オルタナティブ・ブログ > ITソリューション塾 >

最新ITトレンドとビジネス戦略をわかりやすくお伝えします!

「お客様の立場に立つ」とはどういうことか

»

「それは、給与泥棒と言うんですよ!」

新人の頃だったと思います。お客様のシステム部長を訪問したとき、同行の先輩営業が、決断を渋るその部長に放った言葉でした。相手は真っ赤になって、いまにも切れてしまいそうな表情で先輩営業を睨んでいたことを覚えています。新人ながらも、そんな失礼なことを言ってしまっていいものかとのあたふたし、張り付いた空気の中で居場所のない思いでした。

fairq.jpg

後で思えば、そういうことを言い合える信頼関係があったのだと思います。先輩営業としても、そうすることが最善の策だとの自信もあったのでしょう。結果として部長は契約書に捺印し、そのシステムも成果をあげることになりました。

翌年、先輩営業は、その部長に「社長賞」を授与して欲しいと上席の役員に掛け合っていました。そして賞を授与された部長もまんざらの様子ではなかったようです。

「給与泥棒」という言葉は、いまでもいかがなものかと思いますが、自分の提案がお客様の「価値」になるという確信があるからこそ、逡巡する相手の背中をグイッと押すことができたのでしょう。

こんな先輩営業の背中を見ながら、「お客様の立場に立つ」とは、こういうことなのだということを、すり込まれていったように思います。

お客様の求めにただ応じることが、「お客様の立場に立つ」ことではありません。お客様のビジネスや経営に貢献するためにどうすれば良いかを徹底して考え抜き、自分なりの答えを持つことが「お客様の立場に立つ」ということです。相手が何かを求めているとき、「結果として、どうなりたいのか」、すなわち「あるべき姿」をしっかりと探り、それを満たすための最善の答えを自分なりに考えぬくことです。相手がどのような立場であろうと、そういう自分の「答え」を相手にしっかりと主張できる自信を持つことです。

決して「ごり押し」であってはいけません。相手の言葉にも耳を傾けながら、お客様のビジネスや経営のあるべき姿は何かを考え抜き、あくまで合理的に自分の「答え」を相手にぶつけ、共にお客様の価値を最大化するための最善の道を探る態度を持つことです。

相手が求める手段」に応えるのではなく、「相手が実現したい結果」に応える

こういう態度を持つことが「お客様の立場に立つ」ということではないでしょうか。そのためには、お客様の経営や業務、業界に関心を持ち勉強することです。さらには相手の仕事の内容や立場を慮れる優しさも必要です。

「相手の立場に立つ」ということは、ただ「相手についての理解を深めることと」ではありません。相手を幸せにしてあげたいという気持ちがあってこそ、相手の立場に立てるのです

【最新版】最新のITトレンドとビジネス戦略【2015年11月版】

*** 全て無償にて閲覧頂けます ***

最新版【2015年11月】をリリースいたしました。

【テクノロジー版】(406ページ)
*クラウドとIoT、BIについて新たなチャートを追加、5G(次世代通信網)についても新たな章を追加しました。
・プライベートクラウドについて、オンプレミスとホステッドの違いを解説した新たな資料追加しました。P39-40
・Infrastructure as Codeについて新たなチャートを追加しました。p.125-127
・IoTの説明順序を入れ替えると共に新たなチャートを8枚追加しました。p.207-209
・BIとAIの違いを説明したチャートを追加をしました。p.318-319
・5G(次世代通信網)の章を追加しました。p.384-395

【ビジネス戦略版】(67ページ)
*内容の改訂はありませんがありませんが、グラフの内容やその単位などをわかりやすく書き換えました。

http://libra.netcommerce.co.jp/

11月21日(土)第3回 「IT×災害」会議に参加されませんか?

ITに関わる人たちが、これからの災害にどんな役割を果たせるのか、そんなことをみんなで一緒に考えようというイベントです。お子さんを連れでのご参加も大歓迎です。

エンジニアばかりでなく、経営者や営業、マーケティング、そしてITに関心を持つ学生も集い、様々な立場から意見出し合います。また、当日は、炊き出し訓練として「芋煮会」を開催します。

定員になり次第締め切りとなりますので、ぜひご関心のある方は、早々のお申し込みをお願い致します。

詳しくはこちらをご覧下さい => 第3回「IT×災害」会議

新入社員研修でご採用頂いています

「情報と処理の基礎は教えているが、クラウドやIoT、ビッグデータは教えていません。」

そんなことで新人達が現場で戸惑いませんか?

平易な解説文と講義に使えるパワーポイントをセットにしてご利用頂けます。

Top1

「【図解】コレ1枚で分かる最新ITトレンド」に掲載されている100枚を越える図表は、ロイヤリティ・フリーのパワーポイントでダウンロードできます。自分の勉強のため、提案書や勉強会の素材として、ご使用下さい。

スクリーンショット 2015-01-18 13.32.13

目次

  • 第0章 最新ITトレンドの全体像を把握する
  • 第1章 クラウドコンピューティング
  • 第2章 モバイルとウェアラブル
  • 第3章 ITインフラ
  • 第4章 IoTとビッグデータ
  • 第5章 スマートマシン

>> 詳しくはこちらをご覧下さい。

Follow Us on Facebook Facebookページを開設しています。「いいね!」やご意見など頂ければ幸いです。

Comment(0)

コメント

コメントを投稿する