オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

オンラインで相手に伝えることの難しさ、それを克服する方法

»

昨日のブログで「ハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化」について解説した。

【図解】コレ1枚でわかるハイコンテクスト文化とローコンテクスト文化

日本は、典型的な「ハイコンテクスト文化」であり、欧米は「ローコンテクスト文化」であるといわれている。

私は、年に100回を越える講義や講演をこなしているが、日本もまた、「ローコンテクスト文化」になりつつあることを実感する。例えば、受講者は、同じ会社であっても役職も違えば、やっている仕事も違う。オープンな勉強会やセミナーであれば、ますます前提となる知識も仕事への考え方も違う。DXや働き方改革など、新しい言葉が登場すると、それぞれが自分なりの解釈をして納得しているし、めまぐるしく変わる社会情勢に、多くの人たちが共通の理解に達する前に、また新たな事態に遭遇する。コンテクストを共有することが難しく、まさにお互いに理解し合えない、ローコンテクストな世界がいまの日本であり、講義や講演では、そういう人たちを相手にしなければならない。

presentation_man.png

昨今は、オンラインの開催ばかりになった。オンラインでは、講師も受講者も共に五感を総動員することはできないので、受講者の様子や反応という、日本人であることの共通のコンテクストを読みとることもできないし、こちらがそれに合わせて、説明の流れや内容を変化させることも難しい。ますますローコンテクストであることが、際立ってくるし、そのことをこれまで以上に意識して、対処することが求められる。

こんな状況であっても、こちらのメッセージを伝え、強く印象づけることが、講師の仕事である。そのためには、これまでにも増して話す内容やチャート/図表の役割が相対的に重くなる。

勢いやノリではなく、論理的構造とそれを表現するわかりやすいチャートを描けるかどうかだ。また、声の抑揚や感情の起伏がマイクやカメラでフィルターされるため、身振り手振りを伝えにくくなる。これをカバーするためには、意識してオーバーアクションを心がけなくてはならない。そうやって、欠落する感覚の要素を代替し、伝えることではなく、伝わることをこれまでにも増して意識し、それをカタチにしなくてはならない

もうひとつ、難しいのは、共感や感動を生みだすことだ。共感や感動は、「心臓の拍動によって生みだされる電磁波が、周囲に居る人たちに伝播することで生じる」との研究があるようだが、それが事実かどうかはさておき、人がそばに居ることで、「雰囲気に呑まれる」というのは、誰もが経験していることだろう。オンラインでは、それができない。だから、言葉の表現やチャートに感情的要素、あるいは、共感や感動を生みだす要素を組み入れることで、その代替とする。

それは何も、大声を発することだとか、劇画的なタッチでチャートを描くことではない。自分の経験と結びつけて、自分がどう感じたのかを伝えることだ。つまり、自らの生々しい体験を伝え、彼らの想像力を惹起し、感情移入させることだ。あるいは、受講者が身近に感じることでの例え話、言って欲しくないタブー、初めて聞く話しなど、とにかく感情に揺さぶりをかける。そうやって講師と同じイメージを受講者に描かせ、これを共感や感動の土台とし、その土台の上で話を展開することで、共感や感動を演出することができる。

このようなことは、何もオンラインだけのことではない。リアルな場合でも同様ではあるが、そういう講義や講演の本質みたいなところが、オンラインによって一層際立たされることは間違えないし、それをリアル以上に意識してカタチにすることがオンラインでは大切になるだろう。

私たちは、ハイコンテクスト文化に生きていると錯覚しているのではないか。確かに、欧米諸国に比べれば、相対的には間違えではない。しかし、不確実性の高まりや急速なテクノロジーの進化、ビジネスのグローバル化は、人々の意識や理解をまだら模様にさせ、コンテクストの共有を難しくしている。家族であっても、お互いに理解し合うことが難しいのは、世代のギャップが、親世代と比べて大きくなっているからだろうし、夫婦共働きで異なる企業文化で日常の大半を過ごしているからであろう。

もはやローコンテクストな世界に生きていることを自覚し、それにふさわしいコミュニケーションを心がけることが大切だ。そんなローコンテクストな日常を生きているにもかかわらず、「以心伝心」や「空気を読む」、あるいは、「なんでこんなことが分からないんだ」や「分かっていて当然」といった、ハイコンテクストならではの前提に立って、行動し、うまくいかないことにイライラするのは、そろそろ考え直すべきかも知れない。

【参考】ローコンテクストなビジネス環境をハイコンテクストなやり方で乗り切ろうとする残念な人たち

新入社員のための最新ITトレンド1日研修(参加費 1万円)

NE_Class.png

いまのITの常識を整理して、わかりやすく解説し、これから取り組む自分の仕事に自信とやり甲斐を持ってもらおうと企画しました。お客様の話していることが分かる、社内の議論についてゆける、仕事が楽しくなる。そんな自信を手にして下さい。

オンライン(zoom)でも、ご参加頂けます。

下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)

【第1回】2020年8月3日(月) *定員のため締め切りました*
【第2回】2020年9月2日(水) *会場は定員のためオンラインのみ受け付けています*

1万円(税込11,000円)

新入社員以外で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,800円)でご参加いただけます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【7月度のコンテンツを更新しました】
======
新規プレゼンテーション・パッケージを充実させました!
・新入社員研修のための2つのパッケージについて改訂と新規追加
・そのまま使えるDXに関連した2つの講義パッケージを追加 
・ITソリューション塾・第34期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂
======
新入社員研修
【改訂】新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス・7月版
【新規】ソリューション営業活動プロセスと実践ノウハウ
講義・研修パッケージ
【新規】デジタル・トランスフォーメーションの本質〜Withコロナ時代のデジタル戦略(63ページ)*講義時間:2時間程度
>DXの本質や「共創」戦略について解説します。
【新規】デジタル・トランスフォーメーション時代の最新ITトレンドと「共創」戦略(241ページ)*講義時間:6時間程度
>DXの本質と「共創」戦略を解説するとともに、それを支えるテクノロジーであるクラウド、AI、IoT、アジャイル開発、人材の育成などについて、広範に解説します。
======
【改訂】総集編 2020年7月版・最新の資料を反映(2部構成)。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画 第34期版に差し替え
>AI / 人工知能
>注目すべきテクノロジー(量子コンピュータとブロックチェーン)
>これからの開発と運用
======
ビジネス戦略編
【新規】Withコロナ時代のITビジネス環境の変化(〜3年) p.6
【新規】ビジネスを成功に導く重要な3つの要件 p.7
【新規】職場 リモートワークの5段階 p.8
【新規】個人 自己完結能力の5段階 p.9
【新規】職場と個人のギャップ p.10
【改訂】デジタル化:デジタイゼーションとデジタライゼーション p.15
【新規】PDCAサイクルとOODAループ p.56
【新規】価値基準の転換が求められる時代 p.57
【新規】DXと企業文化とアーキテクチャ p.58

下記につきましては、変更はありません。
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編
 ITインフラとプラットフォーム編
 サービス&アプリケーション・基本編
 開発と運用編
 クラウド・コンピューティング編
 サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
 サービス&アプリケーション・先進技術編/AI

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する