オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

SIerが考えておくべき2つの大きな潮流と対処のアイデア

»

ひとつは、自動化と自律化の潮流だ。自動化の狙いは、省力化によるコスト削減だけではない。作業品質の均質化や安定運用、変更変化への即応などでブレークスルーを生みだすことにある。

このような取り組みは、目新しいことではないが、かつてと異なるのは、決められたやり方を確実にこなす自動化に、自律化の潮流が加わったことだろう。

自律化とは、機械(あるいはソフトウエア)が、自己学習機能を備え、状況に応じて自らが判断して適応し、これまで人間にしかできないと思われていた高度な判断を伴う作業を実行する仕組みである。

自律走行自動車、医療診断や法律解釈を支援してくれるアドバイザー、工場で人間と一緒になって作業するロボットなど、広範な分野での実用化が進んでいる。システムの世界にもこのテクノロジーが組み込まれてゆくだろう。特にテスト工程や運用管理といった、パターン化しやすい業務から適用が拡大してゆくだろう。

もうひとつの潮流が、「生産年齢(15歳〜64歳)人口」の減少だ。2010年の8000万人以上から、2030年に6700万人ほどになるという。直近の5年間(20152020)をみても、7682万人から7341万人、341万人が減少する。

人手不足の問題を、人手を増やすことで解決しようとしても、構造的にできなくなる。また、人手不足の結果、開発現場の疲弊が問題にされているが、このような厳しい労働環境を抱えたままでは、人材は集まらず人手不足はさらに深刻になるだろう。

この2つの潮流は、「人数×単金×期間」の収益構造で成長を維持することを不可能にする。ではどうすればいいのか。

スクリーンショット 2020-06-29 5.44.01.png

ポイントは、「ITをお客様に使わせるビジネス」から、「ITを自ら使って、お客様に価値を直接提供するビジネス」へのシフトだ。

これまでは、サーバーやPCを売る、ネットワークやインフラを構築する、受託開発するといったやり方で、できあがったシステムをお客様に渡してしまい、使うのはお客様任せだった。そこで、発想を転換し、これに続く「お客様がこれを使って行う仕事」を直接サービスとして提供するビジネスへとシフトすることだ。それは、必ずしもSaaSを提供することではない。SaaSに附帯する人手の必要とする業務もセットにして、提供することもできる。例えば、セキュリティ対策のためのSaaSを起ち上げ、それに伴う運用管理や教育などを請け負うことや、文書管理SaaSを提供しつつ、自らがそれを使って、紙の書類の入力や補完する書類の倉庫管理を引き受けることもできるだろう。

つまり、システムを提供し、それを使っての課題解決は、お客様に委ねるシステム・ソリューションを提供することから、そのシステムを自ら使って、お客様の課題解決に、直接貢献することへの転換だ。

これは、これまでのスキルやノウハウ、顧客資産を放棄して、全く新しいことをはじめなければいけないといった無謀な話ではない。ビジネスの重心を移動させるだけの話だ。

時代の潮流を味方にするか、敵に回すかは、そんなわずかな重心の移動だけかも知れない。

新入社員のための最新ITトレンド1日研修(参加費 1万円)

NE_Class.png

いまのITの常識を整理して、わかりやすく解説し、これから取り組む自分の仕事に自信とやり甲斐を持ってもらおうと企画しました。お客様の話していることが分かる、社内の議論についてゆける、仕事が楽しくなる。そんな自信を手にして下さい。

オンライン(zoom)でも、ご参加頂けます。

下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)

【第1回】2020年8月3日(月)
【第2回】2020年9月2日(水)

1万円(税込11,000円)

新入社員以外で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,800円)でご参加いただけます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【6月度のコンテンツを更新しました】

======

  • 以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
    ・2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
  • ITソリューション塾・第34期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂

======

【改訂】総集編 2020年6月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。

【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画

  • デジタル・トランスフォーメーションと「共創」戦略
  • ソフトウェア化するインフラストラクチャー
  • ビジネスの新しい基盤となるIoT

======

ビジネス戦略編

  • 【改訂】ビジネス発展のサイクル p.9
  • 【新規】DXはどんな世界を目指すのか p.17
  • 【新規】DXの実現を支える3つの取り組み p.50
  • 【改訂】MONET Technologies p.65

クラウド・コンピューティング編

  • 【新規】XaaSについて p.47
  • 【新規】シームレスなマルチ・クラウド環境を構築するAnthos p.110
  • 【新規】クラウド各社のOpenShiftマネージドサービス p.111

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】IoTの定義 p.15
  • 【新規】サプライチェーンとデマンドチェーン p.44-45
  • 【新規】MaaSエコシステムのフレームワーク p.61

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI

  • 【改訂】人工知能の2つの方向性 p.12
  • 【新規】AIとAGI p.13
  • 【新規】ルールベースと機械学習の違い p.66

下記につきましては、変更はありません。

  • ITの歴史と最新のトレンド編
  • テクノロジー・トピックス編
  • ITインフラとプラットフォーム編
  • サービス&アプリケーション・基本編
  • 開発と運用編
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する