オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

自分の未来に責任を持てなければ、お客様からの信頼を失う

»

「マイクロサービス、コンテナ、サーバーレス/FaaS」が、SIビジネスの存続を難しくしてしまうかもしれない。「デジタル・トランスフォーメーション」という言葉藻、その本質を理解すれば、それがSIビジネスに破壊的な影響をもたらすことだと理解できるはずだ。

インフラの構築や運用、アプリケーション開発を根本的に変えてしまう可能性がある。アプリケーション開発者は、インフラの構築や運用を気にせずにアプリケーション開発に専念できるようになる。

「デジタル・トランスフォーメーション」とは、「人間が仕事をすることを前提にするビジネス・プロセス」から「機械やソフトウェアが仕事をすることを前提にするビジネス・プロセス」へ「トランスフォーム」すること。これまでは、人間が仕事をすることを前提に業務プロセスは設計されてきたが、人間が仕事をする以上、人間の持つ非合理性や労務的な制約を完全に排除することはできない。しかし、一切の仕事を機械やソフトウェアだけで実現できるのであれば、このような制約から解放され、劇的な生産性や品質の向上が期待できる。かつて、そのようなことは非現実的なことだったが、テクノロジーの進化がそれを可能にしようとしている。

スクリーンショット 2020-06-16 5.45.06.png

これは、人間を排除することではない。人間にしかできないこと、すなわち、「どうすればお客様の事業に貢献できるだろうか」をお客様と共に考え、目的やテーマを設定し、どのようなテクノロジーを駆使すればいいのかなどの創造的なことに、より多くの意識と時間を注ぐことができるようになると言うことだ。

この変化の最前線に立たされているのがSIビジネスだ。例えば、インフラ機器の販売や構築、運用は、クラウドや自動化に置き換えられ、手間のかかる構築や運用はクラウド・サービスに任せてしまうという流れが定着しつつある。

過去の常識や成功モデルがいつまでも通用することはない。だから、この変化が何処に向かってすすんでいるのかを知り、3年後あるいは5年後のために手を打っているかどうかは、自らの未来にとって決定的な意味を持つ。

ITを提案し構築する仕事は、お客様の3年後あるいは5年後に責任を持つ仕事だが、その当事者が、自分の未来に責任を持てないとすれば、お客様からも信頼を失い、ますます自らを厳しい状況に追い込んでしまう。

未来に向かった変化は急速に進んでいる。だからこそ、この変化の本質を読み取り先取りすることが、生き残りと発展の前提となる。

では、なぜ、それがうまくいかないかだが、それについては、こちらの記事が参考になるだろう。

【参考】「アーキテクチャ」に向きあうことが変革を加速する

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【6月度のコンテンツを更新しました】

======

  • 以下のプレゼンテーション・パッケージを改訂致しました。
    ・2020年度・新入社員のための最新ITトレンドとこれからのビジネス
  • ITソリューション塾・第34期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を改訂

======

【改訂】総集編 2020年6月版・最新の資料を反映しました(2部構成)。

【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画

  • デジタル・トランスフォーメーションと「共創」戦略
  • ソフトウェア化するインフラストラクチャー
  • ビジネスの新しい基盤となるIoT

======

ビジネス戦略編

  • 【改訂】ビジネス発展のサイクル p.9
  • 【新規】DXはどんな世界を目指すのか p.17
  • 【新規】DXの実現を支える3つの取り組み p.50
  • 【改訂】MONET Technologies p.65

クラウド・コンピューティング編

  • 【新規】XaaSについて p.47
  • 【新規】シームレスなマルチ・クラウド環境を構築するAnthos p.110
  • 【新規】クラウド各社のOpenShiftマネージドサービス p.111

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT

  • 【新規】IoTの定義 p.15
  • 【新規】サプライチェーンとデマンドチェーン p.44-45
  • 【新規】MaaSエコシステムのフレームワーク p.61

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI

  • 【改訂】人工知能の2つの方向性 p.12
  • 【新規】AIとAGI p.13
  • 【新規】ルールベースと機械学習の違い p.66

下記につきましては、変更はありません。

  • ITの歴史と最新のトレンド編
  • テクノロジー・トピックス編
  • ITインフラとプラットフォーム編
  • サービス&アプリケーション・基本編
  • 開発と運用編
Comment(0)

コメント

コメントを投稿する