オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

ソリューションの本質はお客様にイノベーションを提供することだ

»

「イノベーション」の本来の意味をたどれば、「新結合」という言葉にたどり着く。20世紀前半に活躍した経済学者シュンペーターの言葉だが、彼は産業革命を支えたイノベーションのひとつである「鉄道」を例えに、次のように語っている。

inov.jpg

「馬車を何台つなげても汽車にはならない」。

「鉄道」というイノベーションは、馬の馬力をより強力な蒸気機関に置き換え多数の貨車や客車をつなぐという「新結合」がもたらしたものだという。旧来からあった蒸気機関と馬車の荷台や客車を組み合わせたことで、汽車が生まれ鉄道というビジネスが生まれた。新しい技術=イノベーションではない。

私たちはイノベーションを「新しい技術による革新」と捉えがちだが、本来の意味は次のようになる。

「新しい技術も含め、技術や仕事のやり方などの様々な要素を、これまでとは違う視点で捉え、新しい組合せにより変革を実現すること」

ソリューション・ビジネスに置き換えて考えれば、次のようになる。

「これまでの仕事のやり方を、より強力なITという蒸気機関に置き換えて、業務やビジネスの課題を解決するためのテクノロジーと業務プロセスの"新結合"を実現すること」

新しいテクノロジーそのものを生みだす「インベンション(発明)」も必要だ。昨今話題のAIや量子コンピューターなど、かつては想像もつかなかったことが実現しようとしているが、このような発明は、誰にでもできることではない。一方、既存の技術やビジネス・プロセスの新結合、すなわちイノベーションには、誰にでもチャンスがある。

例えば、「JINS PC」は、発売から2年で販売累計本数300万本を突破したパソコン用メガネだ。これまでメガネの需要は、「目の悪い人」に限られていた。この常識を打ち破り、「目の健康な人」すなわち「PCを使う全ての人」に市場を拡げた。最先端のテクノロジーではなく既存の技術をうまく使い、新しい市場との「新結合」を実現したのだ。

ソリューションとは、お客様の課題を解決するためのパッケージである。例えば、ノウハウを提供するコンサルティング、解決策を実現する製品やサービス、工数などの最適化された組合せである。ならば、お客様の業務や経営の現状を深く考察し、これまでには無い新しい組合せ、すなわち「新結合」によって、その課題を解決できれば、それこそがイノベーションであろう。必ずしも新しい技術や製品の提供にだけとらわれる必要はない。

「お客様の課題をイノベーションによって解決する。」

不確実性が高まるいま、そんなイノベーションは、ますます求められている。

新入社員のための最新ITトレンド1日研修(参加費 1万円)

NE_Class.png






いまのITの常識を整理して、わかりやすく解説し、これから取り組む自分の仕事に自信とやり甲斐を持ってもらおうと企画しました。お客様の話していることが分かる、社内の議論についてゆける、仕事が楽しくなる。そんな自信を手にして下さい。

オンライン(zoom)でも、ご参加頂けます。

下記日程のいずれか1日間(どちらも同じ内容です)

【第1回】2020年8月3日(月)
【第2回】2020年9月2日(水)

1万円(税込11,000円)

新入社員以外で参加されたい場合は、3万8千円(税込 41,800円)でご参加いただけます。

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【6月度のコンテンツを更新しました】

======

  • 以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
    ・2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
  • ITソリューション塾・第34期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂

======

【改訂】総集編 2020年6月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。

【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画

  • デジタル・トランスフォーメーションと「共創」戦略
  • ソフトウェア化するインフラストラクチャー
  • ビジネスの新しい基盤となるIoT

======

ビジネス戦略編

  • 【改訂】ビジネス発展のサイクル p.9
  • 【新規】DXはどんな世界を目指すのか p.17
  • 【新規】DXの実現を支える3つの取り組み p.50
  • 【改訂】MONET Technologies p.65

クラウド・コンピューティング編

  • 【新規】XaaSについて p.47
  • 【新規】シームレスなマルチ・クラウド環境を構築するAnthos p.110
  • 【新規】クラウド各社のOpenShiftマネージドサービス p.111

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】IoTの定義 p.15
  • 【新規】サプライチェーンとデマンドチェーン p.44-45
  • 【新規】MaaSエコシステムのフレームワーク p.61

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI

  • 【改訂】人工知能の2つの方向性 p.12
  • 【新規】AIとAGI p.13
  • 【新規】ルールベースと機械学習の違い p.66

下記につきましては、変更はありません。

  • ITの歴史と最新のトレンド編
  • テクノロジー・トピックス編
  • ITインフラとプラットフォーム編
  • サービス&アプリケーション・基本編
  • 開発と運用編
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する