いています。
想定しているのはマーケティングを
はじめて担当する方です。

超ミニミニケーススタディの論調で
毎日書いていますが、
自分のアンテナ磨きにも相当役立っています。

ネガティブなことを言うと、
当社のイントラブログの女王にどうしても
アクセスランキングで勝てないので、
モチベーションあげにくいです(笑)

矢崎さん

 やはり、自分用の気づきメモとして利用するのがいいのでしょうね。 外出が多い私たちにとっては、ノートPCでのオフライン(常に携帯があたりまえです)が弱いのが悩みです。
 それでテーマや自分の得意分野が決まってきたら、ターゲットを決めて書くようにするという感じでしょうか?

>自分のアンテナ磨きにも相当役立っています。
 それは非常にいいですね。

>当社のイントラブログの女王にどうしても
>アクセスランキングで勝てないので、
>モチベーションあげにくいです(笑)
 これ、わかります。 ITMediaでもそうでうすが。
私は本業以外のプライベイトしか、週間投稿TOP20に入らないのです。
コメントありがとうございました。

コメントを投稿する