オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

コロナ・ショックで明らかになった3つの不都合な真実・覚悟すべき「コロナの意趣返し」

»

リモートワークやオンライン会議、顧客訪問ができず出張もできない。そんな状況が、突然に訪れて明らかになってしまった不都合な真実が、いろいろとあるようだ。思いつくままに、いろいろと並べてみることにした。

真実_01 会議に必要な本当の時間は短かったこと

顔を合わせなければ気持ちが伝わらない、だからオンライン会議ではダメなんだと持論を曲げなかった人たちにしてみれば、面目丸つぶれだろう。しかし、それ以上に大きな気付きは、「いままで、どれほど会議に無駄な時間を使っていたか」という真実だろう。感覚的に言えば、負担であれば1時間の打ち合わせが3040分で終了する。

shigoto_sabori.png

その理由として考えられることは、人の話を集中して聞くようになったこと、そして、論点を整理して発言しようという意識が高まったことではないか。傾注しなければ聞き取れない他人の声、発話のタイミングをのがさないようにするために議論に聞き入り、意見を述べなければ、自分の存在感を示せないという不安などもあるのかも知れない。何人かに話しを聞くと、会議室で顔を合わせる会議に比べて相当疲れるという人たちが多いように思う。

いわば、効率のいい会議ができるようになったと言うこと。

真実_02 「仕事をする」と「オフィスにいる」が同じだったこと

いまの我が国の労働に関わるルールは「時間」が基準で作られている場合が多い。例えば、定時退社や定時出社、残業などは、従業員の労働の質や成果ではなく、彼らの拘束時間を管理する考え方に基づいている。働き方改革も「残業時間を減らす」だけがKPIとなっていて、生産性や品質、成長の機会といった視点が欠落している企業も多いようだ。結局のところ、オフィスに出社している時間、客先に訪問している時間(成果を生まない移動時間を含む)が、管理すべき対象となっている。

管理職の役割は、そんな彼らの「時間」を管理することが主な役割である。だから、遅くまでオフィスに居ると「早く帰りなさい」といい、「あした提案なんで、もう少し完成度を上げておきたい」など言おうものなら、「そんなのは適当でいいよ。早く帰ることが優先だ」と仕事の質を低下させ、本人の成長の機会を奪っている。

ある企業では、「リモートワークになって、仕事を始めるとき、終わるときにメールせよ」とのルールを作った会社もあると聞く。内容や成果ではなく、時間を管理するという考え方では、リモートワークというのは、まさにそんな真実をあからさまにした。

出社することが仕事だと考え、定時出社と定時退社をサラリーマンの鑑と心得ていた人たちにとっては、自らのアイデンティティの崩壊を招くことになるだろう。

真実_03 都心の立派なオフィスと通勤時間が無駄であったこと

なんやかんやいいながら、リモートワークで仕事がこなせているし、行き帰りの通勤で体力を消耗することもなく、時間の無駄もなく、仕事の効率も上がると実感している人たちは、少なくないだろう。そう考えると、「あんな立派なオフィス作るくらいなら、オレの給料を上げてくれ」と大声で叫びたくなるだろう。ついでに「通勤のための交通費も給与として下さい」と小さな声で叫んでみてもいいだろう。

ペーパーレスができていない、紙の書類を見ないと分からない、ハンコがないとワークフローが回せないという会社も少なくないが、それでも毎日きちんと満員の通勤電車に乗って定時に出社・退社する必要はないので、必要な時に立ち寄ればいいのだから、こんな効率のいいことはない。それで仕事が回せるのだとの真実に、奇しくも気付いてしまったことは、もはや取り返しが付かないだろう。

最後に

アフター・コロナは必ずやってくる。全てがビフォア・コロナに戻ることはないだろう。そして、覚悟しておいた方がいいのは、「コロナの意趣返し」である。例えば、「都内から移動が制限される」から「埼玉や千葉などの都外の人たちは都内に泊まってください」とか、「この間に積極的に有休を消化して下さい」とか、従業員の健康や生活を後回しにする会社から、多くの人たち、特に若くて優秀な人たちが、辞めてゆくだろうということだ。つまり、社員から会社に対する意趣返しである。

また、リモートワークで「働かないおじさん」たちが浮き彫りにされるわけだが、景気が劇的に落ち込むことを考えると、そういう人たちが、リストラの最優先対象にされることになるだろう。いわば、会社から社員に対する意趣返しもはじまる。

そんな2つの意趣返しが、アフター・コロナの会社や社会をリセットすることになるのもしれない。

【参考】コロナ・ショックがあからさまにする会社と自分の現実にどう向きあうか

「コレ1枚」シリーズの最新版 第2版から全面改訂

新しく、分かりやすく、かっこよく作り直しました

デジタル・トランスフォーメーション、ディープラーニング、モノのサービス化、MaaS、ブロックチェーン、量子コンピュータ、サーバーレス/FaaS、アジャイル開発とDevOps、マイクロサービス、コンテナなどなど 最新のキーワードをコレ1枚で解説

144ページのパワーポイントをロイヤリティフリーで差し上げます

デジタルってなぁに、何が変わるの、どうすればいいの?そんな問いにも簡潔な説明でお答えしています。

ITビジネス・プレゼンテーション・ライブラリー

【3月度のコンテンツを更新しました】
======
・DX関連のプレゼンテーションを大幅に拡充
・ITソリューション塾・第33期(現在開催中)のプレゼンテーションと講義動画を更新
======
【改訂】総集編 2019年3月版・最新の資料を反映しました。
【改訂】ITソリューション塾・プレゼンテーションと講義動画
 >デジタル・トランスフォーメーション
 >ソフトウエア化するインフラとクラウド
 >IoT
 >AI
======
ビジネス戦略編
【新規】デジタルとフィジカル p.5 
【新規】Purpose:不確実な社会でもぶれることのない価値の根源 p.22
【新規】DXの実装 p.37
【新規】DXの鍵を握る テクノロジー・トライアングル p.38
【新規】DXの実践 p.41
【新規】ビジネス構造の転換 p.42
【新規】エコシステム/プラットフォームを支える社会環境 p.74
【新規】「活動生活」の3分類 p.278

ITインフラとプラットフォーム編
【新規】つながることが前提の社会やビジネス p.269
【新規】回線とサービスの関係 p.268

クラウド・コンピューティング編
【改訂】銀行の勘定系 クラウド化が拡大 p.31
【新規】政府の基盤システム Amazonへ発注 p.33
【新規】AWS Outposts の仕組み p.108

サービス&アプリケーション・先進技術編/IoT
【新規】モノのサービス化に至る歴史的変遷 p.44
【新規】ソフトウェアが主役の時代 p.45
【新規】ビジネス・モデルの変革 p.46

サービス&アプリケーション・先進技術編/AI
【改訂】人工知能の2つの方向性 p.12
【改訂】AIと人間の役割分担 p.22
【改訂】知能・身体・外的環境とAI p.83
【新規】管理職の仕事の7割をAIが代替・Gartnerが2024年を予測 p.87

下記につきましては、変更はありません。
 開発と運用編
 サービス&アプリケーション・基本編
 ITの歴史と最新のトレンド編
 テクノロジー・トピックス編

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する