オルタナティブ・ブログ > けんじろう と コラボろう! >

ビジネスとお父さん業のスキルを向上するIT活用術

「インターネット経由」とは何処を通っているのか?

»

 「なんか今日、インターネット遅いんだけどー」という娘の言葉に「どこかのプロバイダーが遅いんだよ。どこを通っているかわかんないからね」と答えると、いつものように素朴で鋭い質問が帰ってきた。

「プロバイダー? インターネットって国がやってる高速ネットワークでしょ?」 

 プロバイダーという自宅や会社につなげているネットワーク会社が沢山あって、そのプロバイダー同士が高速な回線でお互いに結び合って大きなネットワークになっていることを説明した。 

いろんなプロバイダーや大学、公共機関のネットワークが相互につながっている全体を「インターネット」と呼び、ネットワーク同士の「間」をつなぐから「インター」(相互の間)と説明し、世界のインターネット接続の多くが、一旦アメリカを経由することも説明した。

 私は15年程前に統合オフィスシステム*、パソコンLAN型グループウエア**、パソコン通信***、そして日本のインターネットの基礎となったJUNET****とアメリカのNSFnet(NotesDBでもUNIXのファイルサーバーでもなく、USEnet,CSnet,BITnet,DODなど学術ネットワーク)と接続するUNIXサーバー構築をやっていたので、このあたりは詳しいつもりであったが、次の質問には説明できなかった。 

 「でも、それだと途中のプロバイダーが失敗するとメールは消えちゃうの? それと、イギリスのマーサにメール送ったときに、Yahooとマーサのプロバイダーはお金払っているけど、間の通るだけのプロバイダーってお金もらえなくて可愛そうじゃない?」

 確かにそうである。私の説明だとメールなどは途中のプロバイダーのルーターやスパム&セキュリティ対策システムで消されてしまっている可能性があるし、日本からイギリスのWebサイトのアクセスした場合は、間に位置する経由するだけのプロバイダーは、ただで自分のネットワークを利用されるだけでだ。 最近はビデオ画像など大容量のデーターが通ることも多いのだからたまったものではない。

インターネットの各ネット業者の接続は以前では大きなポスターに印刷されていたのでわかっていたが、情報スーパーハイウエイやe-Japanあたりから、私の時間は止まっているようだ。

 どなたか、インターネットのデーターやメールがどのように通っていて、収益モデルがどのようになっているか説明できないだろうか。 

*   IBM Profs, NEC アラジン, 富士通Telenotes/Team Ware (ICL)

** LaMail, 日本油脂 LanWorld, 富士通BSC Mail Runner, NEC情報サービス ねっとばーど、 片貝研究所 スーパー秘書優子など

*** NEC PC-VAN(現BIglobe)、富士通Nifty、IBM Peopleなど

**** IPではなくUUCPでメール・ニュースをバケツリレー。TelnetやFTPは構内のみ

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Comment(7)

コメント

soel

知ってることについて簡単にですが、説明させていただきます。情報が古い場合がありますがその点はご了承を・・・

おおむねその図であっておりますが、
各ISP及び国際的にネットワークをつなぐためのネットワーク
「インターネットバックボーン」と言うものが存在します。
詳しく解説されているページが見つからなかったので簡単に文章で説明しますと、
インターネットバックボーンに各ISPが接続し(エクスチェンジポイント(IX)接続といいます)、
それとは別にISP同士が接続しているイメージです。

インターネットバックボーンには日本国内用バックボーン(ISP同士が主に提供)と
国際インターネットバックボーン
(NTTやKDDIが提供し、海底ケーブルで海外と接続)があります。
このバックボーンは24時間365日厳重に監視されており、障害への迅速な対応がなされています。

次にこの収益モデルですが、
国内バックボーンに関しては一般的に定額、
驚くべきことに国際インターネットバックボーンは従量課金です。
(この辺の情報が古いです。今は違うかも)
ですので、国際バックボーン接続が必要な通信のみ国際インターネットバックボーンを通り、
その他は国内用バックボーンを用いて通信を行います(プロバイダー同士の直通線のほうが安い、もしくは定額なので)。

わかりにくく、しかも長くなってしまいましたが、大まかに説明しますとこんな感じです。

Soelさん
 ありがとうございます。
①私の図のアメリカの左側にある”IX”とメモッたネットワークをハブとして国内の各プロバーダーが接続しているので、海外に行く場合は、他のプロバイダーを経由していくわけではない。
②国内にもハブのようなバックボーンネットワークがあり、そこを経由してISPが相互に接続しているので、複数のプロバイダーをいくつも経由して相手に届くわけではない。
③収益に関しては、プロバイダー加入者から料金を徴収して、そのお金で両ハブと接続する費用に宛てている
-----------------
ということになるわけですね。なるほどわかりました。とてもわかりやすいです。
今度、もう一度図を書いてみます。これで、ちゃんと説明ができます。
 ところで、1つ疑問が沸くのですが、
 海外用バックボーンに接続していないISPはないのでしょうか? 海外のバックボーンにつなぐと高いから海外につながっている国内の大手ISPにつなげてしまって、そこを経由して海外に行くほうが安くつきそうですが。

③について少しだけ。
どのような通信事業者であれこの手のコストはサービス原価の一部ですので、きちんと取るものは取ってますし、とられるものはきっちり取られます。公開企業であれば、有価証券報告書にしっかり出てますが、事業者間の相互接続費用って実は驚くような金額です。

soel

>海外用バックボーンに接続していないISPはないのでしょうか?

あります。いわゆる二次プロバイダーと呼ばれるプロバイダーのことです。
この二次プロバイダーはバックボーンへの直接接続はなく、
IX接続しているプロバイダー(一次プロバイダーと呼ばれています)に直通接続しています。
この場合二次プロバイダーは一次プロバイダーへの接続料を払うという形態になります。

料金が安くなるかというと実際安い二次プロバイダーはたくさんあります。
が、IXの接続ポイントがないため、海外と通信するときは一次プロバイダーとの線の帯域がボトルネックとなったり、
サービスが一次プロバイダーの仕様に引っ張られる傾向があります(グローバルIPは対応不可など)。

ちなみに一次プロバイダーは大手プロバイダー(NTT系、ヤフーBB、KDDI系、niftyなど有名どころ)
二次プロバイダーはローカルな地域プロバイダーに多いです。

岩永さん
 ありがとうございます。 先ほどKDDIの今月の決算書を見てみました。金額は単位が大きすぎて高いのか安いのかわかりませんでしたが、回線数の多さには驚かされました。

柿右衛門

メールは、以前はUUCPのバケツリレーで複数のメールサーバーを経由してましたけど、最近は自分のPCがつながっているISPのメールサーバーから宛先のメールサーバーに直接送られるようになったと理解しています。途中で経由するISP/IXはWebのデータと同じで貯めずに通過させているだけのようですが、違うのかな。詳しい方、お願いします。

柿右衛門さん
 こんにちわ。 コメントありがとうございます。
 バケツリレーではなくなったと思いますが、クライアントからプロバイダーのポップサーバーに書いた後、そのサーバーのSMTPだか、なんらかのプロセスが適切なサーバーに直接送っていると思います。

コメントを投稿する